こんにちは。なかです。(´^ω^`)

今回は、コンコルド効果という、

心理用語について説明していきたいと思います。

 

コンコルド効果ってなんだ?

元は超音速旅客機コンコルドの商業的失敗

にまつわる話から由来する言葉です。

 

簡単に言えば、

 

「今まで投資したもの(金銭、時間、努力・苦労、etc)がムダになってしまうから、水泡に帰してしまうからと、そのまま頑張って続けていても赤字や損失にしかならないような事だと解っているのに、やめられない・・

 

という心理状態の事をいいます。

 

「コンコルド錯誤」「コンコルドの誤り」

(Concorde fallacy)とも呼ばれています。

 

この世にリリースされたクソなゲームソフト

を紹介した『超クソゲー2』という書籍で、

 

「シェンムー」の事を紹介された際に

この言葉が「コンコルド錯誤」として使われたため、

 

この書籍を読んでこの現象を知った人の場合は

こちらの呼称の方がなじみ深いかもしれません。

 

そもそもコンコルド効果の“コンコルド”ってなんだ?

このコンコルド効果の“コンコルド”

という文言は、1960年代に実在した

超音速旅客機“コンコルド”が由来です。

 

開発当時は未来的なデザインと

その高性能ぶりから人気を呼び、

世界各国から注文が相次いつぎました。

 

 

当時の旅客機の2倍の速度で飛行し、

約半分の時間で目的地に辿りつける

“世界初の民間向けの輸送機”

 

というのが一番のウリでした。

しかし、

 

  • あまりにも高過ぎる開発費
  • 恐ろしく値段が高い上に燃費が著しく悪い
  • とても長い滑走路が必要
  • 運賃も高い上に100人程度しか搭乗できない

 

というデメリットがありました。

 

当時はオイルショックが発生し、

燃料代に拍車をかけた上、

凄まじい騒音や衝撃波が出るため、

地域住民から苦情が相次ぎ、

 

限られた航路(海上など)

しか航行できなくなったのです。

 

しかも開発途中、

すでに旅客機の利用が世間一般に浸透し、

航空業界はボーイング747のような

 

  • 低コスト
  • 大量輸送
  • 遷音速飛行

 

が可能な機体へとニーズが

移って行ったのです。

 

一方、コンコルドは

 

  • 高コスト
  • 少数輸送
  • 超高速飛行

と、性能的に真逆で、

商売相手となる大衆のニーズとは

かけ離れたシロモノだったのです。

 

このような様々な問題点から

受注キャンセルが相次いでしまい、

 

このまま開発を続けても利益どころか、

マイナス分ですら回収が

望めないところまで難航しました。

 

そして

 

「このままプロジェクト

を進めたら完了までには一体

どれほどの金額がかかるのか?」

 

を試算してみたところ・・

 

『今すぐにプロジェクトを中止して、

旅客機会社に対して違約金と賠償金を

支払った方が遥かに安く済む』

 

 

くらいの大赤字が出てしまう

という結果が出てしまいました。

 

しかし、このプロジェクトに

参加したメンバーはこう思うようになりました。

 

ここで開発を中止したら今まで

投入した費用がムダになってしまう・・

 

費やした時間や手間ヒマが

全て水泡に帰してしまう・・

 

もし、計画をいますぐに

中止して損切りしたとしても、

 

このプロジェクトの責任は、

一体、誰が取るのか?

 

という“責任の所在はどこにあるのか?”

という問題で二の足を踏んでしまいます。

 

「今手を引けばこれ以上赤字が拡大せずに済む」とプロジェクトに関わる全員がわかっていながら、

 

その事実から目を背け、

なんとかビジネスとして成り立たせるため、

悪あがきを続けた結果、

 

プロジェクトは行き着くところまで進んでしまい、

250機で採算が取れるとされたところを

 

僅か16機しか製作されず、

最終的に大赤字で終わってしまいました。

 

日常にも潜むコンコルド効果

上で説明した超音速旅客機コンコルド

に限らず、私たちの日常生活や仕事の場

でも度々見かけます。

 

アナタ自身にも起こり得る話なのです。

 

 

わかっていてもやめられない

という行動心理なので、起こってしまうと

非常に厄介極まりないのです。

 

自分一人の問題であれば、

これまで投資したお金や時間などを

潔く切り捨てて未練も執着も断ち切る事で脱却できます

 

・・・が、

 

これが集団で進める仕事や

プロジェクトだった場合は、

一筋縄ではいきません。

 

自分ひとりが諦めれば済む話ではないので、

全員が納得して中止しない限り、

 

取り返しのつかない大損害を被るまでやめるにやめられない

という状態に陥る事もあり得るのです。

 

コンコルドの件は、まさにその典型でした。

 

主なコンコルド効果の一例

今まで費やした課金額を無駄にしたくなくて、ネトゲやソシャゲがやめようにもやめられない

 

コンプリートガチャが、5つのうち4つまでアイテムが揃ったのに最後の1つが揃えられず、何としてもゲットしたくなる

 

 

見に行った映画が思いのほかつまらないけど、支払ったお金が勿体無くて結局最後まで見る

 

 

レストランの行列に長時間並んでいると、「折角並んだから・・」と途中で列から外れるのがもったいなくなる。

 

 

大学入試で2浪3浪しているが、これまでに費やした勉強時間が無駄になるからと、偏差値的に合格が困難だとわかっていても「無駄にしてたまるか」と意地になって後に退けなくなり、志望校のレベルも下げられなくなる

 

ある公共事業で数億円かけてリゾート地を開発し始めたが、途中に近場で違うリゾート地がオープンしてしまい見込まれる収入が大きく減少したにも関わらず、ここでやめたら今までの開発費が無駄になる・・・とプロジェクトを続行

 

 

今降伏すればこれ以上戦火が拡大せずに済むけど、戦争に費やした費用や補給物資が惜しくなる、散っていった戦死者に顔向けできない、敗戦の責任は誰が取るんだ、と戦争を続行せざるを得なくなる

 

 

パチンコやギャンブルで負けが嵩んでいるにも関わらず、「元が取れなければ」「今までの負け分だけでも取り返さないと」と意地になってゲームを続行する

 

 

商売を続けていても利益が上がらないと解っているのに、投資したお金や時間が勿体無くて閉店の決断を下せない

 

恋人と別れたいが、「もう数年付き合ってるしここで別れたら今までの時間が無駄になる」と、本心では別れたいのに付き合いをやめられない

 

 

もし、コンコルド効果の状態に陥ったら

 

もし、コンコルド効果に陥ってしまった場合、

できるだけ早急にその状態から抜け出さないと、

 

  • 出費
  • 時間
  • 労力

が少しずつ奪われていきます。結果が出ない

のが明白なものに対して、心身を削ってしまう

のはバカバカしいことこの上ないので、

以下のポイントを参考に対処していただけれればと思います。

 

 

犠牲を覚悟で損切りをする

 

一番は今まで費やしたお金、時間、手間

などを一切合切、犠牲にするつもりで

すべて損切に回すのが得策です。

 

後ろ髪を引かれる思いがするでしょうが、

一度脱却してしまえば楽になりますし、

 

このまま決断を迷っていると、さらに

ダラダラと時間とお金が消耗していきます。

 

逆に「もったいないから」とやめずに進み続けると、

どうしようもないほどの大損害を被るまで脱却できなくなる事だって

無きにしも非ずなのです。

 

客観的に考えて行動してみる。

 

物事に熱中してしまうと、

視野が狭くなってしまうためか、

判断ミスが多くなってしまいます。

 

自分だけの価値観や見方ではなく、

第三者からしたらどんな風に見えるのか?

 

そして第三者だったらこの状況に対して、

どんな判断をくだしていたか?

を考えてみましょう。

 

あらかじめ、明確な線引きをして保険をかけておく。

 

物事に取り組む際、

「これ以上、損失が出そうであれば、

強制的に終わらせよう」というように、

 

何かしらの目安や基準を設けて、その範疇

を越えてしまうレベルであれば、

即座に中止できるように「保険」を設定しておきましょう。

 

そうすれば、ズルズルと損失だけがかさんでいく事を

防ぐことができます。

 

取り組む際は、最初から過度な期待を持たない様にする

 

何かしらのビジネスに取り組む際は、

「期待するほどの成果は期待できないもの」

として認識しておきましょう。

 

最初から胸を膨らませて取り組んでしまうと、

いざ失敗してしまった際、

先行きが思わしく無くなってしまった場合、

 

「負けたままで終われるか!!」

 

という、

執念が湧いてしまう可能性があるからです。

失ったものを取り返そうと躍起に

なってしまい、さらにダメな状況に陥る事も少なくありません。

 

失敗を次に生かそうという意識を持つこと

 

何かしらのプロジェクトが頓挫してしまい、

肩を落としてしまう気持ちもわかりますが、

その時に経験した失敗は次の経験で生かす事ができます。

 

大きな損失を被ってしまった・・・

と落ち込むよりかも、

こうすれば逆に失敗する可能性を

低くする事ができるんだ・・と

1つの教訓を得る事に成功した。

と考えた方が、精神衛生上は楽です。

 

最後に

 

誰がどう見ても、失敗すると予想できるもの

に対して、時間や労力を割くのはムダです。

 

確かに、大なり小なりお金を費やして

いるかもしれませんが、

 

このままの状態を放置してしまうのは

大きな痛手なので、

 

潔く諦めて次に進む勇気を持って

頑張っていきましょう。