FavoriteLoadingお気に入りに登録

13年前に起きた「茨城女子大生殺人事件」で、

被害者の女子大生「原田実里さん」を殺害したとして、

加害者の男を逮捕したという速報が、茨城日本テレビ系(NNN)で発表されました。

 

「茨城女子大生殺害事件」ってどんな事件?

 

「茨城女子大生殺害事件」とは、 平成16年1月に茨城大農学部2年、

原田実里さん(はらだ みさと当時21歳)が絞殺された未解決事件の事です。

 

遺体が見つかったのは平成16年1月31日早朝のことです。

 

原田さんはうつぶせで川に浮かび、

衣服を身につけていませんでした。

 

 

黒いジャージーのズボンだけが足元に残されており、

司法解剖の結果、死亡推定時刻は31日午前0時~2時とみられていました。

 

死因は絞殺と判明しましたが、首や胸、肩にも深い刺し傷がありました。

 

そのことについて捜査幹部はこうコメントを残しています。

 

「犯人は首を絞めたあとに首を深く刺した。確実に殺そうとしたのだろう

 

 

 

また、被害者である原田実里さんはこのようなメモを残していました。

 

「友人に会いにでかける。遅くなる」

 

友人とは誰のことを指しているのか、いまだに判明していません。

分からないのは、それだけではなく、

 

原田さんは視力が0.1だったのですが、

眼鏡もコンタクトレンズも室内に残したまま外出していったのです。

 

自転車は自宅から北西約3キロの土浦市内の電器店近くで発見されました。

 

このため原田さんは自転車に乗ったと思われましたが、

夜間に裸眼のまま、ここまで外出したというのは不自然で、

 

さらに携帯電話も財布も自宅に置いたままだったそうです。

原田さんは一体、どこへ、何をしに行こうとしていのか今も分かっていません。

 

この事件は、

  • 誰が殺害したのか
  • どこで殺害されたのか

が判明しておらず、また、

  • 目の悪いハズの被害者がなぜコンタクトを置いて外出したのか?
  • なぜ深夜帯に外出する必要があったのか?
  • 「友人に会いに行く」と書置きがあったが、友人とは誰なのか?

 

等の不可解、不自然な点が多くあったため、未解決のまま13年が過ぎていました。

 

この「茨城女子大生殺害事件」は

未解決事件として迷宮入りとなっていましたが、

 

本日、13年の月日を要し、ついに加害者が逮捕されました。

 

まだ、この加害者の詳細、犯行動機については発表されてはいませんが、

追って、調べていきたいと思います。

 

※追記

茨城県警は加害者がフィリピン籍の30代男性である事を発表しました。

また、他にもフィリピン人2人を国際手配しているそうです。

 

加害者の詳細が判明

 

 

警察は2日、原田さんを殺害したなどの疑いで、

フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)を逮捕しました。

 

 容疑者と同じアパートの住民によると、

「(モリ容疑者は)車が故障したら修理を手伝ったり結構、

地域の手伝いもするし、学校行事もちゃんと参加している。

子どもの世話をよくする良いお父さんだと思った」

と、コメントしています。

 

 

警察はすでに出国している当時少年だったフィリピン人の男2人も、

事件に関わったとして逮捕状を取っていて、

 

国際指名手配する方針です。警察によりますと、

容疑者ら3人は原田さんと面識がなかっとみられています。

 

現場の遺留物から検出された複数のDNA型のうちの一つが、

モリ容疑者のものと一致していて、モリ容疑者は容疑を大筋で認めているということです。

 

 

 

スポンサーリンク