FavoriteLoadingお気に入りに登録

みなさんこんにちは。(´^ω^`)

今回は、「後輩と上手く関係を築きたい上で

頼み事をするのであれば、○○を用意したほう

がいい」というお話をします。

 

いったい、○○とはどんな言葉が

入るのでしょうか?

 

 

後輩と上手くやっていけるとこのような事が起こる。

 

人見知りだと、人間関係で悩む事が多いです。

特に、職場では絡みたい人間を選ぶ事ができな

いため、ある程度のコミュ力が必要になってき

ます。

 

仕事を一生懸命頑張っていると、いずれ可愛い

“後輩”・“部下”ができてきます。

 

後輩や部下は非常に大事です。

あなたが今後仕事を上手くこなしていくには、

 

あなた自身の能力が必要不可欠ですが、

周りで支えてくれる人達の存在も

蔑ろにはできません。

 

できることなら、上手く関係性を築いて

おいた方がいいです。

 

仕事だけではなく、プライベートも一緒に

遊んだり、相談しあったりする間柄のほうが

嬉しいですもんね(´^ω^`)

 

もしこの記事を読んで「後輩と上手く接する

術」を身に付けるとどうなれるのでしょうか?

 

後輩に嫌われにくくなる。

 

この方法を知る事で、あなたは今後、

頼み事をしても後輩に嫌われにくくなります。

 

「あの先輩、面倒な仕事押し付けてくるから、

マジで糞だよな・・・」なんていう、

陰口を耳にして落ち込むような事がなくなります。

 

後輩と仲良くなれる。

 

また、後輩と仲良くなる確率を大きくする事が

できます。

 

嫌われにくくなった分、イイ所の方が目立つ

ようになるので、

 

「他の先輩と違って、イジワルでパワハラの

無い、いい先輩」として認識されるようになります。

 

今後、仕事を行っていく上で“忠実な部下”として機能してくれる

 

今回ご紹介する方法を守っていけば、

あなたは後輩・部下と仲良くなれるだけで

なく、

 

今後一緒に仕事を行っていく上で、

信頼できる忠実な部下としてあなたに

付いていってくれます。

 

そのため、今後、仕事で経験するであろう

困難な仕事に立ち向かうときも、

その後輩・部下たちが重宝します。

 

つまり、本当に仕事で結果を出したいので

あれば、人間関係でいちいち悩みたくないので

あれば、今回の記事を読んだ方がいいのです。

 

逆に、今回の方法を知らないままの状態だと、

相手に頼み事をする度に、

 

“面倒な事を押し付ける厄介な先輩”として

避けられるようになります。

 

そのため、最初は皆引き受けてくれても、

次第にアナタの事を避けていきます。

 

そのうち、本当に困っていて、手を貸して

ほしい時に限って、誰も相手をしてくれない

 

・・という状況に陥って、四苦八苦して

しまうハメになります。

 

後輩・部下を敵に回してしまった上司が

どれだけミジメな思いをするか、

想像した事はあるでしょうか??

 

ずっと前にそんな先輩を見たことがあります

が、なんでこんな風になるまえに手を打たな

かったんだろう?と疑問に思うほどです。

 

とても限られた文字数では書き表せません

ので割愛しますが、

 

あなたが今後、職場で順風満帆にやっていきたい

のであれば、後輩・部下を敵に回すワケには

いかないのです。

 

一体、何を用意するべきなの??

 

では、いきます。

 

 

もし、部下・後輩に頼み事をするのであれば、

 

 

 

 

 

 

 

非常口

逃げ道を用意しておいてほうがいいです。

 

 

 

 

立場の強い人が、自分よりも立場の弱い人へ

頼み事をするときは、注意しなければならない

事があります。

 

 

それは、“無理やり「イエス」の返事を強いない”

という事です。

 

 

例えば、

 

  • 「コレ、お願いね。」と部下へ仕事を頼む時
  • 「メシ食いに行こう。」と後輩を誘う時

 

「断ったら許さない」という強引なアプローチ

をすると、自ずと態度も強引になってしまいます。

 

命令口調になってしまったり、

下なんだから、手伝ってもらうのは当然だろう?

 

なんてオーラを出してしまったら、相手からする

と非常に残念極まりない気持ちにさせられます。

 

立場の弱い人からしたら、強い人からの依頼を

断る事自体が結構恐ろしいものです。

 

 

断れないのは仕方無いとしても、

 

まるで、「いや、それが当たり前だろうが?」

などというフザけた発想で近寄ってこられると、

部下からするとたまったモンじゃありません。

 

「なんだコイツ??」

 

・・・となってしまいます。

 

思い切り不満が残るものの、

相手が上司である手前、断るワケにもいかない・・・

 

 

これが何回も続くと、見事に、

「ウザい先輩」認定されてしまいます。

 

 

それを避ける為に、できるだけ逃げ道

を用意しておいた方がいいのです。

 

立場の強い人間こそ、立場の弱い人間の本音を

思いやる気持ちが必要になってくるのです。

 

理想的な例はこうです。

 

 

~理想的なお願いの仕方~

 

ごめん!(><)

都合が合えばでいいから、○○をお願いしたいんだけど

大丈夫かな??

 

☆ポイント

  • 申し訳ないオーラを全面に出す事
  • 必ず断りやすい“逃げ道”を作ってあげる事
  • 横柄な態度をとらず、腰を低くする事
  • もし成功したら、必ず感謝の言葉を忘れない事

 

この時、もし雰囲気や口調などで、

「本当は断りたい」という気持ちが垣間見え

たら、素直に引いてください。

 

その優しさと謙虚さが、相手からの尊敬に

繋がります。

 

いずれ相手の方から、「手伝わないと申し訳

ない」と、自ら進んで協力してくれるように

なります。

 

 

~まとめ~

 

上にスクロールして、もう一度、

~理想的なお願いの仕方~のポイントを

覚えておくこと。

 

 

☞人見知りだと思った人はこちらをクリック☜

 

 

スポンサーリンク