FavoriteLoadingお気に入りに登録

最近、「DQNネーム」もしくは「キラキラネーム」と呼ばれる

名前の持ち主をよく目にする様になりました。

 

もし万が一、思うところあって「名前を変えたい!」となった場合、

どうすればよいのでしょうか??

 

 

「キラキラネーム」「DQNネーム」ってなんだ??

 

「キラキラネーム」とは

 

 

「キラキラネーム」とは、

「外国人風で、変わっており普通に読めない名前」の事です。

 

特徴としては、漫画やアニメ、もしくはゲームのキャラクター

の名前をあやかっていたり

 

無理やり漢字を用いて、あたかも外国人っぽいオシャレな感じにする

等の傾向があります。

 

一例としては、

男の子の場合・・・

  • 碧空(みらん、あとむなど)
  • 輝星(べが、だいやなど)
  • 陽空(はるく、ひだかなど)
  • 心人(はーと、あいとなど)
  • 皇帝(しいざあ、ふらんつなど)

女の子の場合・・・

  • 星凛(きらり、あかりなど)
  • 奏夢(りずむなど)
  • 妃(ひな、きらりなど)
  • 美音(りずむ、めろでぃなど)
  • 希星(きてぃ、きららなど)

 

こういった、「変わった名前」であれば

間違いなく「キラキラネーム」と言えます。

 

「DQNネーム」とは

 

「DQNネーム」とは、DQNの親が自分の子供に付けた、

奇抜で一風変わった名前の事です。

 

DQN(ドキュン)とは、一般の常識から逸脱している人、

また、不良であったり反社会的な人の事を指すネットスラングです。

 

俗にいうヤンキーの事です。

 

 

昔、テレビ朝日系列で放送されていた「目撃!ドキュン」という

ヒューマンバラエティー番組が語源だとされています。

 

その番組に出てくる回想シーンでそういった「ヤンキーな人」が

多く出てくることから、

 

ヤンキー・不良少年、少女の事を「DQN(ドキュン)」

と表現するようになりました。

 

そういった「DQN」な人達は、総じてとは言いませんが、

「こんな名前、付けていいのか???」

と思えるような、常軌を逸した名前を付ける傾向がありました。

 

最近ではそういった「DQN」な人たちに限らず、

パッと見、普通で常識がありそうな人達も

 

「DQNネーム」を付けるようになり、

周りの人達をザワつかせてきました。

 

・・・もし、万が一

「名前を変えたい!!」となってしまった場合、

どうすればよいのでしょうか??

 

 

名前を変更する時の手順

 

 

もし今付けられている「名前」を変える決心がついたら、

さっそく行動に移りましょう。

 

まず、おおまかな手順としては、

  1. 「名の変更許可申立書」と必要書類を家庭裁判所に提出する
  2. 実際に裁判官と裁判(話し合い)をする
  3. 市役所に許可証を提出する

という流れになります。

 

1.「名の変更許可申立書」と必要書類を手に入れ家庭裁判所に提出する

 

まず最初に、最寄りの家庭裁判所に行きます。

受付で名の変更申立書を手に入れます。

 

この書類は「なぜ改名したいのか?」という、

改名したい理由を記入する欄と項目があります。

 

  1. 奇妙な名前である。
  2. 難しくて正確に読まれない
  3. 同性同名者がいて不便である
  4. 異性と紛らわしい
  5. 外国人と紛らわしい
  6. 神官・僧侶となった
  7. 通称として長年使用した
  8. その他

 

「3.同性同名者がいて不便である」は、

 

『世間的に有名な犯罪者や殺人鬼と同じ名前になってしまい、

精神的な苦痛を伴う』などの理由です。

 

ただ、友人や近しい人、クラスメート、職場の同僚などの様に

良識のある一般人と同じ名前になってしまった程度ではダメです。

 

他にも、

  • 占いや姓名判断などで悪い結果が出てしまった
  • ただなんとなく今の名前を変えたい

なども許可が通らないので気を付けてください。

 

一通り書き終えたら、これを以下の書類と一緒に提出します。

 

  1. 収入印紙 800円分
  2. 名の変更申立書
  3. 申立人の戸籍謄本
  4. 名を変更するための正当な理由がわかる資料(あれば)

 

以上の書類を提出すると、家庭裁判所から、

 

「あなたの名前を変更するのが、正当な理由かどうかを、

裁判官があなたの話を聞いて判断するから、平成〇年×月▲日

○○家庭裁判所 〇階 〇号会議室にきてね!(´^ω^`)」

 

という旨が書かれた手紙が届きます。

 

2.実際に裁判官と話しあいをする

 

その手紙に書いてある通り、

予定されている会議室に足を運ぶと、

 

 

縺翫§縺輔s縺ョ鬘斐い繧、繧ウ繝ウ 7

 

 

(´^ω^`)「こんにちわ、○○君かな?」と、

柔和な笑みを浮かべる優しそうなおじさんが出てきました。

 

この「優しそうなおじさん」こそ、

名前を変えるべきかどうかを審査してくれる裁判官です。

 

 

(´^ω^`)「今からいくつか質問するね。キミの立場になって真剣に聞くから、リラックスして正直に答えてね。」

 

覚えている限りでは、以下のような内容の質問をされました。

 

  1. なぜ変えたいのか
  2. 借金があるかどうか
  3. 親はどう思っているのか
  4. 変えたら元に戻せないけどそれでもいいのか
  5. 犯罪歴があるかどうか
  6. 悪用するつもりはないかどうか

 

こういった受け答えを2~30分程度したのち、

 

(´^ω^`)「以上で審判は終わりです。結果は後日郵送するからまっててね~」

 

という感じでした。

 

裁判所で審判を受けるというだったので行く前は非常に緊張しましたが、

割りとあっけなく、軽い感じのノリで終わりました。

 

3.市役所に許可証を提出する

見事、審判で正当性を認められると、

 

「申立人の名前を○○から××に変更することを許可する

裁判官 ○○ ○○」

 

という事が書かれた許可証が入った封筒が届きます。

 

それを持って市役所へ届ければ、

あなたの新しい名前が手に入ります。

 

 

 

最後に

 

このブログの管理人も典型的な「キラキラネーム」でした。

親に付与された立派な名前がありましたが、

 

その「名前」は今現在の常識に照らし合わせて考えても、

あり得ないぐらい奇妙奇天烈で変わった名前でした。

 

周りにいた大人や親戚・親・友人たちは、

「へぇ~ すごいカッコいい名前じゃん!!」

 

と言ってくれるので、一応礼を言うのですが、

この一言が一番胸に突き刺さりました。

 

本人たちは心から褒めているつもりなのでしょうが、

自分目線からすると、素直に喜べません。

 

(ハァ? じゃあ、お前この名前で生きてみろよ?

恥ずかしくて嫌な思いするぞ??)

 

という風に、毎日モヤモヤしながら生きていました。

 

特に思春期で多感だった頃はその思いが強くあり、

何度か名付け親である父とガチ喧嘩しました。

 

 

 

「ふざけんな!その名前はお前の事を思って真剣に

付けた名前なんだ!! 考えて発言しろ!!」

 

「いやいやいやいや!!この名前のどこが真剣につけた名前なんだよ!?

おもっ糞ふざけてんだろが!!考えないといけないのはむしろテメェの方だぞ!?」

 

「あ゛? お前口の利き方気を付けろよ?文句があんなら出て行け!

 

・・・というような不毛なやりとりが結構ありました。

 

当時は中学生だったので、養ってもらっている手前、

「出て行け!」というセリフを吐かれると渋々こちらが折れない

といけないため、不服でありながらも親に謝罪していました。

 

今まで一生懸命働いて自分達を養ってくれている親なので、

普段、心から感謝していますし、尊敬もしています。

・・ですが、名前の事だけは納得いきませんでした。

 

そういった紆余曲折を経て、新しい名前を手に入れました。

今は親との仲は良好ですが、

 

親はまだ昔の名前で呼んでいますし、内心とても残念だったと思います。

ですが、それと同時に新しい名前を受け入れてくれています。

 

なので、全くもって後悔はしていません。

 

むしろ、自分の名前を自分で決める事ができるのが

こんなにも胸を張れて、

 

昔の名前から解放されることがこんなにも

清々しいとは思いませんでした。

 

 

なので、今後もし、「子供に名前を付ける機会」があったのなら、

頭をフル稼働させて真剣に考え抜いてください。

 

本当にその名前でいいのでしょうか?

本当にその子の為を思って付けようとしている名前でしょうか?

もしあなたがその名前になったとして、恥をかくことは絶対にないでしょうか?

もしあなたがその名前を付けられたら、胸を張れますか?

その子の為とは名ばかりで実質、あなたのエゴではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク