FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

 

最近ニュースを見ていると、「沖縄1月28日、旧正月祭り」というテロップが流れていました。

 

そこで世間知らずで非常識な私はこう思ったのです。

 

「旧正月ってなんだ??」

 

 

思い切って周りの人に聞こうか少し迷いましたが、

 

「え~?? そんなことも知らないの???笑」

 

みたいなことを言われて、深刻なトラウマを作る予感がしたので止めておきました。笑

 

 

そこで、今回はこの、「旧正月」について調べていきたいと思います。

 

 

 

「旧正月」の前に、「旧暦」って何のこと??

 

 

旧正月とは、旧暦のお正月の事を指す言葉です。

 

ここで、一つ疑問が・・・

 

 

まず、旧暦ってなんだ??

 

 

ここでまたググっていきます。

 

旧暦とは、昔使われていた暦(・・・こよみ 年・月・週・日など日付の数え方や時間の流れ方の概念)の事で、

 

太陰太陽暦(たいいいんたいようれき)というものを使っていました。

 

 

 

これは、太陽や月の満ち欠けの繰り返しなどの「太陽・月の運行」を手掛かりにした暦の事で、

 

太陽と月がどういう風に動いているかを参考にして、月日を決めていました。

 

昔はこうやって日付を決めていたのですが、

 

近世の大航海時代と近代の産業革命によって、

 

欧州が世界の覇権を握るようになると、

 

新大陸や世界中の植民地で「グレゴリオ暦」という新しい暦法が使われるようになりました。

 

そこで、世界中との貿易や交流で不都合が無いように

 

今現在使われている「グレゴリオ暦」が使われるようになりました。

 

旧正月ってどんなことするの??

 

旧正月を盛大に祝うのは、中国やタイ、韓国などのアジア圏の国で、

 

 

中国であれば、国が定めた祝日で「春節」というものがあります。

爆竹を盛大に鳴らしたり、獅子舞などの舞踊が催されたり、

 

 

タイであれば「ソンクラーン」という

仏像や家族の年長者仏塔などに水を掛け合って清めあうお祭りがあったり、

 

 

 

韓国であれば「ソルラル」という正月遊びなんかをします。

 

 

今現在、日本では旧正月を祝う文化はあまりないそうです。

 

ただ、神戸・横浜などの中華街は春節を祝うイベントがあったり、

 

沖縄県では旧正月(ソーグワチ)といって、

 

 

ソーキ汁や中身汁(豚の内蔵を使った汁料理)、三枚肉などのおいしい郷土料理を食べて祝います。

 

神様への御願のために旧正月と新正月の両方を祝う家庭が多いです。

 

新正月ほどではないものの市場やスーパー、ショッピングモールなどで買い物客でにぎわったりします。

 

 

 

こうやってこのブログを更新していくことで、

少しづつ「世間知らず」から脱却できるよう頑張っていけたらなぁ~なんて思う今日のこの頃です。

 

 

AZARASSY

正月をもう一度祝えるってとても幸せな事ですね!!

スポンサーリンク