“マーケティング”ってなんだ? 簡単に一言で説明するとこうなる。

 

こんにちは。なかです。
ネットビジネスをやっていると、頻繁に、
“マーケティング”という言葉を耳にします。

 

マーケティングという言葉を知らない誰かに、
分かりやすく説明するなら、どんな風に説明すればいいのか?

 

その人にとって、一番ピンとくる説明を施すとしたら、
どう表現していけばいいのか?

 

と思ったのです。

 

そこで、今回は、
“マーケティング”という言葉について、
できるだけ簡略化して説明していきたいと思います。

 

“マーケティング”って一言で説明するとなんだ??

 

私個人の考え方としては・・・

「自分の商品が売れるために行うすべての
工夫・努力・策略のこと」

が、“マーケティング”
だと思っています。

 

もっと言うと、

 

「自社の商品が“売れやすく”なるために行う全ての行動や戦略」
 

 

もっともっと、
カンタンに、

 

もっともっと、
ダーティに、

 

もっともっと、
意味を深く掘り下げて還元して
説明するとすれば・・・

 

残る言葉は一つだけです。

 

「儲けるために実施する、すべての行い」

です。

 

 

wikipediaなどで調べてみると、
このような堅苦しい説明が出てきます。

 

マーケティング(英: marketing)とは、

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典:Wikipedia

 

 

なんだか、読んでいて、
「ん・・・?」と立ち止まってしまうのです。
いまいち、ピンと来ないのです。

 

 

実は、この“マーケティング”という
言葉、いろいろな

 

  • 考え方
  • 捉え方
  • 解釈

が存在するので、

 

一概に、「コレだ!!」と言えるような
説明はできないのです。

 

そこで、マーケティングという言葉を知っている
人に「マーケティングって何ですか?」
と聞いたとしたら、

 

以下のような回答が返ってくる傾向があります。

 

 

一つずつ羅列していくので、

 

これでアナタの疑問が払拭できるような、
アナタ自身が納得できれば、
有難く思います。

 

 

“商品をより多く販売して、利益を上げる事”を定義とする例

 

 

この世に存在する、 できるだけ多くの人たちに、 商品を売っていくのが マーケティングだとする例

 

つまり、より多くの不特定多数の人達に、
自社の商品を売っていく事です。

 

 

“市場を分析する”のが定義とする例

 

自分が商売をする上で、どの市場が、
もっとも利益を生みやすいのか?

という、市場を見極めて考えていく事を、
「マーケティング」として認識している人もいます。

 

つまり、

 

(どういった場所・場面・状況で、
自社の商品を売っていくのが
最も激アツなのか?)

 

 

と考える事です。

 

“どんな相手がどんなモノを欲しがるのか?”を考えるのが「マーケティング」とする定義

 

誰に自社の商品やサービスを提供するのか?
を考えてターゲッティングする事
「マーケティング」だと言う人もいます。

 

 

つまり、

どんなお客さんをターゲットとして、
狙いを定めていくか?

 

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 職業
  • 役職
  • 年収
  • 趣味
  • 特技
  • 価値観
  • 家族構成
  • 生い立ち
  • 休日の過ごし方
  • ライフスタイル
  • その他・・・

を綿密に調べ上げた後、

 

そういった人たちが、
どんな悩みを抱えているのか?
どんな状態に持っていきたいのか?

 

そして、そういったニーズを満たす商品が
作れたとして、

 

どういった方法で売っていくのが、
一番ベターなのか?

 

  • 「この世に存在するどんな人物が、私たちの商品やサービスを欲しがるのか?」
  • 「その人達がどんな商品を死ぬほど欲しがるのか?」
  • 「どんな方法で売れば、買い求めてくれるのか?」

 

を考えて商品を売り出していく

・・という事をマーケティングという言葉の意味として
捉えていくのもあります。

 

 

“売れる仕組み”をつくるのが定義とする例

「“売れる仕組み”を作る事」が、
マーケティングだと定義する人もいます。

 

売れる仕組みとは、

 

「どのようにアプローチしていけば、買ってもらえるのか?」

ではなく、

 

「どうすれば、こちらから積極的に接触しなくとも、相手が自分の意思で自分から買うのか?」

という、

 

「売る」ではなく、「売れる」
事をいいます。

 

そのため、まず、市場調査をします。
そうする事で、

 

自分が相手としているお客さんが、
どんなニーズを抱えていて、
どんな商品を欲しがっているのか?

を調べてみるのです。

 

何が売れて、何が作れるのかが
大体把握できたら、

 

次に、どうやったら売れるのか?
を考えていきます。

 

・・・このように、
最初から最後まで仕組みを一通り構築して、

 

自分が、「この商品イイんですよ!買いませんか?」
という感じで売り込むのではなく、

 

 

むしろ逆に、相手の方から、
「お願いします!売ってください!!」

 

と、頼み込むような状態に持っていく事を
マーケティングと捉えている人もいます。

 

最低限の労力で、効率的に売れるようにするのが定義とする例

 

どうすれば、一番、

  • コストがかからず、
  • 人件費を割く事なく、
  • 短時間で、

・・・というような、商品を売っていく上で、
マイナスになるであろう要素すべてを、
最低限にして、

 

尚且つ、最大限の利益を生むには、
一体、どうすればいいのだろうか?

 

と考える事を「マーケティング」と捉える例もあります。

 

 

誰よりも、わかりやすい情報をコンテンツとして伝える事を定義とする例

 

コレは、本題から少しズレそうな気がしたのですが、
念のため、載せておきます。

 

知りたいという欲求を抱いている人に、
“コンテンツ”すなわち、

 

  • ブログの記事
  • 動画
  • 映像
  • 音声

 

などを駆使してできるだけわかりやすく、
丁寧に説明していく事で、

 

知りたいという欲求を満たした相手に対して、
恩を感じさせたり、ファン化させたりして、
お客さんに変えていく事

 

コレも“マーケティング”
と言えます。

 

ただ、もっと厳密に言うと、
“コンテンツマーケティング”
といった方が、正しいかもしれません。

 

このコンテンツマーケティングに取り組んでいく上で、
度外視できない事があります。

 

それは、

“自分にとって都合のイイ情報だけを伝えてはいけない”
という事です。

 

つまり、
相手が知って役立つかどうか?
ではなく、

 

お客さんの「疑問」や「知りたい!」
という強い欲求を満たす事なく、

 

相手側にとって本当に役立つ情報を
提供する事なく、

 

自分が商売をする上で、
自社の商品やサービス等が売れやすく
なるような情報だけを

 

 

一方的に相手に渡して、
買いやすい状態に持っていく行為
は止めておいた方がいいのです。

 

 

つまり、騙すって事です。

 

 

例えば、

アフィリエイト報酬を得るために、
実際に使った事のない商品を、
オススメ商品として紹介したり、

 

報酬単価の高い順に、
ランキング形式で売ってしまう事などを言います。

 

 

上手い具合に、相手を信じさせて、
本来買わせるべきでないようなモノを
ちゃっかり買わせてしまう事

 

コレは最終的に敵を作ってしまうだけ
なので、オススメしません。

 

 

そうするよりも、

 

 

全部赤裸々に情報を丸出しして、
具体的かつ、わかりやすく説明して、

 

商売をする上で、多少不利になってでも、
お客さん側の視点にたって、
メリットとなるような情報を提供する

 

 

・・・という事をやった方が、
最終的に、相手をファン化させる事ができます。

 

 

最後に。

 

今あげた例は、すべて“マーケティング”
の一つです。

 

もし、アナタがネットで何かしらの
ビジネスを始めるとしたら、

 

「マーケティング」っていう言葉を
嫌って程、聞くハズです。

 

避けては通れない道なので、
一生懸命勉強しておくと、
後で役に立つ日が必ず来ます。