FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

あなたに、いいコト みんなに、いいコト というキャッチコピーで世の中に普及した「マイナンバー制度」

 

実際、マイナンバー制度ってどういうものなのか皆さんはご存知ですか?

普段の生活の中でどのように役に立つか考えたことはありますか?

 

 

マイナンバー制度ってなんだ??

正式名称を国民総背番号制(こくみんそうせばんごうせい)といいます。

 

これは、「マイナンバー」という12ケタの固有番号を国民全員に割り振る事で、ある特定の人間を識別したり、

行政によるサービスをやりやすくしたり、各種手続きを簡略化したりなど、「行政・国民の負担を軽くする」ために施行された制度の事です。

 

今の日本では、年金番号・健康保険番号・パスポート・納税者の整理番号・運転免許証などのいろんな番号が存在します。

 

それを各行政機関がそれぞれに番号を振って管理しているため、手続きを行う際に非常に煩雑で面倒になってしまいます。

 

そこで、それら番号をひとまとめにして管理をやりやすくしようという試みの下で実施されました。

 

 

このマイナンバー制度があると具体的にどのような負担が減るのでしょうか?

 

マイナンバーによってどんな風に変わるの?

 

このマイナンバー制度があることで、公的な手続きがカンタンになります。

 

例えば、児童手当や年金などの(手当・・・てあて 給料以外で支給されるお金の事)手続きを行う際、

また、確定申告などの税を納める際など、

これまで必要だった所得証明書などの「事前に用意するべき書類」を揃える手間が省けます。

 

また、マイナンバーという番号で情報が一元的に管理されるので、

 

「こういった手続きがしたいんだけど、どこで申請すればいいんだろう?」という

煩わしい疑問も払拭されるようになります。

 

そして、行政面でもメリットがあります。

 

管理している行政機関が別でもマイナンバーを使う事で、照会がしやすくなり、事務的な負担を減らせるのです。

 

管理が昔よりも楽になるので、ヒューマンエラー(人為的なミスの事)などで、年金記録がなくなり、

年金の受給資格が無くなるなんていう非常に恐ろしい事態に直面しないで済むようになります。

 

マイナポータルってなんじゃい?

マイナポータル(情報提供等記録開示システム)とは、

マイナンバーに関連した個人情報を自分で確認できるポータルサイトの事です。

 

例えば、

 

・自分と行政機関がどのようなやりとりをしたのかを確認する

・行政機関からどんなサービスが提供されているか確認する

・個人情報が法定外で不正に利用されていないか確認する

・クレジットカードを用いて税金や社会保険料などの公的決済を行う

 

というような事が可能になります。

 

 

マイナンバー制度は、行政側にとっても私たちにとってもWINWINで、

 

普段の生活をより快適に、行政事務をより簡略化してくれる制度です。

 

こういったアイディアや考えが世の中にどんどん導入されれば御の字ではないでしょうか♪

 

 

 

 

AZARASSY

ちなみに、マイナンバーを教えていいのは、国・地方自治体・勤め先だけです。それ以外で「教えてください」と言われたらほぼ100%詐欺なので気を付けてくださいね!

スポンサーリンク