こんにちは。ハゲデブです。( ´^ω^` )

 

最近思ったのですが、ネットビジネス業界がどんどん広がりを見せていくにつれて、結果を出して成功する人たちが増え、

 

それにインスパイアされた人達が、まっさらな状態からネットビジネスに参入する事も多くなってきました。

 

ネットビジネスで一旗揚げよう!という意気込みで始めるのは大いに結構な事なのですが、始める前に確認したほうがいい重要なポイントがあります。

 

今回はその5つのポイントについてまとめてみました。

 

ネットビジネスで失敗したくないなら確認しておいた方がいいポイント

 

1.仕事以外の時間を犠牲にできるかどうか?

ネットビジネス参入する際のポイント

個人的にはコレが一番重要だと思っています。

 

 

つまり、仕事をフルで働いた後、クタクタの状態でも継続できる意思があるかどうか?です。

 

もっと言うと、私たち人間にとって貴重な“時間”という概念を犠牲にできるか?が一番重要だと思っていて、

 

 

もし、アナタが仕事が終わった後は遊びたい!酒をを飲んでダラダラしたい!という発想を抱いているのであれば、まずはメンタル面から改善の余地があるのではないか?と私は考えています。

 

ぶっちゃけ、ネットビジネスに限った話ではありませんが、どんな分野であれ、成功するまでには多少の時間が掛かるのです。アナタの本気度や努力次第で明暗が分かれていきます。

 

1ヶ月後にはそれなりの成果や、予想を上回る程、びっくりするような収益が稼げるかもしれませんし、もしかしたら、3~4年経っても、月に数百円~数千円しか稼げていないようなレベルかもしれません。

 

 

ですが、どちらにせよ、ある程度の時間は投資する必要があるのです。

 

 

結果が出るまで、“0から1に変化するまで”の間、収益が0の状態でも続けていく根性があるかが問われてきます。

 

2.実践する方法やノウハウはそれで間違いないのか?

ネットビジネスでの分岐点

次に、ネットビジネスへの参入を決めたとして、どんな方法でどうお金を稼いでいくのか?という、“方法・手段”についてできるだけ深く考えてみてください。

 

コレは、その時代で旬なビジネスモデルなのか?時流に乗っていて最先端なのか?という視点ではありません。

 

 

時代に左右されることなく、稼げる手段であるかどうか?にフォーカスして絞っていってください。

 

 

つまり、“ブログがオワコンだから、次は動画市場だ!”というように、ネットビジネスで大物として君臨している人達の発言を鵜呑みにして、手段や方法をコロコロ変えるのではなく、

 

 

ある程度、時代の変遷が伴っていても、相手が価値を感じる事ができるかどうかを判断基準にしてほしいのです。

 

 

例えば、ブログで稼いでいくのであれば、“SEO対策”という一連の取り組みについては非常に有効で、客を呼び寄せる手段としては、避けては通れないような重要な要素でした。

 

 

しかし、ネットビジネスに参入してくる人が増加した上に、有名な企業や業者、それ専門の対策業者が台頭してきた以上、SEO対策重視で戦っていくのが難しい状態になってしまったのです。

 

 

つまり、そうなってしまった以上、“SEO対策”というテーマでブログを執筆していったり、情報発信していったりするのは、あまり得策ではないのです。

 

 

なぜなら、グーグルの機嫌一つで検索順位が下落してしまったり、その他大勢のライバルを相手に“SEO”というジャンルで戦って疲弊してしまう事になるワケですから。

 

 

であるならば、今後、時代の流れやトレンドに左右されないような分野を土俵にしていく必要があるのです。例えば、“コピーライティング”がそうです。

 

 

“コピーライティング”というジャンルも、海千山千の猛者ばかりではありますが、

 

 

人の心や考え方について深くを絞っているので、極めていけば、ネットビジネス以外の分野でも稼げるようになってしまいますし、時代の流れによって人の心理が大きく変わってしまう事はありません。

 

 

手段を間違えたまま、全力で取り組むのは正直、大きな痛手でしかありません。アナタがどのような目標を持っていて、どんな定義で成功を捉えているのかにもよりますが、

 

少なくとも、“ネットビジネスでお金を稼いでいく”という目標を掲げているのであれば、ソレと全く関係ないような、結果に反映されないような無駄な寄り道は塞いでいく必要があるのです。

 

 

例えば、長時間デザインに拘ったり、作業効率や量を重視しすぎて肝心の記事や中身がおろそかになっていたり、目先の利益にとらわれすぎて優先順位が極めて低い行動を取ってしまったり。

 

 

勿論、見た目も重要ですし、効率的に動いていったほうが要領いいでしょうし、量もできるだけ多くをこなすべきですが、本当に大事な事や本質に目を背けてしまっては本末転倒です。

 

 

そのようなスタンスでネットビジネスに邁進してしまった場合、最終的に期待外れの結果に終わってしまいます。

 

 

 

3.情報やノウハウにお金を差し出せるかどうか?

 

勿論、なんでもかんでもお金を出してノウハウコレクターになれといっているワケではありませんが、

 

 

あまりにもケチりすぎて、無料の情報やノウハウにこだわってしまうと、出てくる結果も“値段相応”のものしか出てきません。

 

 

何をするにしても、ある程度の投資は必要になってきます。例えば、釣りをイメージしてみてください。

 

 

今から大きな鯛を釣って儲けるつもりなのに、「金稼ぐつもりなのに、“エサ代”にお金使ったら本末転倒じゃん。。」と言って、

 

 

餌もなにも付いていない釣り針のみで海に糸を垂らしているようなものです。

 

 

これじゃ、鯛はおろか、小さな魚ですらも寄ってきません。

 

 

奇跡的に何か釣れたとしても、全く見当違いの何かが釣れる結果に終わります。海藻であったり、ゴミであったり・・・

 

 

兎にも角にも、無料のものにはそれ相応の理由があったり、それ相応の価値しか帯びていないのがほとんどです。

 

 

その反面、有料のものは多少のお金が犠牲になってしまいますが、それに見合った価値があるものがほとんどですので、

 

 

アナタがネットで何かしらのビジネスを興すのであれば、投資するべきところはきっちりと投資したほうが成長が早かったり、成果が出やすくなります。

 

 

4.好きなものであるかどうか?

 

もし、ネットビジネスを始めるにしても、その分野に対してさほど興味がない、もしくは、続けていく上で苦痛になるであろうものは絶対に避けておくべきです。

 

というのも、本業の合間を縫ってネットビジネスを始める人が大半だと思うので、仕事で疲れた後に、やっていてつまらない・楽しくないと思えるような分野で始めてしまっても、最終的には挫折してしまうケースがほとんどです。

 

 

当たり前の話かもしれませんが、できるだけ、“興味はないけど儲けやすい分野”よりも、

 

 

“興味もあるし儲けやすい分野”に絞ったほうがいいです。

 

 

 

5.市場にニーズが存在するのかどうか?

ネットビジネスでの相手のニーズ

例え好きな分野であっても、市場にニーズが無かったり、大半の人達がそっぽを向いてしまうような分野やジャンルはオススメできません。

 

 

いくらアナタが好きであっても、興味が無ければ人は寄ってこないからです。

 

 

例えば、“蛇口”という分野で情報発信をしたとします。

 

「このブログは“蛇口”の事をメインにした“蛇口ブログ”です。

世界中の蛇口について調べたり、

蛇口についての豆知識やルーツなど、

“蛇口”に関してのすべてを解説していきます。」

みたいなブログを作ったとします。

 

これだと、“蛇口”に興味のある人しか寄ってきません。

 

 

というか、“蛇口”に関して並々ならぬ愛情を注いでくれる人は世界中にどれほど存在するのでしょうか?ましてや、その中で日本語が通じる日本人は何人いるのでしょうか??・・

 

 

あまりにもジャンルがニッチ過ぎる場合、人を集客できないのです。

 

 

もし、今からネットビジネスに参入するのであれば、本当にその分野は需要が存在していて、ビジネスとして成り立つに充分な数の顧客やターゲットがいるのか?について深く調べておきましょう。