FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

今日東京都内で高校生たちが、全国の地方大会を勝ち抜いてきた強豪の48校のうち98人が、

金融や経済についての知識をクイズ形式で競いあうという、

「エコノミクス甲子園」が開催されました。

 

 

「エコノミクス甲子園」ってなんだ??

 

 

正式名称は、「全国高校生金融経済クイズ選手権『エコノミクス甲子園』」といいます。

 

世の中がどういった金融経済の仕組みで動いているかを考えて、「自分のライフスタイル」や

「自分とお金のかかわり方」についてクイズ形式で競い合って、金融・経済という分野に興味を持って

学んでほしいという思いから開催された、「NPO法人 金融知力普及協会」が主催している大会の事です。

 

 

簡単に言うと、「クイズを通して経済の事を学んだり考えたりしようね!」というものです。

 

 

同じ高校であれば、学年・性別・所属学科は問わないらしく、

1組につき2人のタッグでチームを組めます。

(違う高校に通う人同士ではダメです。)

 

また、規定に沿っていれば同じ高校から複数のチームが出場しても

問題はないそうです。

 

この大会はラウンド毎に回答形式が変わるのが特徴的で、

普通の筆記形式であったり、早押しクイズの時もあれば、

 

チーム全員(2人とも)がそれぞれに違う問題を付与されて、

〇か×かの札を上げるという「一蓮托生!社内分業クイズ!」

というユニークな回答形式もあります。

 

名前の通り、どちらか片方でも間違えたらアウト、メンバー両方が

正解でないと即敗退というなかなかシビアな形式です。

 

ちなみに今回の大会は、大11回目で、

 

優勝したのは石川県にある、「金沢大学附属高等学校」という

特別科学学級(今後の日本を支える優秀な科学者や技術者を育成する目的で

作られたエリート教育)をベースとする国立の進学校でした。

 

 

ここまで書いておいてなんですが、「エコノミクス」とは一体何を指す言葉なのでしょうか??

 

 

そもそも「エコノミクス」ってなんだ??

エコノミックス(economics)とは、

「経済現象について研究する学問」を指す言葉です。

 

もともとは、「家政機関共同体のあり方」を意味するギリシア語

οικονομικός(オイコノミクス)が由来とされています。

 

人間が社会に生きる上で必要になったものを生産したり、分配したり、

消費したりする、「お金やモノ、サービスの行き交い」であったり、

 

なぜ、貧乏だったり裕福であったりという「貧富の差」が生まれるのか?

であったり、

 

なぜ世の中には景気の良い・悪いが生まれるのか?

 

という様な疑問を払拭するために研究したり考えたりする学問が「エコノミクス」です。

 

エコノミクス=経済学といえばピンとくるでしょうか??

 

 

今後、誰かに「エコノミクスってなあに?」と聞かれたら、

 

「ggrks!!!」

 

などとつっぱねたりせず、

 

「経済現象について考えたり研究したりする『学問』のことだよ」

 

と言えるような人間になりたいです。(´^ω^`)

 

 

スポンサーリンク