FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

 

2016年も残すところあと3日となりました。

今日は特に寒い一日で外出する際などはブルブル震えてました。笑

「残りもあと僅かだなぁ」なんて思いながら、家でカレンダーを見ていると、

 

「御用納め」「御用始め」

 

の四文字が・・・!

 

この、「御用納め」「御用始め」という言葉、いったい何を意味するものなのでしょうか??

 

 

年末となる12月29日から年のはじめとなる1月3日までの6日間を休みとして取り扱うことで、行政機関で働いている人たちの職務を原則として行わないという意味の言葉で、

 

国に雇われて公務に携わっている人達の年末年始休暇のようなものです。

 

 

似たような言葉で「仕事納め」という言葉がありますが、どういった違いがあるのでしょうか??

 

 

時代劇などで、岡っ引き(おかっぴき・・・手に”御用”と書かれた提灯と、敵刀を受け流す形状を施した、犯人退治に使う護身用具”十手”(じって)をもって悪い人を捜査する、お奉行非公認のガードマン)がよく、「御用だ御用だ!!」なんて言っているシーンに聞き覚えはないでしょうか?

 

 

今もその名残が残っていて、

 

 

御用納め・・・国に雇われている人達が使う言葉

 

仕事納め・・・民間企業で働いている人達が使う言葉

 

 

で、官民の別(国に雇われている公務員かどうか)で使い分けられているようです。

 

 

 

それにしても寒いですね。。。笑

 

 

コレを読まれている方がいたら寒さにめげずに頑張っていきましょうね(^ω^)♪

 

 

 

 

スポンサーリンク