FavoriteLoadingお気に入りに登録

「Game2:Winter」の画像検索結果

最近、ロシアで映画「ハンガーゲーム」や「バトルロワイヤル」の様な

本格的なサバイバル番組を放送する予定だそうです。

 

どんな内容の番組なの?

「Yevgeny Pyatkovsky」の画像検索結果

その番組名は「Game2:Winter」(ゲームツー:ウィンター)

 

「siberia」の画像検索結果

 

ロシアの極寒地で有名なシベリアで男女(15:15の計30名を予定)が約10ヶ月間ほどサバイバル生活を送り、

最後まで生き残る事が出来たら賞金がもらえるという生中継番組です。

 

「Yevgeny Pyatkovsky」の画像検索結果

この番組の企画者エフゲニー・ピャトゥコーヴスキー氏(Yevgeny Pyatkovsky ロシアで大富豪として有名)

は、「参加者が死亡しようが、強姦されようがどんな不満も受け付ける気はない」と話しています。

 

撮影クルーなどは同伴せず、固定型のカメラと参加者が持つ携帯型のカメラを使って一部始終を

撮影するそうで、2017年7月から24時間オンラインでライブ配信され、

 

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、アラビア語に翻訳された放送も開始される予定です。

 

また、視聴者は自分が気に入った参加者に対し物資(アイテム)を送ることも可能だそうです。

現時点では、番組側が用意したものを選ばなければいけないのか、自分で用意したものを送っていいのかは

わかりませんが、「番組側が用意したアイテムを視聴者が選んだ後、参加者に渡る」のが濃厚らしいです。

 

もし何かしらの理由でやむを得ず棄権しなければならなくなった場合、

 

「パニックボタン」というスイッチを押せばすぐさまレスキュー隊が救助しに来てくれるそうです。

 

具体的なルールってどんな感じ??

「Game2:Winter」の画像検索結果

・18歳以上であること(性別・国籍問わず)

・フィールドは「シベリア」であること(約9000ヘクタール 東京ドーム192個分の広さ)

・もし万が一、熊・狼・参加者による殺人で死亡しても番組側は責任の一切を持たないこと。

・撮影期間中、殺人やその他の犯罪を犯したら逮捕に応じること

・参加前にロシアの特殊部隊員の訓練を受けること

・銃器等は持ち込まないこと

 

が条件で、参加前に誓約書にサインしなければならないそうです。

 

 

ゲームの達成条件はというと、「最後まで生き残ること」のみで、

特に銃を使わない事以外に制約事項はなく、

銃さえ使わなければ、剣やナイフ、お手製の武器の使用は可能で、

 

暴力・殺人・強姦・その他の行為を禁止してはいませんが、

逮捕されることに変わりはありません、

 

そして、

ゲームに生き残って得られる報酬金が1億ルーブルなので、

日本円に換算すると、約2億円です。

 

ただこれは生き残った参加者全員で山分けになるので、

生き残った参加者が少なければ少ないほど取り分は多くなります。

 

ということは、

「何かしらのバレない方法で他の参加者を死に追いやってしまおう」

「自己防衛に見せかけてほかの参加者を闇に葬ろう」

と考える参加者も出てくるのではないでしょうか?

 

今現在、ロシア市民は「野蛮で危険なプログラムだ」として難色を示していますが

世界中で参加希望者が60名以上いるとの事です。

 

スポンサーリンク