ブログで稼ぐために重要な”基本設定”について説明していく

 

こんにちは。なかです。

 

今回は、”メルマガアフィリエイト”
で稼いでいくために重要な、
ブログの基本設定について触れていきます。

 

今回の記事を参考にして、
ブログの基本設定に時間をかける事なく、

 

スムーズに作業侵攻できなのであれば、
嬉しい限りです(´^ω^`)

 

基本的に、技術的な疑問は自分で打ち消すようにしよう。

 

最近、情報発信を始めたばかりであれば、
次々と、

 

  • 複雑な作業
  • 面倒な設定
  • 技術的なアクシデント

 

に見舞われる可能性がでてきます。

 

このページでも触れていますが、
とても大事な事なので、
もう一度言わせてください。

 

ブログを書いていく上で、
テクニック的な問題に鉢合わせしたら、

 

極力、自分で調べてなんとかする
クセを付けて、
“自己解決能力”を養ってください。

 

 

ここで、技術的な事を教えていたら、
キリがないですし、

 

アナタ自身が問題を
解決する努力をしないと、

 

 

アナタの成長を妨げてしまいます。
例えば、「ブログの立ち上げ方」
が分からなかった場合、

 

グーグルの検索窓でググれば、
ほぼほぼ解決します。

 

試しに「ブログの立ち上げ方」と、
検索窓に打ち込んで、

 

1ページ目に出てくるサイトや
ブログを閲覧してみてください。

 

びっくりするくらい、
丁寧に説明が施されています。

 

つまり、技術的な疑問や問題点は、
検索して調べれば、大抵の事は解決します。

 

考えてみてください。

 

 

スグに答えを求めようとして、
前調べ無しで、

「ブログってどうやって立ち上げるんですか?」

 

という質問を繰り出してきた人がいたとしたら、
どう思いますか?

 

「ググってください。」
と一蹴されます。

 

万が一、検索しても分からない場合は、
Wordpressサポートフォーラムに問い合わせてみてください。

 

ワードプレス サポートフォーラム

 

サポート体制が充実しているので、
投稿された質問が、それまで解決されてない
問題だった場合は、ちゃんと答えてくれます。

 

 

私自身も、何回かココで質問した事があって、
無事、解決に至りました。

 

 

技術的な事については、
ほとんど書きませんが、

 

そのかわり、一生懸命ノウハウを
綴っていくので、

 

是非参考にしていただければ
と思います。

 

 

読まれるようにするために

 

 

まず、ブログは読まれないといけません。

 

読まれないブログなんて、
あって無いようなものです。

 

また、一つの記事をササッと読まれて
すぐ退散させられるブログも
同じくらい意味がありません。

 

 

メルマガを使った情報発信ブログで
重要視しているのは、

 

“アクセス”ではありません。

“リスト”です。

 

 

ファンからリストをいただく事です。
そのためには、何度も

 

訪れたくなるような
「読まれるブログ」を作って、
信頼してもらう必要があります。

 

 

そうするためには、
ブログ内を循環してもらえるよう、
設定していきましょう。

 

 

心理学では、ザイオンス効果と言って、
人は会う回数が多いほど、
相手の事を好きになるようになっています。

 

 

もちろんこれは「面白いコンテンツ」
である事が前提ですが、

 

何度もブログを訪れるようにするためには、
『次の記事』というボタンを設置したり

 

関連記事のリンクを埋め込んだりして、
ブログを回遊してもらえるような
工夫を凝らしていきましょう。

 

そうすれば、たとえアクセス数が少なくとも、
ファンを増やしていく事ができますし、
それに伴って収益も増えていきます。

 

 

ほとんどのネットユーザーは、
ページを開いたら5秒以内に
ブラウザバックしてサイトを閉じます。

 

つまり、最初の5秒間は勝負の瞬間でもあるのです。

 

ブログが開かれてからの僅か5秒間で、
相手に興味を持たせないといけないのです。

 

 

そのため、ブログを制作する際は、
コンテンツの質も大事ですが、

 

 

デザインもできるだけ印象に
残るようなモノを作りましょう。

 

 

その為には、綺麗なヘッダーを
作る必要がありますし、

 

プロフィール画像も
テキトーに作ってはいけません。

 

まず、人の視線はヘッダーを
読んでから広告を無視して、
プロフィール画像に飛んでいきます。

 

 

つまり、いかに魅力的なヘッダーを
作れるかがカギです。

 

 

開いた瞬間、「お!」と思えるような
ページを用意しましょう。

 

 

人によって、「魅力的なヘッダー」
の判断基準が異なるので、

 

どのようなデザインがイイ!
という風に一概に言えませんが、

 

 

必ず、手抜きではないヘッダー
を作りましょう。

 

「ココナラ」を使えば、
できるだけ安価でイラストを作成してくれます。

 

 

“Z”と“F”の法則

 

開いた瞬間の第一印象を良くするためには、
読者がブログをどのように
読んでいくのかを知っておくと便利です。

 

実は、初めてブログを訪れたユーザーの視線の動きには、
一定の法則があると言われています。

 

それが“Z”と“F”の法則です。

 

 

以下に例を載せておきますので、
テキトーにブログをデザインせず、
下の2つを参考にしていきましょう。

 

 

“Z”の法則は、
ブログだけではなく、

 

紙媒体やコンビニの棚等にも
応用されていて、

 

基本的に、左上→右→左下→右

 

とまるでアルファベットの「Z」
を描くような順番に視線を動かす
とされています。

 

 

一方、“F”の法則も重要とされていて、
上から右に目線が移動するのは同じですが、

 

その後最初に見た左上の
場所から少し下に移動し、

また右に移動する、
という「F」の動きを繰り返します。

 

どちらがいいかはブログのジャンルや
特性によっても変わりますが、

 

始めてアクセスしたWebサイトは
全体を見渡すために「Z」の動き
をすることが多く、

 

全体の構成を把握した後は、
お目当ての情報を探すために
「F」の動きをすることが多いので、

 

どっちがいいか分からない!
と思ったのであれば、

 

“Z”の法則でデザインする
事をオススメします。

 

「一番目立つ場所に
アフィリエイト商品を置こう!」

 


先走る人がいますが、
オススメしません。

 

 

上でも説明していますが、
ブログを作るのは、
リストを集めるためです。

 

 

貴重なアクセスをできるだけ
効率よくリストに変換するために、

 

一番目立つ場所には、
リスト取り記事を置いてください。

 

 

基本的に、アフィリエイト商材を置かないでください。

 

 

そこに高単価な商品を置いたところで、
売れる可能性は低いです。

 

例えば、家のチャイムが鳴って、
ドアを開けてみたら、

 

セールスマンがいて、
「買ってください!!」

 

といきなり突撃してきたら
どうでしょうか?

 

「帰れ!!」
怒鳴られて終わります。

 

そうするよりも、
少しずつ仲良くなって、

相手との距離を縮めて、
信頼関係を構築してから、

 

商品をオファーしていくほうが、
確実に売れやすいのです。

 

 

そのため、

 

リスト記事を表示させる⇒リストに変換する⇒教育する⇒買いやすい状態に持っていく

 

というプロセスを踏んだ方が
間違いなく収益性に優れています。

 

グローバルメニューの構成について

 

グローバルメニューも
いじっていきましょう。

 

グローバルメニューとは、
ヘッダー(ブログタイトル)の下に
表示される、メニュー欄の事です。

 

アナタのブログに初めて訪れた人は、
そのブログを読んでみようと思っても、

 

最初は何を読んでいいのか
わからない場合があります。

 

その為に、最低限以下の項目を
作っていきましょう。

 

 

ホームボタン

 

コレは、押せばすぐに
トップページに戻れるように
設定したボタンの事です。

 

 

ぶっちゃけ、ブログタイトルを
クリックしてしまえば、
トップページに戻れる事ができますが、

 

 

ユーザーにとってわかりやすくするために
設置していきましょう。

 

 

ちなみに、「トップページ」
という名称ではなく、

 

「ホーム」という名称で
設置する事をオススメします。

 

なぜかというと、
少しでも親近感を沸かすためです。

 

 

プロフィール

 

コレも重要で、訪れてくれた読者が、
あなたという人間がどういった

 

  • 思想
  • 考え
  • 個性の持ち主

 

なのかを知るために
無くてはならないものです。

 

普通はサイドメニューに
設定していくものですが、

 

サイドメニューに設置する
プロフィールは「プチプロフィール」

 

グローバルメニューに
設置するプロフィールは、
「ガチのプロフィール」を作って、

 

アナタの自己紹介や
ブログを作成するに至るまでの
経緯などを綴っておきましょう。

 

 

ここで共感や興味を持たれると、
今後のブログ作成において、
非常に有利になっていきます。

 

お問い合わせ

 

ある程度ブログが成長していくと、
読者からメールが来て、やり取りが出来たり、

 

ブログに広告掲載依頼が来たするので、
必ず設置していきましょう。

 

 

オススメ商品

 

コレは、アナタがオススメする
商品や商材をのせていく項目です。

 

上手くファンを作っていけば、
ここから買ってくれる人もいるので、
出来るだけ作るようにしましょう。

 

ただ、注意点があって、

必ずオススメだと胸を張って言えるような
商品を掲載しましょう。

 

もし、儲ける事だけに目がくらんで、
効果やメリットが実感できないような
商品を勧めてしまうと、
信用が落ちてしまう可能性があるからです。

 

 

各種SNS

 

ブログだけを読んでくれる方もいれば、
twitterユーザーもいます。

 

twitterがフォローされていれば、
定期的にブログの更新情報を
相手に表示できてしまうので、

 

アクセスアップにつながります。
是非設置していきましょう。

 

 

サイドメニューの設定について

 

ブログで収益UPを
狙っているのであれば、

サイドメニューもある程度
充実させる必要があります。

 

サイドメニューは、
読者がブログ記事を読んでくれる間、

 

常に表示されているので、
興味を持ってもらえれば、
閲覧してくれる可能性があります。

 

 

コンテンツももちろんそうですが、
サイドメニューも充実させて

 

ブログの回遊率を上げたほうが、
成果につながりますので、
どんどん工夫していきましょう。

 

人気記事一覧

あなたの渾身のコンテンツを載せておきます。

 

WordPress Popular Posts
というプラグインを使えば、

 

サイドメニューに
人気記事一覧を作成することができます。

 

WordPress Popular Posts

 

これを載せておくことで、
あなたが投稿した記事の
どれを読んでいる途中でも、

 

あなたの渾身のコンテンツを
読んでくれる可能性が高まります。

 

それは読者の目線から見て
人気の記事なので、

 

客観的に見て価値が高いコンテンツ
であることがわかります。

 

その人気記事をいくつか
読んでもらえることで、

 

ファンになってもらえる
可能性が高くなります。

 

また、ブログの直帰率を
下げる効果もあります。

 

直帰率・・・

ページを開いてそのまま変える人と
他のページを読んだ人の割合を表す数値

基本的に、
直帰率が低いブログほど、

“コンテンツの質が高い”
ということが言えます。

 

 

カテゴリー

 

カテゴリーも充実させていきましょう。

 

カテゴリーは、アナタがどんな
情報発信をしているのかを判断する
重要な指標にもなりますので、

 

決してすべてを
「未分類」にする事が無いようにしましょう。

 

例えば、アナタが「ダイエット」の
ブログを作ったとして、

 

すべてのカテゴリーが
「ダイエット」で統一されているよりも、

 

⦁ 「脚痩せ」
⦁ 「腹筋」
⦁ 「上半身」

 

というように、
ある程度細分化する事で、

 

興味を持ってもらえる率
が高くなります。

 

カテゴリーは、本でいう“目次”
のような役割も果たしているので、

 

しっかり整理して、
カテゴリーを配置していきましょう。

 

レスポンシブ対応について

 

レスポンシブ対応とは、
アクセスした人のデバイス(実際は画面サイズ)によって、

自動的にレイアウトが切り替わる
デザインの事をいいます。

 

相手がPCだったら、
そのままのサイズ、

 

相手がスマホでアクセスしたら、
その端末に最適な画面サイズで表示されます。

 

 

今現在、インターネットの利用者は、
ほとんどがスマートフォンからアクセスしていて、

 

ブログも例外ではなく、もうすでに60%以上が
モバイル端末となっています。

 

つまり、ブログのテンプレートが
レスポンシブ対応のものでないと、
非常に致命的です。

 

必ずレスポンシブ対応のものを
使っていきましょう。

 

「この人のブログのテンプレート使ってみたいなぁ」
思ったのであれば、

 

このサイトを使ってみましょう。

 

 

「WHAT WORDPRESS THEME IS THAT?」

 

枠の中にURLを打ち込めば、
その人がどんなテンプレートを
使っているのかを調べる事ができます。

 

 

以上で、ブログの基本的な設定については
一通り説明しました。

 

 

今後、ブログを書いていくと、

 

⦁ 「この設定はいる」
⦁ 「この設定はムダだな」

 

と自分で判断して動けるようになるので、
それまでは一生懸命頑張って設定してみましょう。