ブログにおける文字の色とその使い分けについて

ナカです。

 

今回は、”ブログにおける文字・色”
などの、文字の装飾について書いていきたいと思います。

 

ブログにおける文字・色の使い分けと装飾について。

 

ブログやセールスレターでもいえる事ですが、
ブログのコンテンツを構成している、
「テキスト文字」には、

 

  • 太字
  • 赤文字
  • 下線
  • 背景装飾

など、上に挙げたように、
特定の文章、文字を強調していく方法や、

 

「あいうえお」

「あいうえお」

 

などのように、
文字そのもののサイズを変えたりする方法があります。

 

これ等のような文字の強調や装飾は、
書いているブログやセールスレターによって、

その装飾の仕方、度合いなどが
人によって全く異なっていて、

 

多くのブログが、運営者が好きなように、
特に明確な根拠やルールを定めておらず、
感覚的に文字を装飾している傾向にあります。

 

そのため、

“どのように文字を装飾していくべきか?” 

 

で悩んでいる人が多くいる傾向にあるみたいです。

 

しかし、あまりにも読みづらい場合を除いて、
書いてある内容がある程度、

相手にとって有益であるのであれば、
そこまで文字装飾に拘る必要は無いため、

文字の色や大きさに拘るくらいなら、
内容を充実させた方がイイ。
というのが私の考えですが、

 

もし、”文字をこう装飾した方がイイ”
という道筋を照らすとしたら、

このような書き方をオススメします。

 

文字の強調と装飾における最大の目的

 
 
文字を強調したり、装飾するための
目的は基本的に1つしかありません。
 
それは、
相手に対して、特定の文章や情報を目立たせて伝える事 
 
コレが、文字の強調や装飾を行っていく際の
一番重要な目的であり、
 
この目的を満たす為に、
文字を強調させたり、
装飾したりする必要があります。
 
 
当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、
この世に存在する、多くのブログが、
その文章に施した強調や装飾が、
有効的に活かせていない傾向にあるのです。
 
 
 
例を挙げると、
ほとんどの文字や文章を強調したり、
装飾しすぎてしまうあまり、
 
文字そのものがヴィジュアル的に
煌びやかなものになってしまい、
チカチカして見づらかったり、
 
 
結局、
 
  • “何が重要なのか?”
  • “どこを強調したいのか?”
がイマイチ伝わってこないケースなどです。
 
 
文字の強調や装飾は、
適度にやるからこそ、
その効果が発揮されるのですが、
 
 
あまりにも濫用しすぎると、
その分だけ、メリハリや節度が無くなってしまうので、
どの文章の、どの部分を強調させたいのかが、
よく分からなくなってしまうのです。
 
 
また、色にこだわりすぎて、
 

などの多くの文字色を使い、
そこにまた、下線背景装飾などを入れてしまうと、
コレもまたわかりづらい文章になってしまいます。

 

何故なら、書いた本人は、
明確な基準を持って使い分けしているつもりでも、

 

初めて来た読者からしてみれば、

  • なぜその文字を赤で強調したのか?
  • 何故その色で設定しているのか?
  • 何故下線を引いたのか?

が、わかっていない為、
事前に説明していないのであれば、

コレも意味が分からず、
不可解なまま読み進めてしまう可能性があります。

その為、文字の強調や
装飾を行っていくのであれば、

  • その記事で本当に肝要だといえる事のみを強調する
  • 強調したり装飾する事自体を控えめにしていく

というポイントを抑えておく必要があります。

 

実際に私のブログも、

ああああ 

 

太字

 

ぐらいしか使っておらず、
そのほかの装飾はたまにしか使わず、
さほど多くの文字装飾を使う事はありません。

 

 
多くの教材を売っている
セールスレターも、
総じてではありませんが、
 

用いられているのは、せいぜい

  • 太文字
  • 赤文字

くらいで、赤文字もそんなに使われておらず、
基本的には、通常のテキストベースに、

強調させていきたい文字や文章のみを、
太文字にしているくらいに留まっています。

 
コレにはちゃんとした意図があって、
度を越したような文字の配色過多は、
シンプルに読みづらいものになってしまうためです。
 
 
また、上で述べた意見の繰り返し
になってしまいますが、そういった、
ヴィジュアル面・見た目に気を遣うよりも、
 
“相手が何を欲しがっているのか?”
というリサーチ面であったり、

“どんな言葉を使えば、相手に響くのか?”
 
という質の向上に労力を
費やしていく方が賢明・・
というのが、私の考えです。
 
 
その為、私自身は意図的に、
 
  • 強調文字
  • 装飾文字
等を控えめに使っています。
 
本当にアピールしたい主張、
気づいてほしい情報等に、
2~3つほど強調したり、装飾を施すくらいです。
 
 

装飾や強調は最小限に

 
「わかりやすい文章」を書いていくとした場合、
ある程度、装飾や強調を使って、
文章自体に視覚的なメリハリをつける事は重要です。
 
 
ただ、それも、
あまりにも度を越してしまった場合、
 
  • 何が重要で何が言いたいのか伝わってこない文章
  • 視覚的にチカチカして読みづらい文章
になってしまう可能性があります。
 
 
相手に何かを伝えたり、
文章で行動を促していく事を考えると、
 
  • 本当に重要な言葉のみを強調する
  • 強調文字・装飾文字自体を多用しない

方が、結果的に相手に伝わりやすくなります。

 

是非、参考にしていただければと思います。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ