ブログ記事を書くモチベーションが上がらない時の対処法

2020年4月20日

みなさんこんにちは。ナカです。

 

今回は、

  • 「ブログを書く気が出ない」
  • 「モチベーションが上がらない」

という方向けにこの記事を書きます。

 

もし、ブログで頑張って
結果を出したい!というのであれば、
読んでみてください。

 

 

ブログを書く「やる気」を出すのであれば、○○するといい

ブログが書けない時

結論から書きます。

あなたがブログを書く意欲が湧かない
のであれば・・・

 

とことんブログを書く
ハードルを下げて、
怠けにくくする事で実現できます。

 

ある事を実行に移す際、
ソレを行う時のハードルが少しでも高いと、

 

すぐにその行動を断念したり、怠けたりします。

 

これは、

  • 勉学
  • 仕事
  • 運動

 

など、特に、やらないといけないけど、
やりたくない事や面倒な事に対して顕著に現れます。

 

人間は結構サボる事が得意な生き物で、
少しでも不都合が重なると、

 

すぐに言い訳や御託を並べて、
努力しない努力をします。

 

それくらい、人間は、
“ラク”を追求する生き物です。

 

逆に、

  • マンガ
  • ゲーム
  • スマホ

 

など、自分が興味のある遊びや娯楽に
対しては、ハードルが少し高いなぁ~
程度のものだと、難なく遊びだします。

 

 

・・・という事は、ハードルをとことん
下げて、嫌な事をやりやすくすれば、

 

多少面倒な事でもすぐ取り掛かれる
ようになります。

 

逆に、サボる事に対しては、
とことんハードルを上げてしまえば、
サボる事をサボるようになれます。

 

怠ける際の手順を難しくしてしまう

ブログを書く気が無い

 

例えば、私たち人類にとって、
貴重な“時間”という資源をいとも簡単に
奪っていく、「スマホ」という物体。

 

私たち情報発信者にとってはとても驚異的な存在です。

 

 

なにが驚異的かって、

 

使う時のハードルの低さです。

 

  • 軽くて
  • 片手で扱えて
  • ベッドに寝ながらいじれて
  • いろんな娯楽が楽しめる

 

それでいて、電池の残量さえ確保
してしまえば、いくらでも時間が潰せてしまうのです。

 

そして一番厄介なのが、片手の親指をタップするだけで、
自分が今望んでいる“娯楽”がいともカンタンに手に入るのです。

 

  • YouTube見れて、
  • 調べものできて、
  • Amazonで買い物できて、
  • 彼氏彼女とLINEできて、
  • マンガ読めて、
  • 荒野行動できて、、、

 

挙げだしたらキリがないほどです。

 

 

・・・考えてみてください。

 

その時は楽しくても、後々の事を
考えてみると、

 

すっごく非生産的でムダな時間を過ごしてしまったと、
後悔してしまいます。

 

それが嫌なんであれば、
とことんハードルを上げていきましょう。

 

1.電源を切る。

 

コレはスマホ中毒者にとっては
絶大な威力を発揮します。

 

電源を切って、ラインの通知音が
聞こえなくなれば、いちいちスマホを
が気にならなくなります。

 

2.見えないところに隠す

 

もし、電源を落としてもスマホが
気になる、弄りたくなる・・・

 

という方は、できるだけ視界の中に
入らない場所に隠していきましょう。

 

できれば、電源を落として、スマホの
隠し場所も、できるだけ取ってくるのが
面倒になるような場所に置きましょう。

 

 

テレビであればコンセントを抜き、
マンガであれば、いっその事売ってしまうのもアリです。

 

自分も一時期テレビが気になって、
作業をする手が止まったので、

 

テレビのコンセントを抜き、
結束バンドを使って、電源コードを硬く結び、

 

使う時には、結束バンドを台所にある
ハサミを使って切らないといけない

 

・・・というような感じで、

 

  1. 台所からハサミを持ってくる
  2. 結束バンドを切断する
  3. コンセントを挿す

 

という、

 

「ヒマをつぶす際には、
非常に面倒な手順を踏まないといけないような状況」を作った
のです。

 

そうすると、そのうちテレビを見るのが
億劫になってしまい、

 

仕舞いにはテレビを見たい!という
欲求ですらも湧かなくなったのです。

 

そして、これと全く逆の作用を、
「ブログを書く」という行動に反映させるのです。

 

“ブログを書く“という作業のハードルをとことん下げてしまう

 

ブログの記事制作を行う際の、
ハードルや、障害・時間をとことん取り除いてしまえば、

 

ブログを書くやる気が出るどころか、
毎日歯を磨くように、ブログを書く
のが当たり前な性格に生まれ変わっています。

 

1.お気に入り登録している娯楽要素を徹底的に排除する

 

想像してみてください。

 

アナタは今、ブログの記事を書こうと
してパソコンの目の前にいます。

 

お気に入りバーを開いた際、

 

  • YouTube
  • 趣味系のサイト
  • SNS
  • エロサイト

 

があった場合、開くのではなく消してください。

 

つまり、お気に入りには、
ブログ制作に役立つ

  • 無料イラストサイト
  • キーワード検索サイト
  • アフィリエイト管理画面
  • ブログの管理画面
  • その他、役立つサイト

 

しか残っていない状態にするのです。

 

この一連の行動は、一番最初にやって
しまえば、後はやる必要はありません。
ブログの管理画面を開きましょう。

 

パソコン周りを綺麗にして、ブログを書くのが最適な状態に持っていく

 

もし、ブログを書くための環境で、
以下の項目と似たような条件が
当てはまった場合は、排除していきましょう。

 

  • PCの近くに漫画がある
  • 腰を下ろす場所がベッド
  • 隣の部屋からテレビの音が聞こえる

 

少しずつでもいいので、
ブログを書く際に邪魔になるものは
徹底的に排除してください。

 

とりあえず何か書いてみる

 

ブログでとりあえず何か書いてみましょう。

 

なんでもいいんです。
なんなら「こんにちは!○○です!」
という風に、挨拶だけでもいいのです。

 

そしたら、キーボードの上に
指を置いている状態になるので、
自然と書き続けていきます。

 

 

もし、アナタがこの時点で
なにかしら文字を打ったのであれば、
この作戦は成功です。

 

・・・この流れが作れた時点で、
少しずつハードルを下げれているのです。

 

初っ端から大きなハードルを越えようと
すると、逆に挫折してしまう可能性があるので、

 

最初は、できるだけ達成するのがカンタン
なものからこなしていきましょう。

 

ハードルをとことん上げる事に成功して、
怠ける頻度が少なくなったら、
その次は完璧に排除していきます。

 

“他人の目”が沢山溢れている場所を利用する

また、やる気を持続する方法の1つに、
「他人が沢山いる場所で作業していく」
というのもあります。

 

例えば、夏休みに予備校が主催している
合宿に参加するというものです。

 

合宿では、予備校が設定したスケジュールに従って、
半ば強制的に勉強をする事になります。

 

ブログを書く際にも同じ要領で、
喫茶店に行って書いたり、スタバなどで
ノーパソを開いて作業する人もいます。

 

自宅でブログを書こうとすると、
どうしても目の前の娯楽に目移りしてしまいますし、
他人の目を気にする必要がないので、
気が緩みがちになります。

 

一方、喫茶店やスタバなどでは、
周りに人が沢山存在するので、

 

人が見ているところで、怠けているワケにはいかない!
一生懸命に働いている姿を見せないと・・・
 
という意識が働くのです。

 

“外的統制(がいてきとうせい)”

 
 
実は、コレは科学的な根拠があるもので、
心理学の世界では「外敵統制(がいてきとうせい)」
と呼ばれていて、
 
 
「外的な要因で、自分の気持ちをコントロールする事」
を指す心理学用語です。

 

なんで、会社では普通に仕事するのに、
家に帰ってからブログ書こうとすると、
集中力が続かないんだろう・・・? 

 

となるのは、
仕事で疲れてしまっただけではありません。

 

本人のマインドもありますが、
会社などでは、同僚や上司の目があるため、
一層「外的統制」の効果が働きやすいのです。

 

もし、ブログを続けるモチベーションが
無くなってきそうな場合は、

「外的統制」を自分なりに工夫して、
やる気を意図的に盛り上げていくと効果的です。

 

ブログを書く際に”目標”を設定する

 

やる気を高めるテクニックの1つに、
「ブログを書く際に目標を設定する」
というものがあります。

ただ単に、
「ブログを書いて書いて書きまくるぞ!」
という漠然とした目標ではなく、

 

  • 今週は集客用の記事だけを書こう。
  • 最近、「マーケティング関連」の記事を書いてないから、今日は書こう
  • 最近、ブログに書くネタがないからインプットしてこよう
  • どうすれば相手を感化できる記事が書けるのか調べてみよう

など、

ブログを更新する気がないなら、いったん外に出て
記事として書きたくなるような経験や情報を集めてきてみたりしてみましょう。

 

そうすると、結構、
「あ、コレについて書きたい!」という
発想が生まれてきます。

 

別に、ただガムシャラに記事を更新していくだけが
ブログ運営ではないので、いろんな目標を設定してみましょう。

 

 

また、いざ目標を設定して、
パソコン周りを綺麗にして、
記事を書こうと思っても、

 

それでもまだ取り組めなかったり、
イマイチやる気が出ないなんて事があると思います。

 

そんな時は、
“やる気が出ない時は、ポストイット(付箋)を使うとイイ”という
記事を書いていきます。

 

ポストイットは自身のコントロールには重宝する

やる気とポストイット

作業に取り組む際に、
毎回やる気を引き出そうとうするのは
めちゃくちゃエネルギーを消費します。

 

ブログを書いている人にはよくあるハズです。

 

パソコンにつくまでは良かったのに、
なんだかんだで

  • YouTubeの動画を見たり
  • スマホを弄りだしたり
  • ネットサーフィンを始めたり

こういったムダな行為。

 

 

一度、こういったサイクルに陥ってしまうと、

  • エネルギー
  • 体力
  • 時間

こういった貴重な資源が
どんどんと消費されていき、最終的に、

 

“あんま作業できなかった”という、
一番マズいパターンに行きつきます。

 

貴重なエネルギーを優先順位の低い事に費やしてしまうのは、
出来るだけ避けなくてはいけません。

 

 

しかし、人間はそういう生き物なんです。

 

どういう事か?というと、
こんな実験があります。

人を真っ白な何もない空間に、
一定期間閉じ込めた後、その空間に

“押すと体に電気ショックが流れて激痛を伴うスイッチ”
を置いておく。この場合、人は何をするか?

 

 

薄々気づいているかとは思いますが、
人間は100%、そのスイッチを押してしまうんです。

 

 

この実験から分かる事があります。

 

 

人間は、何もやる事がない、
またはやる事を決めていない場合、

やらなくてもいいし、やりたくも無い事に対して、
余計なエネルギーを使ってしまうという事です。

 

 

つまり、「やってる感」を求めてしまうのです。

 

 

“なにかをして、エネルギーを消費したい”
という欲求が備わっているんです。

 

暇を持て余して悩むのは、
元々備わっている欲望のような感覚なのです。

 

 

じゃあ、どうすればいいのか?
というと・・・・

 

ここでポストイットを使います。

 

前日に「何をどれぐらい、何時までに取り組むか?」
をポストイットに書き出し、
“タスク”として整理しておくのです。

 

そして当日になり、いざパソコンの前に座ったら、
後はソレに全力で取り組むだけの状態にしておくのです。

 

ポストイットのイイ所は、
スグに捨てられる事です。

 

タスクの管理は、次の日の終わりには
必要なくなっているので、
スグに丸めてゴミ箱に捨てられます。

 

 

ノートに書き出すという方法もありますが、
無駄に丁寧に書いてしまったり、

 

スグに捨てられるモノではないので、
付箋を推奨しています。

 

 

ある程度コレを続ける事に成功すると、
“習慣化”する事ができます。

 

 

習慣化できれば、
取り組む際にいちいち”スイッチを入れる”
という事前作業が無くなります。

 

 

つまり、記事を書く度に、
無駄なエネルギーを消費しなくて済むようになります。

 

パソコンの前に座る→作業開始
 

今回紹介した方法を使って、
是非、上のような理想的なパターンを
つくりだしてみてください。

 

受け取る情報を極限にまで絞る

 

基本的に、必要じゃない情報は
すべてシャットアウトしてください。

 
例えば登録してるメルマガとか、
やる気を削いでしまうYouTubeのチャンネル、
Twitterのタイムライン等です。

自分が受け取る情報は、今やってるビジネス、
もしくはこれからやるビジネスに関する情報だけに絞った方がイイです。

 

アフィリエイトをやってるのに、
せどりや転売の情報を受け取ったり
というような、“自分にとって畑違いの情報”
は意図的に削いでください。

なるべく暇つぶしになってしまいそうな情報は見ないようにして、
SNSの通知もオフにしていくのです。

 

こうすれば、すぐに通知に目がいってしまい、
誘惑に負けて趣味傾向の強い動画やサイトを覗いてしまう
といった事態を防いでいく事ができます。

また、メルマガ登録も最初は見本にする人を数人に絞り、
それ以外の人のメルマガは、基本的に登録してはいけません。

 

自分がその情報を受け取って、
“コレだ!”と思うものでなければ、
容赦なく切り捨ててください。

 

私が送る情報も、
アナタにとって意味不明なものであれば、
メルマガを解除し、ブラウザを閉じて構いません。

一情報発信者としては、
読者が離れていく事は悲しいものですが、

ただイタズラに相手の時間を奪い、
結局、相手の為にならなかった・・

という結果になる方が、
お互いにとって不毛極まりないです。

 

すごく単純な事かも知れませんが、
情報を遮断するだけでだいぶ思考が整って、
やる気も維持できます。

 

モチベーションっていうのは、言ってしまえば、
今、自分自身が目に見えている情報によって
影響されるものですから、

 

普段の生活の中で「どの情報を見るか?」を
意図的に選んでいけば、
自分でコントロールできるようになります。

“このままでよくね?”
と妥協し、堕落した人物と絡んでいれば、
向上心は芽生えませんし、

 

他人の「〇〇万円稼ぎました」的な情報や
「〇〇リスト集まりました!」的な実績を見ていれば、

 

周りはこんなに頑張って結果を出しているのに、
それと引き換え自分ときたら・・
と自分自身に喝を入れる事ができます。

 

全力を出さない。

 

「目標を達成するのであれば、
一生懸命、一心不乱に汗水流して頑張りましょう。」

 

学校では、こんな風に教わったかも知れませんが、
コレを真に受けてはいけません。

 

もし、アナタが本当に何かしらの目標を
達成していきたいのであれば、
何から何まで全力で頑張ってはいけません。

 

そう聞くと、え?と思うかも知れませんが、
目標を達成している人達は、“適度に力を抜く達人”たちです。

 

どこで全力を出して、
どのタイミングで力を温存すべきかを
心得ているのです。

 

ブログを使ったビジネスでも、
同じことが言えます。

記事を書く際も、全力で記事を書こうとすると、
いずれ力尽きて頓挫します。

 

ブログ界隈でも、

コンテンツは6割でいいからアウトプットしましょう! 

と言われたりしますが、

3割くらいの完成度があるなと踏んだのであれば、
すぐにコンテンツとして公開してもイイと思います。

その方がコンテンツも増えて、記事を書く事自体に慣れますし、
あまりアクセスがこない最初の内に数をこなしてしまった方がイイです。 

勿論、コンテンツの質が低くても大丈夫。
というワケではありません。

 

いずれは、必ず、
コンテンツの質が重視されていきます。

 

・・が、いきなり質の高い情報を発信しようとすると、
ものすごい時間と労力がかかってしまいます。

何から何までを全力を出して
頑張ろうとすると、いずれバテます。

 

そうなるくらいであれば、
早くコンテンツ作りに慣れてしまうためにも、
どんどんコンテンツをネット上に投稿し、
自分の存在を知ってもらうようにしたほうが建設的です。

 

そのため、3割ぐらいのクオリティがあれば、
公開しても大丈夫です。記事であれば、後からいくらでも修正が効きます。

メルマガも後から何度も
ブラッシュアップでいます。

大事なのはコンテンツを世の中に放出して、
早く自分の存在を認知してもらう事です。
“質”はその後から磨いても遅くはありません。 

 

“完璧主義”は、一気に目標達成を遠ざけます。

100人中100人が良質だと感じる、
そんな完璧なコンテンツがこの世には存在しないのに、
完璧を追い求めても、不毛な戦いでしかありません。

ネットビジネスを諦めてしまう人は、
モチベーションが持続しない以外にも問題がある事が多く、

市場リサーチを行っていなかったり、
相手にとって的外れな紹介していたりと、
理由は多々ありますが、

“完璧主義に拘って、自滅していく”
という理由も多いのです。

まずは3割でもいいので、
記事を書いてアウトプットしていきましょう。

 

ムリに100%に拘って、
最終的に「もう諦めよ。」で公開せずに終わったら、
結局は0%です。

 

ムリの無い目標を設定していく

 

人間は気付いたら、
何かしらの誘惑に負けてしまいます。

本当はブログを1記事書こうって思ってたのに、
結局twitterやYouTubeを見てしまいます。

側に漫画があっただけで読みたくなってしまう、
誘惑に弱い生き物です。

 
誘惑に負けずに作業続行するには、
1つ1つのタスクに対して、

「○時○分までに終わらせる」

 

 

っていう感じで
時間を設定して取り組む事をオススメします。

 
“その時間までしかできない”と思うと、
無意識にその時間内でタスクを終わらせてしまいたくなります。

時間設定することで
強制的にモチベーションを維持していきます。

 
2時間以内に1記事書こう。 
という感じで、設定しても大丈夫です。 

 

あくまでも私自身の
体験談でしかありませんが、

ダラダラ長い時間をかけてやるよりも、
時間を決めてしまい、その間はスマホをどこか離れたところに置いておき、
集中しつつ短時間で取り組んだ方が効率はイイです。

生産性が全然違ってきます。

ココでポイントなのは、
無理にタスクを増やしすぎない事です。

最初は多くても2~3つの方が良く、
ある程度作業する事に慣れてきたら、
量を増やしていってください。

 
人間、いきなり多くの作業をこなせはしないので、
最初はできる限り、最低限のことを片付けていくのを
意識していきましょう。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ