嫌いな人がビックリするくらい気にならなくなる2つの方法

2020年4月12日

 

皆さんこんにちは

いきなりですが、職場で「嫌いな人」っていますか?

 

なんで自分が一度、嫌いになってしまった人は、

嫌な事ばかりが目についてしまうのでしょうか?

 

嫌ですよねぇ・・・笑。ですが、

その悩みを解消する方法は存在します。

 

その方法を知らないままだと、この先、

嫌な人間と絡めば絡むほどイライラが募っていくままです。

 

今回、この記事を読んでいけば、

あなたが今後、嫌な人と接した時に伴うストレスを

著しく軽減する事が可能です。

 

するとどうなるでしょうか??

仕事を行う上で感じるストレスの大半は

解消できてしまう事につながります。

 

ストレスを解消できると、その仕事がやりがいのある、

楽しいものなんだと感じていくハズです

 

 

カラーバス効果について

「好きじゃない人ばかりが寄ってくるの。」と、

お嘆きの女性は少なくありません。

 

もしかしたら、もしかしたらですよ、

それは自分が引き寄せているのかもしれません。

 

「カラーバス効果」をご存知でしょうか?

要約すると、「意識したものを見る力」の事です。

 

例えば、「今日のラッキーカラーは赤」

と言われると、

 

いつもの通勤経路なのに赤い看板や赤い車

などがやたらと目に入ってきて、

 

 

「この道、こんなに赤いモノが多かったかな?」

と驚いた経験、ありませんか?

 

また、朝一番に嫌な事があると、

「なんで朝っぱらからこんな目に遭わなきゃいけねぇんだ!」

とネガティブモードに入って、

 

次々に嫌な事ばかりが目に付いてしまう事ってありませんか?

これも、先ほど説明した“カラーバス効果”が原因です。

 

朝一番の嫌な出来事に注目しすぎる事で、

いつもならさほど気にならないことも、

ネガティブ視点で粗探ししてしまうのです。

 

付け加えるならば、イライラする事で注意力が散漫になることも、

「災難は連鎖する」要因の一つでしょう。

 

 

嫌いな人や嫌なことが気になってしょうがない時は、

「そもそも、自分と他人とは違う」というスタンスに立ちましょう

 

持っている資質が違うと、言葉の通じない外国人同士と同じレベルで、

考え方に違いが生じるものです。

 

例えば、「あなたは効率的な人ですね!^^」

と相手を褒めたとします。

 

この時、「嬉しい!」と感じる人と、

「あまり嬉しくない」と感じる人がいます。

 

前者は自分が嬉しいので、他人にも誉め言葉として

使うでしょう。

 

 

しかし、後者だった場合、「利己的で冷酷ってか?」

と反発するかもしれません。

 

「自分と他人は同じ」というスタンスでいると、

相手の言動や態度が期待通りでない場合にイライラします。

 

逆に、「自分と他人は違う」という立場をとっていると、

相手を尊重できるようになります。

その上で、自分にこう問いかけてみてください。

 

 

「コレは私の問題??」

 

例えば、相手の態度が気に食わなくても、

業務にさほど支障がないなら、自分と相手に線引きしましょう。

 

もし、業務にさほど支障があるなら、相手を変えるよりも

自分にできる事で調整する方が得策です。

 

万が一、自分では手に負えないならば抱え込まず、上司など第三者

に客観的に判断を仰ぎましょう。

 

次に、イライラした時の切り替え方として、

「置き換え方」をご紹介します。起きた出来事に対して、

 

自分が思ったり感じたりした事を、

再度、プラスの角度から見てみましょう。

 

例えば「先輩から嫌味を言われた」という事象に対して、

「なんでこんな目にに合わなきゃならんの?」と思ったとします。

 

これをプラスの角度から見てみると、

 

  • 「今日は体調が悪いのかな?ま、サンドバックになってあげるか」
  • 「きっと愛のムチに違いない」

 

など、無理やりにでも置き換えてみると、案外、

切り替えができるものです。

 

 

まとめ

 

1.嫌だと感じたら、その場ですぐ、相手と自分は違う生き物だと思う事。

 

→ガチで全く思想・概念・発想・価値観が真逆の人間が目の前にいる

と思う事。そう思うとと案外耐えられる

 

2.今置かれている状況を無理やりにでも別目線で解釈する

 

→例:「今日めっちゃ怒ってんなー、多分奥さんの尻に敷かれてるんだろう笑」

「あの時なんであんなキレてたんかなー、多分仮想通貨で大損したんだろう笑」

 

相手を変えるのは難しいです。

そんなことに自分の大切な時間を割くのは超絶もったいないです。

 

まずは「自分と他人は違う」というスタンスを取る事で、

今すぐに負の連鎖を断ち切りましょう。

 

その上で、せっかく備えた「意識したものを見る力を」

本当に欲しいモノの為に使いましょう。

 

嫌な人を変えるよりも、自分が変わったほうが手っ取り早いです。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ