皆さんは、普段使っている自分のiPhoneが急に電源が入らない!

・・といった事はありませんか?

 

いつも使えていたiPhoneが急に使えなくなってしまうと、

  • 連絡手段がなくなる
  • 現在地がどこか分からなくなる
  • LINEが使えなくなる
  • ヒマつぶしが出来なくなる

 

といった事象に苛まれてしまいます。

とても面倒ったらありゃしません。

 

そこで今回は、「iPhoneの電源が入らなくなってしまった時の対処」

について触れていきたいと思います。

 

iPhoneの電源が付かない原因ってなんだ?

 

1.落とした時にハードウェアに衝撃が走った事で故障した

画面が割れたiPhone

出典:Media Mobile

 

基本的に、iPhoneは衝撃に弱く、ちょっとした不注意が原因で

手から落下した時の衝撃によって、内部構造にダメージを喰らってしまい、

電源が入らなくなるという事があります。

 

iPhoneは硬いコンクリートの上に落とすと、割とカンタンに画面が割れてしまったり

故障して使えなくなったりするので、必ず頑丈もしくは落下ダメージを軽減させる

専用のケースに入れておきましょう。

 

2.水没して使えなくなった

水没したiPhone

出典:Net・Z

 

今現在の新しいタイプのiPhoneは、防滴・防塵性能が備わっていますが、

古いタイプのiPhoneだと防水加工されていないので、海やお風呂の中で水没させると

中に水が入ってしまい、故障してしまう事があります。

 

出来るだけ防水加工されたケースの中に入れておきましょう。

 

3.熱が原因でバッテリーの寿命が縮んでしまった

炎天下のiphone

 

iPhoneのバッテリーには、

“リチウムイオンポリマー(略してリポ)”

というタイプのバッテリーが使われています。

 

コレは大容量で反応性に富んでいる分、

熱に弱いという特徴を持っています。

 

このリポバッテリーは、

高温下で急速に劣化が進んでしまうため、

 

直射日光が当たるような場所に

長時間放置してしまうと、

寿命が一気に縮んでしまいます。

 

そのため、できるだけ真夏の車内や炎天下の

屋外に放置する事の無いようにしましょう。

 

 

4.“脱獄”が原因で故障してしまった。

iphone脱獄

出典:BitzEdge

 

脱獄(Jail Break)とは、Appleの許可を受けていない

「非公式アプリの動作を可能にする事」をいいます。

 

通常、iPhoneにインストールできるアプリはAppsotreにあるものだけですが、

特定のツールを使用すれば、非合法的に様々なアプリをインストールする事ができます。

 

もちろん、非公式なので、どのような不具合が発生するかは分からないですし、

最悪、破損してしまう可能性もあります。

 

この“脱獄行為”は、ソフトウェアのライセンスとソフトウェア利用許諾契約に

違反するものですので、Appleからのサポートが一切受けられなくなります。

 

こういった事が原因でiPhoneの電源がつかなくなるようです。

ではどうすれば電源が付くのかを調べていきます。

 

 

修理に行く前にこれを試してみよう。

 

自分で修理してみる。

 



コレは、「プレミアム修理キット」

なるものです。

 

名前の通り、自分で治せるように修理道具が

一通りそろっていて、

 

  • フロントパネル
  • バックパネル
  • バッテリー
  • ホームボタン

 

を自力で交換する事ができます。

 

また、動画で修理の一連の流れを確認

する事もできるので、

非常に助かります(´^ω^`)

 

 

 

バッテリーが充電されているか確認するために、1時間充電する。

出典:にゅーすぱんく

 

ただ単に、バッテリーの電池切れで電源が付かないのかもしれません。

そのため、使っているiPhoneが起動できるほどの充電を行いましょう。

 

ケーブルを接続して充電マークが表示されれば、

単純に電池切れを起こして電源がつかなかっただけです。

 

それが一番ラッキーですね(´^ω^`)

 

 

電源ボタンとホームボタンを10秒間押しっぱなしにする。

出典:初心者にもわかるiPhoneの使い方

 

iPhoneの充電がちゃんと満たされている状態のときに、

 

  • iPhoneの「電源ボタン」
  • iPhoneの「ホームボタン」

 

を同時に10~15秒程押し続けるというものです。

もし成功すれば、画面中央に「Apple」のロゴマークが表示されます。

 

こういった時の為に、強制的にリセットさせて起動させる仕組みが

備わっています。

 

DFUモードを使う

iPhoneのDFUモード

出典:初心者にも分かるiPhoneの使い方

 

もし上記の方法で電源が付かないのであれば、「DFUモード」を使ってみましょう。

 

DFU(Device Firmware Upgrade)モードとは名前の通り、

デバイスのファームウェアを更新させるためのモードで、

 

iPhoneやiPad, iPod touchのオペレーティングシステム

またはブートローダーが読み込まれていない状態のことです。

 

つまり、iPhoneが起動しなくなったり、途中で止まったりしたときに

利用する対処法の事です。

 

手順としては以下の要領で進めていきます。

 

iPhoneをUSBケーブルを使ってPCと連結し、「iTunes」を起動させる。

 

まずは、持っているPCとiPhoneをUSBケーブルで連結しましょう。

もし持っていない場合はダウンロードしましょう!

 

「iTunes」を起動したら、以下の要領で復旧作業を進めていきましょう。

 

接続出来たら、「ホームボタン」「電源ボタン」を10秒長押しする。

iPhoneの強制起動

出典:iBitz Edge

 

画像と同じ要領で、

  • 「ホームボタン」
  • 「電源ボタン」

を同時に押しましょう。

 

電源ボタンから指を離して、「ホームボタンだけ」さらに10秒押し続ける。

 

  • 「ホームボタン」
  • 「電源ボタン」

 

を同時押しして、10秒間経ったら、

電源ボタンから指をパッと離し、ホームボタンだけはそのまま押し続けましょう。

 

 

コレで成功すると、iPhoneの方には何も表示されず、

この警告がPCに表示されます。

 

iTunesがリカバリーの必要なiPhoneを自動で見つけ、

復旧作業に進むことが可能となります。

 

もし、自動で復旧作業に進まないのであれば、手動でiTunesを起動し、

「復元ボタン」を押して、復旧してみましょう。

 

この際、必ず事前にデータのバックアップをとる様にしましょう。

 

「DFUモード」を終了する

全てを終えて「DFUモード」を終了するのであれば、

 

  • 「電源ボタン」
  • 「ホームボタン」

を同時押ししましょう。

 

画面に「Appleロゴ」が表示されたら、

iPhoneをケーブルから離して終了です。

 

 

コレでもダメだったら・・・

 

もし、以上の方法で起動できなければ、あなたのiPhoneはご臨終☆です_| ̄|○

Appleサポート公式サイトでiPhoneの修理予約を出しましょう。

 

iPhone修理屋

ちなみに、巷には「iPhone修理屋」というショップが存在しますが、

あまりオススメしません。

 

最近、診せに行ったのですが、

私の愛おしいiPhoneちゃんを蘇生することなく、

手間賃だけを取られてしまいました笑

 

「すいません☆ 基盤自体が故障しているのでこちらとしては、

手の打ちようがございません。ですが、作業代として3450円頂きます(ゝω・)vキャピ☆」

 

えぇ・・・ってなります_| ̄|○

 

確かに事前に聞かされてはいたけども・・・

実際にそうなると・・・

 

えぇ・・・ってなります_| ̄|○

 

 

 

 

スポンサーリンク