メルマガの実績が無い

こんにちは。ハゲデブです(  ´^ω^`  )

皆さん、メルマガを始めてみたはイイものの、

 

「実績が無いから、

どんな情報を発信していいか分からない。」

と悩んでいたりしませんか?

 

『今まで何も成しえなかったし、

何の実績もないから、誰も興味を持って

くれないだろうから、手が動かない・・』

 

と思っているんであれば、

それはとても大きな間違いで、

 

誰にでも、情報を発信する権利があるよ。

という話をしていきたいと思います。

 

実績を気にして発言を渋るのがナンセンスな理由

 

1.実績があるかないかというのは、あまり誰も見ていない。

 

まず、最初に、

コレだけは知っておいてほしいのです。

 

アナタのブログに訪れた相手は、

相手がどんな実績がある人物か?

という事にはあまり重きを置いていないのです。

 

勿論、多少興味を持てば、

気にもなりますが、

 

どちらかというと、

『アナタがどんな実績を

残してきたか?』ではなく、

 

『アナタが私に対してどんな価値、

情報を提供してくれるのか?』

 

について、興味関心を抱いています。

 

つまり、

 

  • 月収100万円突破しました。
  • フォロワー○○人突破しました。
  • 読者からいろんなプレゼント貰いました。

 

というような、

 

『これまでにどのような実績を残し、

どのような輝かしい経験を積んできたのか?』

 

ではなく、

 

  • 私は、アナタをこんな風に変える事ができます。
  • 私は、アナタにこのようなスキルを伝授します。
  • 私は、アナタの未来をこのようにしていけます。

 

・・というような、

どんな風に私を変えてくれるのか?

アナタの情報発信を受け取る事で、

どんな風に変化できるのか?

 

について知りたいのです。

 

例えばです。例えばの話なんですが、

アナタは今現在、ブログで稼げなくて、

悩んでいたとします。

 

そこで、ちゃんとブログで稼いでいる人

の情報発信をヒントにしながら、

スキルアップを図ったとします。

 

すると、ちょうどタイミングよく、

アナタの目の前に、

 

「私は今現在、コンスタントに

月100万円をブログから稼ぎ出しています。」

 

と公言しつつ、ちゃんとソレを証明する

実績を提示した人がいたとします。

 

見たところ、捏造やウソの類ではなく、

ちゃんと自分の実力で勝ち取ったもの

なんだとアナタは判断します。

 

「あ、スゴイ!この人はちゃんと月100万円稼いでるんだな!ブログやメルマガの情報発信を読んでみよう!!」

 

と、なりました。

 

それで、メルマガを登録し、

いざその情報発信を目の当たりにしたら、

こんな事が書かれてありました。。。。

 

 

 

情報発信で実績がない

 

「うんちぶりぶり」

 

 

・・・・え?

 

 

これ以降も、送られてくるメールは

「うんちぶりぶり」としか書かれていません。

 

 

その人から、ブログで稼ぐための

有益な情報を得るつもりだったのに、

 

蓋開いて読んでみれば、低レベル極まりない

発言しか繰り出していないのです。

 

なにも得る事もなければ、

何も学ぶ事もありません。

 

唖然です。

開いた口がふさがりません。

 

 

もし、本当にこんな事があったらどうでしょうか??

 

「なんじゃこりゃ。」

 

 

そう言いながら、

アナタはそのメルマガを解除するハズです。

 

・・・コレは極端な例え話でしか

ありませんが、実質はこんなモンです。

 

つまり、

 

嘘じゃなく本当にブログでちゃんと

稼いでいて、尚且つ、それを証明する

モノを提示していたとしても、

 

情報発信に価値を感じてもらえなければ、

相手は離れていくのです。

 

 

情報発信はあくまでも、

『情報ありき・内容ありき』で、

 

いかに有益な情報を届けていくか?

という事に重きを置くべきで、

 

いかに煌びやかで輝かしい実績を

相手にチラつかせるか?ではないのです。

 

実績はあくまでも興味の入り口や、魚を

おびき寄せるための“撒き餌”でしかないのです。

 

もっというと、

 

  • ブログで○○円稼いでます!
  • 体重○○キロ痩せました!
  • ○○大学に受かりました!
  • TOEICで○○点取りました!

 

このように、実際にアナタ自身が

何かしらの結果を出したとしても、

 

相手に同じような恩恵をもたらす力が

無かった場合、

 

読んでいる相手からすれば、

“実績が無いのとおんなじ”なのです。

 

 

逆に、どんなに経験が浅くとも、

どんなに記事数が少なくとも、

 

本当に読者にとって有益でタメになるような

情報発信をしているのであれば、

 

実績の有無は関係なく、

読者は増えていきます。

 

 

2.実績があるかないかは、そもそも話す必要がない。

情報発信で実績無し

 

もちろん、

 

  • 「今日始めたばっかですが、一生懸命、情報発信していきますので、よろしくお願いします!!」
  • 「なんも知りませんし、収入0ですが、ブログで稼いでいく方法をアナタに伝授します!!」

 

・・と、あまりにもストレートに

実績が無い事を話してしまっては、

 

その時点で、相手は話を聞く意欲を

無くしてしまうかもしれませんが、

 

“実績がない事”を、あえて自分から

バカ正直に話す必要は無いんです。

 

自分から不利益になるような事を

発言したとしても、プラスになる事

なんてほとんどありません。

 

強いて言えば、

 

『あ、この人自分に実績が無いことを正直に話してくれたんだなぁ~』

程度のものでしかないのです。

 

面接やプロポーズも同じです。

 

『人のハナシ聞かずに一人だけみんなと

違う事をしたり、暴走する事があります!』

 

『浮気性で、機嫌が悪い時は暴力を振るう事

もあるDV野郎ですが、結婚してください!』

 

・・・なんてアピールしませんよね?笑

 

また、読者は相手が本当に実績を残している

かどうかなんて調べようがありません。

 

そのため、実績が無いことを

自分からあえて言う必要なんてないんです。

 

 

 

ただし、実績を捏造してしまうのはダメです。

 

ぶっちゃけ、合成技術やペイントソフトが

充実した昨今、実績を捏造しようと思えば

いくらでもできてしまいますし、

 

実際に、“ウソの実績”を見せびらかし、

読者を集めようという不誠実な輩もいます。

 

ですが、上にも話をした通り、

あくまでも、『情報ありき』ですので、

 

もし仮に、そのようなイレギュラーな

やり方で実績を捏造し、

 

読者を集める事ができたとしても、

人に教える実力が無いワケですから、

 

すぐに見抜かれて、相手に詐欺師的な印象を

植え付けてしまった挙句、

折角集めた読者が離れていってしまうのです。

 

そうしたら、

どんな未来が待っているでしょうか??

 

相手はソッコーで

  • Facebook
  • twitter
  • YouTube
  • 自身のブログ

 

を駆使して、

アナタの評判を落としにかかります。

 

もし万が一そうなってしまえば、

アナタは今後、“情報発信”というジャンルで

生計を立てていく事は出来なくなってしまうでしょう。

 

・・・つまり、ウソの実績を捏造して

人を集める行為は、

 

今後のビジネス的にも、倫理的にも

やってはいけないのです。

 

3.実績を掲げないほうが有利に働く事もある。

 

アナタが情報発信をしているその分野で、

実績として使える“立派な要素”があるので

あれば、大いに利用していくべきかもしれません。

 

・・・ですが逆に、実績を掲げないほうが、

相手の心を掴む場合だってあります。

 

というのも、本当に読者にとって、

有益な情報を発信し、

相手に信頼されたのであれば、

 

「・・・こんなにスゴい情報発信してるんだから、

もしかしたら、自分から実績を見せびらかさないだけで、

実際にはめっちゃ稼いでいるスゴ腕の“情報発信者”なんじゃないか?」

 

・・・という風に、相手の方から

想像を膨らませてくれる場合もあるのです。

 

つまり、実績が無くとも、実際に発信していく

情報に価値を感じてもらえれば、

相手自ら興味を持ってくれるのです。

 

実際に、稼いでいる年収や実績を表明していなくとも、

バカみたいに稼ぎ出す“猛者”は結構ゴロゴロいます。

 

4.あまりにもイイ実績があっても、志の低い人しか集まらない

 

あまりにも、万人が食いつきそうな実績を

見せて、多くの人達を集客できても、

逆に不都合を被る可能性だってあるのです。

 

このように言ってしまうとちょっとアレですが、

いかにも、

 

  • 「短期間で!」
  • 「始めてスグに!」
  • 「知識0の状態から!」
  • 「○○円稼ぐ!」

・・こんな感じで、楽で簡単で短期間で、

なんの努力も無しに結果を出せる方法を、私は知っているよ♪

 

というようなスタンスで実績をアピール

してしまうと、

必然的に志が低い人達が集まってしまいます。

 

逆に、情報発信する上で、“濃ゆい客”

なってくれるであろう人達は、真剣に情報を

選んで、努力する姿勢があるので、

 

上に示したような、いかにも

“甘い夢を見せる実績”等に引っ掛かる事は

ほとんどありません。

 

このような実績にホイホイ惹かれるような

人達は、言い方がちょっとアレですが、

 

副業感覚といいますか、

出来るだけ短期間でラクに結果を出したい

という貧弱なマインドでたどり着いたので、

 

基本的に“一生懸命頑張って、結果を出す”

という覚悟が定まっていません。

 

少し躓くと、いともカンタンに

諦めてしまう傾向があります。

壁に直面するとスグに逃げてしまうのです。

 

そのような人達がアナタの情報を受け取る

相手だったらどうなってしまうでしょうか?

 

いくらこちらから賢明に情報を差し出しても、

いくら『この人を成功させよう!』という

 

情熱を燃やしても、マインドが貧弱なので、

すぐに“できない理由”を見つけ、

 

「なんだよ!できねぇじゃねえか!」

と平気で文句やワガママをたれ流します。

 

・・・つまり、あまりにも万人ウケしそうな実績

を掲げる事が出来た場合、

多くの人達を集客できてしまいますが、

情報発信する上で邪魔になるような人達も

同じように吸い寄せる形になってしまうので、

 

“立派すぎる実績”が万能か?

と聞かれると、必ずしもそうではないのです。

世の中、常にメリット・デメリットは

つきものです。

 

 

最後に。

 

情報発信で実績が無いから、

どうしていいか分からない

と悩むのは、心の底からナンセンスです。

 

面接みたいなものだと思ってください。

 

アナタは面接を担当する人事、

もしくは雇用主です。

 

履歴書は立派なのに、

いざ雇用して働かしてみたら、

全く使い物にならなかったら、

 

「なんでこんなの雇ったんだろう・・」って

ガッカリしてしまいますよね?

 

思いのほか、仕事でつかえない人物だった

というのであれば、まだマシです。

 

それよりも、

『すいません、実は、履歴書にウソ書いてました。。』

だったら、もっとガッカリさせられませんか?

 

逆に、履歴者は新品同様の

真っ白ピカピカでも、

 

実際に働かしてみたら、

スゴい実力を持っていて、

 

大きく組織に貢献してくれたら、

どうでしょうか?

 

『・・・アレ?過去に何をしたかなんて、

案外アテにならないんじゃ・・・』

 

と思いませんか?

スポンサーリンク