ベビーフェイス効果とは?宣伝やマーケティングに使われている心理効果

2019年6月9日

こんにちは、なかです。
今回は、心理学用語でたまに耳にする

“ベビーフェイス効果”について
説明していきたいと思います。

 

ベビーフェイス効果ってなんだ?

この言葉は、コンラート・ツァハリス・ローレンツ
という動物行動学者が提唱した言葉で、

 

簡単に説明すると

 

  • 子犬
  • 子猫
  • 丸い顔
  • 笑顔

こういった、
赤ちゃんを連想させるような

“可愛いもの”に対して好印象を抱いたり、
親近感を持つ心理効果の事で、

 

  • 警戒心がなくなる
  • 安心する
  • 守ってあげたくなる
  • 緊張がほぐれる

と言ったメリットがもたらされます。

 

小さい赤ちゃんや幼子が
泣いたり困ったり、
傷ついてしまうと、

 

体が勝手に動いて守ろうとしたり、
あやそうとしたりして、

逆に、赤ちゃんが喜んだり
笑ったりすると、

こちらもつられて微笑んで
しまうのは、

 

外敵から子孫を守るために
人間が最初から持ち合わせている“本能”
が理由だとされています。

 

・広い額
・平坦な顔
・小さな鼻
・大きな目
・小さな歯

 

ちなみに、このような、
人間や動物の赤ちゃんなどに見られる、

 

「可愛い」と相手に感じさせる
身体的な特徴や共通点、デザインの
事を“ベビースキーマ”といいます。

 

3Bの法則

 

CMの制作でも”ベビーフェイス効果”は
使われていて、

業界では
“3Bの法則”と呼ばれています。

コレは、

・Beauty
・Beast
・Baby

の頭文字を取ったもので、
日本語に訳すと、

・「美人」
・「動物」
・「赤子」

となります。

 

この3つを上手い具合に
CMの中に盛り込む事によって、
宣伝効果がより高まると言われています。

 

全てに共通する要素があって、

全部、「可愛い」と思える要素で
固められています。

 

ビジネスでも応用されているベビーフェイス効果

ベビーフェイス効果は、
現実のビジネスやマーケティング
などにも応用されています。

 

ゆるキャラと呼ばれる
可愛らしいキャラクターを使ったり、

 

出来るだけ綺麗な女性を使って、
CMをお茶の間に流したり、

 

赤ちゃんが微笑んでいる顔を
ポスターや広告に組み合わせてみたり、

 

求人募集の広告で、
やけに笑顔のスタッフが
多いのも、

 

ガチャポンやスマホゲーの
アイテムガチャの登場人物が
妙にアニメ顔だったりするのも、

 

アレはただ単に”かわいいから”
という理由で使っているのではなく、

 

可愛いキャラクターや人物が宣伝すると、
購買意欲を高めたり、相手に安心感や親近感を
もたらす心理的な効果があるためです。

 

つまり、ちゃんと計算された上で、
“可愛い”という要素を商売に利用しているのです。

 

最後に。

 

もし、特にブログにキャラクターや
登場人物などを載せていく際は、

“可愛らしい”キャラクターを使うと、
親近感を抱かせる事もできます。

 

ただ、もしアナタがブログで稼いで
いく事を目標にしているなら、

 

あまりにもキラキラしていて、
度が過ぎるようなデザインの
キャラクターを使ってしまったり、

自分のアイコンを過度にアニメチックに
してもイイというワケではありません。

 

ほどほどに可愛いぐらいがちょうどよくて、
物凄く個性的なモノを起用してしまうと、

 

かえって奇異になってしまい、
逆効果になる事も知って頂けたら・・・

と思います。

 

心理学

Posted by なか