FavoriteLoadingお気に入りに登録

ドンキ・ホーテって便利ですよね(´^ω^`)

 

基本、なんでも揃ってますし24時間営業というのが有難いです。

そして一番イイと思うのが「安い」ところです。

 

  • 基本なんでも揃ってて
  • 24時間365日営業していて
  • 値段が安い

 

財布の中身が極端に痩せている私からするととても有難い存在で、

まさに「庶 民 の 味 方 ☆」です。 

 

今回、前々から気になっていた、「鼻毛ワックス ズッポーン」の

レビューをしていきたいと思います。

 

鼻毛ワックスってなんだ?

出典:脱毛デレラ

 

「鼻毛ワックス」とは、いちいち一本ずつ鼻毛を抜かなくても済むように

鼻毛を一網打尽できる素晴らしい「ブラジリアンワックス」の事です。

 

熱を加える事ドロドロに液状化し、数分立って冷やせば完全に個体に変形します。

液状化した状態のコレを鼻穴にインソートした後、数分立って固まったら、

勢いよく引き抜く事で、鼻クソごと毛という毛をブッこ抜く驚異的な物体です。

 

これを使うと、鼻腔の中にある鼻毛をすべて取り除く事ができるので、

想像を絶する程、鼻の通りが良くなり、スースーします。

 

鼻毛カッターやピンセットで一生懸命頑張って除去したあの苦労は、

いったい何だったんだろうか?と思うぐらい簡単に一掃できます。

 

ただ、ちゃんとしたデメリットもあって、

頻繁に使うととても人体に悪影響を及ぼすそうです。

 

鼻毛は、「フィルター」としての役割を担っており、

それを全部抜いてしまうと、

 

  • 雑菌で炎症を起こす
  • 花粉症が悪化してしまう
  • 使った事が原因で化膿し、最悪死亡するケースも・・・

 

このような状況に悩まされるらしいです。

ただ、あまりにも頻繁に使わなければ危険な状態に追い込まれることはありません。

※目安としては、一か月前後の間隔

 

いろんな「ブラジリアンワックス」こと、「鼻毛ワックス」が売られていますが、

今回はこの商品が目に留まったので、こちらを紹介させて頂きたいと思います。(´^ω^`)

 

鼻毛ワックス「ズポーン」の詳細

その名も「爽快鼻毛処理クリーナーWAX “ZUPP~~N!!”ズポーン」

『脇の処理したら、次は鼻毛っしょ?』が謳い文句のこの商品、

この鼻毛ワックス「ズポーン」について調べていきます。

 

正式名称

爽快鼻毛処理クリーナーWAX「ZUPP~~N」

(ズポーン)

値段  税込み980円
 販売元 株式会社トレードワン
 セット内容
  • 専用ワックス 50g
  • 耐熱カップ  1個
  • 紙カップ   10個
  • スティック  20本
  • 取扱い説明書 1枚

 

前面の写真。

レンジでチン!カンタンに鼻毛クリーン!登場人物がそれぞれ恍惚とした表情を浮かべ、

「Extacy…」「Good!」「Fun!」「Surprised!」と商品の魅力を語っています。

 

 

裏面の写真。

裏面は全部「使用上の注意」で埋め尽くされています。

一通り目を通してみると、

 

「本商品はご自身の判断でご使用してください。

使用上のトラブルは一切の責任を負いかねます。」

と書かれています。

 

確かにコレは必要です。

使ってみるとわかるのですが、結構モノスゴイ効果があるので、

場合によっては出血もありえます。

 

万が一どこかの誰かがヘンな使い使い方をして

裁判沙汰になってしまうと責任取れません笑

 

どんなモノを売る場合であっても、必ず逃げ口上は必要です。

 

右面の写真。

やぁ!俺「ゴーグルマントマン」!

見たまんまです笑 イイ感じにテキトーなのがいい味出してます。

 

左面の写真。

ギモチィィーっ!と書かれてありますが、

コレは使った後の話です。引き抜く際は非常に大きな激痛を伴うので

覚悟してください!! 鼻がもげるんじゃないかと思うほどです。

 

中身の全体像について

次に中身の全体像について触れていきます。

コレがセット内容をすべて展開した際の画像です。

 

  • 紙カップ×10
  • 耐熱カップ×1
  • 専用スティック×20
  • 専用ワックス×50

 

ココで疑問が生まれました。

専用ワックスは50グラム分と書かれているのですが、

一粒一粒数えていくとどのような感じになるのでしょうか?

調べてみました。

 

この「専用ワックス」は、

  • 一粒の状態のもの
  • 製造過程で2つが一つに合体したもの

が混ぜっています。

一つに合体している方は「2つ」もう片方は「1つ」としてカウントしていきます。

 

そうすると以下のようになりました。

2つが合体した粒 35×5×2=350粒
普通の一粒 (10×10+6)+(16×10+3)=269粒
合計 350+269=619粒

 

鼻毛ワックス「ズポーン」の使い方

 

1 ワックスを紙カップに入れます。

附属している「紙カップ」の中に、ワックスを入れていきます。

この時、入れすぎない様に注意してください。

 

上の画像の様に入れすぎてしまうと、熱の通りが悪くなり、半生の状態で

不十分な溶け方をしてしまうからです。

 

また、不完全な状態でそのまま使用すると、

効果が格段に下がってしまうため、

以下の画像と同じくらいの量を使用しましょう。

 

何回か使っていく内に、ギリギリ底が見え隠れするくらいの量が

一番ちょうどいい事に気づきました。

これくらいの量であれば、ちゃんと全部溶けてくれますし、

量鼻2回ずつちょうど使い切るぐらいでイケます。

 

2 ワックスをレンジか湯煎で温めます。

個人的にはレンジでチンするのがオススメです。

湯煎の場合だと、レンジの場合よりも少し時間がかかりますし、

紙カップがふやけやすくなってしまうためです。

 

電子レンジで温める場合

電子レンジを使う場合は、耐熱カップの中に水を入れます。

目盛りが20程度になるまで水を注ぎましょう。

 

出来たら、耐熱カップの上に先ほどの「ワックスが入った紙カップ」

を入れてそのままレンジでチンしましょう。

500W 約1分30秒~約1分50秒
600W 約1分~約1分30秒

 

この際、チンできると、耐熱カップ自体がとても熱くなっているので、

素手で掴まず、できるだけ手袋をはめましょう。

 

また、水の分量を多くしたり、チンする時間を長くしてしまうと、

全然溶けていなかったり、グッツグツに煮え切って冷ますのに時間が

かかってしまいますし、冷ますのも失敗したらもう一度やり直しになってしまいます。

 

湯煎で温める場合

 

湯煎で温める場合は、

  • 電子ポット
  • 電子ケトル
  • 鍋(火をつけて沸騰して湯気が出るくらい)

で水を温めましょう。

 

十分に水暖まって「お湯」になったら、

それを耐熱カップの中に注ぎましょう。

この時、ヤケドしない様に気をつけてください。

 

お湯を注いだら、耐熱カップの上にワックスの入った紙カップを

乗せて、約2分~2分30秒ほどの時間をかけてワックスを溶かしていきましょう。

少しドロドロになったらスティックを使ってかき混ぜていくと溶けやすくなります。

 

3 ワックスの溶け具合を確認します。

 

ある程度時間が経過したら、溶け具合を確認してみましょう。

一粒一粒がちゃんとスライム状になったらOKです。

 

もし、まだギリギリ固形としての形を残している状態であれば、

熱が十分に行き渡っていない証拠ですので、再加熱しましょう。

 

どっちみちこのワックスは熱せば何回でも使用する事ができるので、

もし、次回に持ち越したい場合はそのまま保管しましょう。

この時、湯煎で温めた場合は、紙カップが濡れているハズなので、

水分をちゃんと拭き取ってから使いましょう。

 

4 ワックスをスティックに付けます。

 

十分にスライム系の液体に変化したら、

附属しているスティックにワックスを塗布していきます。

 

この時、多少形にコツがあって、できるだけいかのような形

にしていきましょう。

 

イイ例と悪い例(キノコ型)

 

このような形にしてしまうと、中に十分にワックスが行き届かず、

鼻の内部ではなく、鼻の周囲にワックスが広がる可能性があります。

 

また、量が多すぎても、鼻腔の奥にまで入り込んで使えなくなってしまいますし、

少なすぎると、鼻毛が抜けてない状態でワックスだけを引き抜いてしまいます。

 

5 挿 入

以上の例の様にできるだけ望ましい形にする事ができたら、

次は鼻の中にブッこんでいきます。

 

この時、できるだけワックスが鼻毛に効果的に絡まるように、

左右に回転させたり、スティックを刺した状態で鼻を手で軽く押し付けましょう。

 

できたらそのままの状態で約1分30秒~3分ほど待機しましょう。

公共の場所でやると十中八九、嘲笑の的にされてしまうので、

できるだけコソコソ隠れてやってください。

 

必ず、上記の待機時間を遵守しましょう。

完全に固まっていない状態でズポーンすると、

スティック部分のみが抜けて、ワックスが鼻の中で置き去りの状態になってしまいます。

 

こうなってしまうと非常に厄介です。

割りばしか指を使って強制的に取り除くしかありません。

超めんどくせえ思いをしてしまいます。

 

6 ズポーンします。

機が熟したら、体中の勇気を振り絞って心の準備ができたら、

そのまま、スティックの取っ手部分を握りしめ、

物凄い腕力で「ズポーン!」と声に出しながらぶっこ抜きましょう。

 

声に出す必要あるかヴォケ!と思うかもしれませんが、

声に出して発声させる事で、感じる痛みを軽減できます。

 

騙されたと思ってやってみましょう。

きっと痛みが和らぐハズです(´^ω^`) 大ウソ

7 釘バット出来上がり♡

ご覧ください! コレが鼻の中に君臨していた鼻毛達です。

まるでヘタクソが作った「釘バット」のようです。

血が付いていて非常におぞましいですね!!

モーニングスターにも似ています。

うまく巨大化したら凶器として使えそうな歪なデザインですね!

鼻毛ワックス「ズポーン」のイイ所

 

1 短時間で鼻毛を駆逐できる。

 

上記にも挙げていますが、一番デカイのは短時間で鼻毛を全滅させられる事です。

鼻毛カッターや毛抜きだとコツコツと何時間もかけて地道に丁寧に一本ずつ抜いて

いかなければなりませんが、この商品はそんなに手間がかかりません。

 

あの努力と苦労は何だったんだろうと落胆してしまうほど、

今まで積み上げてきた知識や経験、技術がチャラになってしまいます。

 

「鼻毛をちょっと短くする」ぐらいであれば、鼻毛カッターやハサミで

事足りてしまいますが、「鼻毛共を一本残らず駆逐したい・・・・」

というのであれば、話は別です。この商品を使わない手はありません。

 

2 何回か繰り返して使う事ができる。

↑コレは何度も使っているものです

 

この「ブラジリアンワックス」は、使い捨てするのが本来の用途ですが、

もったいなく感じる場合は、もう一度溶かしてしまえば、理論上は何回でも

使える事が可能です。

 

また、附属している「紙カップ」も、湯煎してしまえば少しふやけてしまいますが、

次回使う時も代用する事が可能です。

 

また、100円ショップで「紙カップ」の代わりになるようなモノを探し回って

試してみた事があるのですが、上手く熱が通らなかったり、カップ自体がダメになったりと、

その苦労が全く意味のない「徒労」で終わってしまいました。_| ̄|○

 

その後にネットで調べて、「なんだよ!繰り返し使おうと思えばできんのかよ!」

と一人で地団駄を踏んでしまいました。

 

3 鼻の通りが非常に良くなる

 

使い終わった直後の「ブラジリアンワックス」特有のあのオイニーは

少し気になるかもしれませんが、それが終わった後のあの爽快感は

とても素晴らしいものです。

 

「アレ? 鼻呼吸ってこんなに楽になるモンなの?」

と疑問を感じるくらい、鼻の通りが良くなります。

 

まるで間違った鼻呼吸をしている状態で、

今の今まで生活を送っていたのではないか?と感じるくらいです。

 

あの爽快感、開放感は「ブラジリアンワックス」じゃないと厳しいです。

もちろん、出来なくはないでしょうが、ピンセットやハサミで同じような

状態を作り出すとしたら、膨大な時間と多大な労力が必要になります。

 

4 使った後の「釘バット」を嫌がらせに使える

使った後の「釘バット」を回りにいる誰でもいいので、

「見て!コレ凄くない??(´^ω^`)」と手に持って近づけてみましょう!

相手に計り知れない精神的なダメージを負わせる事ができます。

 

ただ、コレは自尊心と引き換えになります。

相手が本気で嫌がって、

「びいぃいいやああぁっぁぁ(嫌ぁ~)!!!」

と悲鳴を上げつつ、侮蔑の目で睨みつつ距離を取っていくではありませんか!

その姿は見ていて滑稽ですが、なぜでしょうか?

自分もなんだか辛くなってしまうのです・・・

 

この“嫌がらせ”は、相手にとっても精神的に苦痛を与えられるものですが、

自分の心も同じようにキズついてしまうため、お互いにとって非常にマイナスです。

その人との関係に大きな亀裂が生じてしまう可能性がある恐ろしいモノです。

最早、なにも生みません。ただただ惨めな思いをしただけで、無念極まり無いものです。

 

「ズポーン」のちょっとココがな・・と思う事

 

1 痛い。

痛いです。ハイ。

とーっても糞痛いです。

鼻毛ではなく鼻そのものが捥げてしまったような痛みを感じます。

 

しかも痛みは一瞬ではありません。

抜いた直後が一番痛いのには変わりませんが、その後もジワジワと

慢性的な痛みが2~3分続いたままになります。

 

また抜いた時の要領が悪いと出血してしまうパターンもあります。

あの形容しがたい痛み。。。やるならば覚悟してかかりましょう。

2 ワックスをスティックに付けるとき難しい。

 

十分に溶けた状態のブラジリアンワックスは結構取り扱いが難しいです。

納豆よりもネバネバしていて糸を引きます。

上手くスティックに付けられずに、あたふたしてしまうかもしれません。

 

最後に

 

↑このように鼻毛が飛び出ている人物を見かけたら、ギョッとしてしまいませんか?

ここまで行くと、もう鼻毛なのかヒゲなのかわかりませんが、

風貌としては、見る人すべてを不快な気分に陥れる事に変わりありません。

 

「あ、鼻毛でちゃってた、(*´σー`)エヘヘ☆」では、弁明になるハズが無いので、

出来るだけ短時間に多くの鼻毛を抜き取りたいのであれば、超絶オススメします。

 

 

 

スポンサーリンク