FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

5年ほど前に、イギリスのウィリアム王子の妻、

キャサリン妃がトップレス状態の姿を掲載された事に対し、

 

夫妻は約150万ユーロ(日本円で約1億8000万円)の賠償を

求めている事が明らかになりました。

 

事の詳細はどんな感じ??

 

イギリスPA通信が2日に伝えたところよると、

2012年にトップレス写真を掲載した芸能誌クローザーと、

 

地方紙ラ・プロバンスの責任者ら6人の裁判が同日、
フランスで始まったそうです。

 

 

問題の写真は、キャサリン妃がウィリアム王子と滞在した南仏の別荘で、
日光浴をしていた時に盗撮されてしまったんだとか。

 

クローザーは直後に、裁判所から、
写真公開の差し止め命令を受けました。

 

 

ウィリアム王子は当時、母のダイアナ妃が、
メディアに追いかけられた末に事故死したことを思うと、
とりわけショックだと話していた。

 

PA通信によると、夫妻はクローザーとラ・プロバンスの経営責任者や編集者、
カメラマンらがプライバシーを侵害したと主張。

 

これに対して被告側は、
好意的な報道でプライバシー侵害には当たらなかったと主張している。

 

裁判所は7月4日に判決を下すことになっているそうです。

 

 

どんな写真だった??

 

その写真は、ウィリアム夫妻が、

フランス南部で休暇をとっていた時に盗撮されたものらしく、

 

2人はエリザベス女王の甥である、
リンリー子爵が所有するプロヴァンス地方の邸宅に滞在していたのですが、

 

 

バルコニーで日光浴をしているところを望遠レンズで撮られたようです。

 

 

 

キャサリン妃が白黒のビキニのボトムスのみを履き、

上半身を露わにしている写真を多数掲載したそうです。

 

 

また、ウィリアム王子が彼女のお尻にクリームを塗るところ

なども撮られていたんだとか・・・

 

 

王子夫妻は公務でマレーシアを訪れているのだが、

2人とも「激怒している」と報じられており、

 

特にキャサリン妃のプライバシーを尊重する
ウィリアム王子は憤慨しているという。

 

2人はセント・ジェームズ宮殿を通じて、
今回の行為は

 

「グロテスクで不当なプライバシー侵害だ!」

 

と声明を発表。
セント・ジェームズ宮殿の広報はこの後、

王子夫妻が仏『クローザー』誌に対して、

 

プライバシー侵害を理由に提訴する手続きを始めたと発表しました。

 

スポンサーリンク