“個人ブログはオワコン”という言葉に焦る必要ないよという話

こんにちは。なかです。

 

最近、

 

ブログはオワコン

 

と騒いで、
ブロガーたちがYouTuber化
している傾向があります。

 

もし、アナタ自身が個人でブログで
生計を立てようとしていて、
焦っているのであれば、

 

これだけは知っておいてほしい!
と伝えたい事があって、今回の記事を書きました。

 

もし、これでアナタの中に何かしらの気づきがあれば、
嬉しい限りです。

 

伝える媒体が違っても、言ってる事がキャッチーであれば生き残れる。

 

書いてある通りです。つまり、

アナタがどんな媒体や
ウェブサービスを利用しようが、

 

アナタが発信する情報が、

 

  • 面白い
  • わかりやすい
  • タメになる

 

等の感動を相手に与える事ができるのであれば、
あまり焦る必要は無いと思っています。

 

逆に、どんなに最先端で旬な媒体

  • YouTube
  • Twitter
  • TikTok
  • Facebook
  • Instagrum

を駆使していても、
アナタの情報が相手の胸に刺さらなければ、

 

SEOで上位表示されても、
大衆の目に触れても、

 

あまり意味はないと思っているのです。

 

 

というのも、どんなに活字離れが
進んでいこうが、

 

どんなに動画が目立つ場所に
表示されていようが、

 

相手に対して、なにかしらの価値を提供
できなかったり、

 

感情を揺さぶる事ができないのであれば、
マネタイズしようがないからです。

 

 

考えてみてください。

 

人はどんな時にモノを買ったり、
サービスを利用するのでしょうか?

 

納得したり、魅力を感じたり、
必要だと感じたり、欲しいと思った時です。

 

人の目に入った時、
人の耳に入った時、

相手が何かしらの価値を感じてくれない場合、
気にも留めてもらえません。

 

つまり、発信する内容そのものが、

 

 

場合は、

 

何が言いたいのかよくわからないCMを
いろんな人に向けて
闇雲に流しているのと全く同じ

 

なのです。

 

それで多くの人に認知されたとしても、
価値を感じてもらえなければ、
あまり意味はないのです。

 

もし、アナタが

 

グーグルアドセンスなどの、
クリック型広告を用いたり、

 

開いた瞬間、
ウザいポップアップ広告が
全面的に展開されるようなブログを書いていて、

 

記事の内容が誰にどう捉えられても構わないから、
多くの人の目に触れてほしい!

 

という考えを持っている、
つまり、

 

「相手の心に深く響く必要ないから、
多くのお金が欲しい」

 

と思っているのであれば、
淘汰されるべくして淘汰されてしまう運命にある事を、
深く認識しておいてほしいのです。

 

場合によっては使い分ける必要

 

ただ、発信する内容によっては、
動画の方がベターな場合もあります。

 

例えば、体を使う、
動的なノウハウを相手に伝える場合などです。

 

  • サバイバル系ライフハック
  • ピアノの弾き方
  • 護身術
  • スポーツ全般

 

こういった知識やノウハウをブログで
発信するとした場合、

どうしても文章だけでは伝わりづらく、
動画で実際に見て聞かせるほうが、

 

相手にとっても自分にとっても手っ取り早いです。

 

最後に。

 

私は、ブログを辞めるつもりは
今のところありません。

 

勿論、SNSもYouTubeも
おおいに活用しては行きますが、

 

ブログがすべてのベースで
事を進めていくつもりです。

 

集めるべきなのは、
視聴者や読んでくれる人ではありません。

 

アナタのファンとして、
アナタ自身に興味を持ってくれる人

 

そういった人達を集めなければ、
ビジネスとしてブログを活かせなくなります。

 

つまり、“ブランディング”
が重要だと思っています。