こんにちは。なかです。
今回は、ハイパーボヘミアン
という言葉について触れていきます。

 

また、どうすれば、ハイパーボヘミアンなる
存在になる事ができるのか?

 

 

についても書いてみました。

 

そもそも、“ハイパーボヘミアン”ってなんだ?

ハイパーボヘミアンといい造語は、
実業家のティモシー・フェリス氏が書いた

 

「週4日だけ働く」という本がキッカケで
世の中に浸透しました。

 

 

 

直訳すると、“自由を超越した存在”で、
もっと簡単に説明すると、

 

 

時間的にも場所的にも縛られることなく、
やりたいことをやり、

 

やりたくない事は極力避けて、
自由にいきる人達の事を指した言葉です。

 

 

 

この“ハイパーボヘミアン”という造語は、
ティモシー・フェリス氏が提唱した言葉
ではありません。

 

誰が作り出した言葉なのかは不明ですが
その特徴として、

 

 

  • 「基本、“やりたい事”をメインに生きる」
  • 「あくせく働いたり、自分にとって辛い行いはしない」
  • 「少ない時間でできるだけ多くのお金を稼ぐ力を持っている」
  • 「自分のワクワクする事に時間を使う」

これらが備わっています。
もし、

 

 

こんな存在になりたい・・・

 

 

“ハイパーボヘミアン”になって、
本当に自分が好きな事を好きなだけしたい。

 

 

・・・となった場合、
どうすればなれるのでしょうか?

 

 

“ハイパーボヘミアン”になるにはどうすればいい?

 

結論から言うと、
この要素が必要不可欠になってきます。

 

  • 好きな場所でできるか?
  • 好きな時間にできるか?
  • ずっと継続できるか?

 

好きな場所でできるか?

まず、住んでいる場所をコロコロと変えても
差支えがないビジネスモデルである必要があります。

 

場所の制約があった時点で、
好きな場所に定住するという

 

“ハイパーボヘミアン”
定義とはズレてしまいます。

 

 

好きな時間にできるかどうか?

 

コレが一番重要です。

  • 好きなタイミングでできるかどうか?
  • 自分のやりたい時間分だけやれるかどうか?

 

まず、好きなタイミングにできるような
ものでないといけません。

 

 

「この国を少しだけ旅して回ってみたい!」
という欲求が生まれた時、

 

 

この期間は仕事しないといけないからムリ。。
となってしまいます。

 

また、自分のやりたい時間分だけやれるか
どうかも重要です。

 

 

自分の望むタイミングで好きな事をしたい
のに、労働時間で拘束されて出来ない・・・

 

 

ずっと継続できるか?

 

ハイパーボヘミアンとして
暮らしていくのであれば、

 

持続性のないビジネスモデルを
選んでも破綻します。

 

 

ちょっとの間だけそういった生活に
憧れているだけなんであれば、

 

ちょっとお金を貯めて、
仕事を退職すれば、実現可能ですが、
今後一生、やるのであれば、

 

 

ハイパーボヘミアンとして生きていても
差し支えなくなるぐらい、
継続できるものを選ぶ必要があります。

 

 

 

つまり、

 

 

少ない時間・労力で、充分に生計を
立てられる程の仕組みや力・ノウハウを持っている事。

 

つまり、不労所得、もしくは、
それに限りなく近いもの
が必要になってきます。

というのも、できるだけ少ない時間で多くの
お金を稼ぎ出すような『レバレッジ』の
効いたビジネスモデルでないと、

 

自分の好きな事にお金を使えないですし、
自分の好きな事に使う時間も捻出できません。

 

そうなると、当然、
一部の例外を除いて、

 

決まった時間分、労働する必要のある、
“雇われる身”であった場合、
ほぼ実現不可能です。

 

また、仕事を任せられた立場なので、
もし仮に嫌な仕事であっても、
自分の一存だけでフイにはできません。

 

 

お給料を貰っている以上は、
自分のやりたい事でなくても、
やらないといけない義務が生じてしまいます。

ハイパーボヘミアンになれるビジネスまとめ

 

ネットワークビジネス・MLM

アムウェイは稼げる

まず最初にネットワークビジネス
MLMが該当します。

 

自分自身がそのメーカーの会員となり、
その会社の商品を誰かに進めて、

 

定期購入させる事ができれば、
自分の懐に紹介料が入り続ける

 

というビジネスです。

 

まぁ、世間一般でよく言われる
“マルチ商法”の事です。

 

アムウェイなどか最も有名で、
一番世の中に広く浸透しています。

 

もっと詳しく知りたい方は、
この記事で詳しく説明しているので、
そちらをご参照いただければとおもいます。

 

また、もしネットワークビジネスに
参入するのであれば、
注意していただきたい事があります。

 

基本的に、

 

“商品の質”をウリにしてはいけない
という事です。

 

 

どういう事かというと、
ほとんどの人間は、商品の質などに
あまり重きを置いていません。

 

商品がどれだけ高品質か?
という事ではなく、

 

その商品を取り入れる事で、
どんな風に人生が変わるのか?

 

というベネフィットを、
相手に分からせる必要があるのです。

 

稼げなくはないのでしょうけど、
とっても難しいし、

 

 

人間関係に亀裂を生じさせる恐れがあるため、
あまりオススメはできません。

 

経験した身だからこそ言えます。

 

 

考えてみると分かる事だと思います。

 

「このおにぎり、とっても美味しいんだよね。
一回食べてみて!ねぇ!ねえ!」

 

てな風に相手が迫ってきたらどうでしょうか?
ウザいと思いませんか?

 

 

 

2.不動産投資

不動産投資も不労所得に近い
収益を得る事が可能です。

 

不動産投資とは、

  • アパート
  • マンション
  • 土地

 

 

などを誰かに貸す事で
収益を得るビジネスモデルの事をいいます。

 

 

何かしらの物件を手に入れて、
その物件に入居したい人に貸し与え、

その見返りとして
“家賃収入”を得る事ができます。

 

また、物件が安い時に購入し、
高くなった時に売る事も
不動産投資に含まれます。

 

 

これも、ハイパーボヘミアンになりやすい
ビジネスモデルの一つだといえます。

 

YouTuber

 

ユーチューバーも該当します。
すでに今現在、広く認知されているため、
説明は省きます。

 

もし、ハイパーボヘミアンとして
YouTuberを選ぶのであれば、

これらの条件を満たしていれば、
叶えやすくなります。

 

 

 

1.ずっと再生され続ける動画を作る

まず、動画がどれくらい、
何回再生されたかによって、
広告単価が決まってくるので、

 

できるだけ長く、
今後も再生され続けるような
動画を作る必要があります。

 

一時的に多くの視聴者が
流れるだけで、

 

すぐに視聴者が離脱するような
動画を作るだけだと、

 

収益が発生する期間も
一時的になってしまいます。

 

2.オリジナリティあふれるもの

最近、このような動画が
収益化不可になっている
傾向があるようです。

 

  • テレビ番組の転載
  • 漫画の転載
  • 2chコメントの転載の動画
  • 動きが無い動画(画面に動きがなく静止的)

 

つまり、すでに誰かが作り出したものを
ただ動画にしてアップするだけであったり、

 

動画にするほど動的で無い、
写真やスライドだけを流したような動画では、

 

広告を剥がされる可能性があるのです。

 

なので、

 

  • 時代の変遷に関係なく需要があるもの
  • オリジナリティの溢れるもの
  • 相手に何かしらのプラスの感情を与えるもの

 

これ等を満たした動画を数多く
アップしていけば、

 

そのコンテンツは資産として、
アナタの生活を支える程の
収益を生み出す事ができます。

 

 

 

ネットで情報発信をする

個人的には一番オススメで、
私自身がやっているものです。

 

誰かに情報を発信する事で、
最終的にお金を貰う行為の事をいいます。

 

  • ブログ
  • twitter
  • Facebook
  • Instagrum
  • TikTok
  • YouTube

 

などの媒体を駆使して、
自分の得意な分野の情報を発信し、

 

 

何かしらの価値を感じてくれた
相手に対して、

 

noteや情報商材などを
お金と引き換えに売って収益化したり、

 

 

コンサルやアドバイスなどをして
コンサル料を貰うのです。

 

 

このビジネスモデルであれば、

 

 

住む場所も自由に選べますし、
好きな時間分だけ働く事ができますし、

 

 

一度仕組み化が完了してしまえば、
ある程度ノータッチでも収益が発生します。

 

 

最後に。

 

今あげた例だけでなく、

ハイパーボヘミアンに近い存在になれる
ビジネスモデルは、数多く存在します。

 

今後、時間があれば、ブログ記事の方で
追加していきたいと思います。