コピーライティングは”気持ちを汲み取る”事から始まる。

ナカです。

 

巷に溢れている情報商材などの
セールスレター等を読んでいると、

  • このテンプレートを手に入れれば、誰でも書けるようになる
  • 型をマネするだけ

といったような、

 

その文章をとことん深くまで
紐解いていくと、あたかも、

○○するだけで、同じように、
訴求力の高いレターや文章が書けるようになる。
 

 

という意味にとれてしまうような、
そんな印象を受けました。

 

なんだか煽っているといいますか、

ホントにそうか??
本当に○○するだけで、簡単に人を感化できるのか?

と思う事あって、今回、
このような記事を書いた次第です。

 

 

結論から先に書くと、
コピーライティングうんぬんの前に、

十二分に相手の事を理解している
という条件が必要になってきます。

 

 

コピーライティングと聞くと、
多くの人達が、”文章術”のようなものを想像してしまうらしく、

 

そういったテクニックを身に付ければ、
相手の心を刺激できる、
相手を意のままに操れる、

というような印象を受けるみたいです。

 

 

 

コレは私の捉え方というか、
私一個人の考えでしかありませんので、
真に受ける必要はないのですが、

 

文章術というよりかは、
“相手の事を理解する事”が肝要だと思っています。

 

ブログを書く人達は、
そのほとんどが”お金を稼ぐ事”を目的にしているハズです。
(趣味的に書いてる人もいるので、例外は勿論存在します。)

 

お金を稼ぐ事を目標としているのであれば、
どんな教材やサービスを売っていようが、

最終的には、”購入”というプロセスを
踏んでもらわなくてはなりません。

 

では、その、”購入する”
つまり、”最終的には、相手が買う”
という購買行動に結びつけるために、

 

どういうステップを踏んでいけば、
相手がスムーズにそこにたどり着けるのか?

その道筋を照らしてあげるのが、
コピーの役目だと思っているのです。

 

つまり、相手の事を深く理解し、
相手が響くであろう言葉を用意してあげるのが、
“コピーライティング”の力であり、

決して、
自分の想像の世界のみで文章を紡いでいく
というワケではないです。

 

その為、

  • “テクニック”
  • “テンプレート”

と言ったものも重要だとは
思っていますし、

このブログでもそういった
テクニック面や無料レポートなども
公開してはいますが、

コレは、

“相手(顧客)の事をちゃんと理解している事” 

が前提にあります。

 

そういった類の”テクニック”をいくら学んでいっても、
大前提である、”顧客理解”が出来ていないと、
そもそも使い物にならないのです。

“相手を理解する”という大事な
手順を踏み外したまま、
一生懸命記事やレターを書いても、

 

「あなたは○○というものを知っていますか?〜
いま買わないと損です!
いますぐ行動できる人間は勝つ。
だから値上げする前に行動をしましょう!」

といったような、

 

  • “意図的に操作されている感じ”
  • “煽っているような印象”

そのような、なんだか無機質で、
違和感の感じる文章が出来上がってしまうのです。

 

ネットビジネスである以上、
相手がどんな容姿で、
どんな価値観の持ち主か?

総じて、”どのような人物なのか?”
を完全に捉えるのは不可能なので、

 

「相手の心境の何もかもを知っていく」
という事はできないのですが、

それに限りなく近いくらい、
相手の事を理解していかなければなりません。

 

相手が、

  • “何”に悩んでいて
  • “どう”なりたいのか?

まずはそれを知っていく事が、
“コピーライティング”の始まりであり、

 

相手の事を理解する事なく、

 

  • ひたすら想像の世界で悩んだり、
  • 自分の主観や物差しで判断したり、
  • 自分のエゴでコピーを書いたり、

というような行動は、
ハッキリいって”的外れ”でしかありません。

 

ベネフィット(相手が理想としている未来)は、
「私たちが想像して書く事」ではないのです。

 

  • 相手が普段何気なく発している言葉、
  • 相手が行っている習慣や行動
  • SNSでつぶやいた一言
  • 市場で売れている教材・デジタルコンテンツ
  • 巷に溢れているコピー

世の中を見渡せば、
ヒントになり得る要素はどこにでも存在するので、

 

もし、ブログを書いていく上で、
記事ネタに困ったり、
「何をやるべきか?」何かを見失ったら、

 

まず、”相手のニーズ、なりたい姿がどのようなものであるか?”
を模索する事をオススメします。

 

以上です。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ