相手に響くコンテンツでなければ、広告に意味はない

ナカです。

 

今回は、

“広告は重要だけど、
相手に響くコンテンツを用意できなければ、
広告を打っている意味がない” 

 

という話をしていきます。

 

広告は一過性のアクセス”だけ”は期待できる。

広告は一瞬で消えていきます。

例えば、チラシ等を作って、
誰か知らない人のポストに投函しても、

 

大方ロクに読まれる事がないまま、
ゴミ箱の中に捨てられてしまいます。

 

運が良ければ、何千枚何万枚も刷った内の
どれかの広告が、誰かに気に入られ、
その”誰か”が商品を購入してくれるかもしれません。

 

広告はそういったもので、

  • バナー広告
  • メール広告
  • リスティング広告
  • メルマガ

 

いろんな種類の広告がありますが、
どれも一過性の効果しか生まない為、
期間が終わってしまうとそれっきりで終わるんです。

 

確かに、
広告は重要なマーケティングツールで、

ビジネスをしていく上で、
広告は絶対に利用する機会が来ます。

 

どんなに自信のあるモノやサービスを
提供していたとしても、

 

相手に認知してもらえなければ、
あまり意味がないのですから。

 

しかし、広告にすべての力を
全振りするのは、ちょっと危険です。

というか、広告よりも、
もっと重要な要素があります。

 

優先順位を間違えていませんか?
という事です。

 

広告に拘る前にやるべき事がある。

 

勿論、広告を否定するつもりはなく、
広告を出せるなら出すべきだと思いますし、

最近は一個人でも、
簡単に広告を張れる時代です。

 

一昔前は気軽に広告を打つなんて事は
できませんでした。

 

広告と言えば、

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌
  • チラシ

などが主流で、これ等に申し込むには、
広告代理店に依頼し、
莫大な広告費を払わなければいけませんでした。

 

一個人の経済力では、
土台無理な話だったのです。

ですが、
今はちがいます。

 

インターネットが発達したおかげで、
個人でも簡単に広告を打つ事ができるようになりました。

 

Google AdWords等がそうです。
ネット上で申し込んでしまえば、

設定したキーワードに関連した
言葉を誰かが検索したら、
広告が出てくるようになります。

 

ですが、広告を張るには、
それ相応のお金が必要になってきます。

 

一度、直接的な反応が取れて、
運よく懐に収益が入ると、まるで中毒者のように
広告に走ってしまう人がいます。

 

広告を打った際の成果が忘れられなくなり、
頭の中は、

 

“広告さえ張ってしまえば、金が稼げる”

というような無思考な状態に陥り、
割と多くの資金を投じてしまう傾向にあるのです。

ですが、コンテンツの質が伴っていなければ、
同じような広告を流していても、
いずれは効果が薄くなります。

 

そうすると、もっと大量の資金を用意して、
同じような広告を増やしていくか、

 

また違う方法の広告や宣伝を練りだしたりと、
不毛でムダな行動を繰り返してしまうのです。

 

まず最初は”コンテンツの質”を高める事からはじめなければいけない。

 

広告よりもコンテンツ、
つまり、“記事の内容が相手にとって質の高いもの”
でなければなりません。

 

記事の質を高いクオリティにしておけば、
広告も有効的に働きます。

 

特に、ネットビジネスの世界は、
SEO対策であったり、
ブログのデザインに気を取られるよりも、

コンテンツの質を重視していく方が、
ブログのファンを獲得する事ができます。

 

では、どうすれば、
コンテンツの質を高められるのか?

という疑問は、
このブログに訪れる人なら
もうおわかりかも知れませんが、

 

文章を書くスキル、
つまり、コピーライティングです。

↓この記事でも似たような事を書いていますが、
ブログで一番重要なものを挙げるとするなら、「間違いなく○○」だと言う。

 

“ブログ”という発信媒体は、
そのほとんど、8割9割が
“文章”で構成されている以上、

文章で相手の心を揺さぶる力が無くては、
話にならないのです。

 

 

桃李不言 下自成蹊(とうりふげん げじせいけい)
という諺をご存知でしょうか?

コレは、

「桃や李(すもも)は話すことはしないけれども、
みんな桃や李の美しさに惹かれてやってくる。
そして木の下には自然と道ができる」

というのが、転じて、

「徳のある人のところへは黙っていても人が集まってくる」

という意味になった言葉です。

 

司馬遷(しばせん)という歴史家が、
李広(りこう)という将軍を称えたのが
ルーツだとされています。

 

この李広という将軍は、
私利私欲がない清廉潔白な人物で、

泉を発見すれば部下を先に飲ませ、
食事も下士官と共にし、

全員が食事を始めるまで
自分の分には手をつけなかった

という”他者を思いやる事のできる”
そんな人徳の高い人物でした。

 

つまり、

 

相手の事を追いかけるよりも、
自分自身の価値を高めていけば、
自然と人が寄ってくる 

 

という事を、
暗に示しているのです。

 

 

ブログに置き換えると、

 

広告を打ったり、SEO対策などを講じ、
ブログデザインなどにこだわって、
多くの人を集客しようとするよりも、

 

コピーライティングスキルを高めて、
記事の質を高めたほうが、
相手のほうから距離を縮めてくれる。

 

という事が言えてしまうのです。

 

最後に。

 

勿論、SEO対策を蔑ろにするつもりはないですし、
センスのあるデザインを用意できるなら、
用意した方がイイに越したことはありません。

 

広告なども、資金に余裕があるのであれば、
大いに利用していくべきです。

 

 

ですが、最終的には、
文言で決着を付けなければならないので、

広告や宣伝などの
マーケティング手法に注力するよりも、

コピーライティングスキルを駆使して、
記事の質を高めた方が早い。

 

・・という事に
気づいてもらえたら嬉しい限りです。

 

以上です。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ