ペルソナ設定は個人ブログにはあまり必要ないと思う件。

 

こんにちは。なかです。
今回は、よくマーケティングに応用される、
“ペルソナ設定”について思う事を書き綴っていきたいと思います。

 

ペルソナマーケティングってなんだ?

ペルソナ設定とブログの関係性

一応、知らない方の為に、説明を用意するとしたら、
概ねこのような認識で差支えありません。

 

ペルソナ(persona)とは、
サービス・商品の典型的なユーザー像のことで、
マーケティング関連において活用される概念です。

 

実際にその人物が実在しているかのように、

 

年齢、性別、居住地、職業、
役職、年収、趣味、特技、
価値観、家族構成、生い立ち、
休日の過ごし方、ライフスタイル……

などリアリティのある詳細な情報を設定していきます。

 

 

ちなみに、マーケティング関連の用語の中に、
ペルソナと似た言葉として「ターゲット」
「ターゲットマーケティング」というものがあります。

 

実は、混同してしまっているという方も多いのではないでしょうか。

商品・サービスのユーザー像を考えるという点では
ターゲットもペルソナも同じですが、
人物像の設定をどれだけ深くするかが違います。

 

「ターゲットマーケティング」よりも
「ペルソナマーケティング」の方が、
より深く詳細に人物像を設定していきます。

 

具体例としては、以下のとおりです。

例1
・ターゲット
20代〜30代、女性、主婦、料理好き

・ペルソナ
山田花子
28歳
女性
専業主婦
都内に住む

夫、長女(5歳)、次女(3歳)の4人家族
料理、カフェめぐり、ランチが趣味
Instagramで料理系のアカウントを日頃チェックしている
自身もレシピブログを開設している
友人とのやり取りではLINE、Facebookを使用することが多い

 

 
このような、
 
あたかも実在しているかのように人物像を設定し、
その人が商品を欲しがるようにマーケティングを仕掛けていく事を、

 
業界用語では、
 
  • “ペルソナマーケティング”
  • “ペルソナ設定”
と呼んだりします。
 
 
なぜ、ペルソナ設定が重要かというと、
ただ闇雲に情報を発信するよりも、
 
 
ある程度具体的にターゲット像が
明確に絞れていれば、
 
 
その後のマーケティング展開を有利に進められたり、
相手にとって“刺さる文章”が書けるからです。
 
 
ブログにおいても同じことで、
不特定多数の人物に向けて当たり障りのない
文章を書いていくよりも、

 
少数の人間が反応してくれる記事を書いたほうが、
後々マネタイズしやすくなります。

 
 
 
コレは非常に重要な考え方で、
何かしらのビジネスを展開している大企業や
マーケッターは必ずと言っていいほど、
 
 
「相手がどんな人物でどんな商品を欲しがるか?」
を念入りに調べ上げて商品を作成していきます。
 
 
 
つまり、相手に商売をしてお金を儲けたいのであれば、
この、“ペルソナ設定”ができるんであれば、
やった方がイイに越したことはありませし、
 
 
ブログで情報発信をする場合にも
同じことが言えると思います。
 
 
ただ、ココでちょっと冷静に考えてほしい事があります。
 
 
 

相手を徹底的に調べ上げる資金も時間もないのであれば、”ペルソナ設定”しない方がいい。

 
 
確かに”ペルソナ設定”は非常に重要で、
よく、
 
 
  • 初心者向けのセミナー
  • 高額塾
  • ブログの稼ぎ方を綴ったブログ
  • 書籍
  • 教材
 
などに、
「ペルソナを設定していきましょう!!」
 
 
みたいな感じで”ペルソナマーケティング”を
勧めている人が多いのですが、
 
 
個人的にはオススメできないものと
思っています。
 
 
なんでかというと、
 
 
“ペルソナ設定”が、ブログやビジネスでの
マーケティングでその効果を発揮するのは、
ちゃんとした
 
  • 「統計」
  • 「調査結果」
  • 「検証」
 
があった場合だからです。
 
 
つまり、莫大なお金と大量の時間をつぎ込んで、
徹底的に市場をリサーチして、アンケートを取り、
 
 
信憑性の高い情報やデータを集めて、
試行錯誤した上で、世の中に商品をリリースできる力を持った
大企業だからこそ成しえる技で、
 
 
そこまで徹底的に調べ上げる時間も労力も割けない、
その為に必要な資金も持っていないであろう一個人が、
 
 
手間隙の時間を使って”ペルソナ”を設定した場合、
マーケティングする上で的外れな人物像ができあがる可能性があるからです。
 
 
 
よく巷で目にするのは、
 
・名前
・性別
・年齢
・職業
・血液型

・収入
・家族構成
・居住地
・趣味
・休日の過ごし方
・好きな雑誌やメディア
・担当している主な業務
・悩んでいること
・チャレンジしていること
・検索(連想)しているキーワード

このようなモノを設定していきましょう!

 
というものであったり、
酷いものに関しては、
 
もし、自分で設定しきれないと思ったのであれば、
自分自身もしくは、周りにいる友達や兄弟を
人物像として設定していきましょう! 
 
なんてものまであります。
 
 
冷静に考えてみてください。
 
 
ちゃんと調査・検査していない情報でない限り、
こういった、血液型であったり、
性別であったり、名前であったりの詳細な情報を細かく設定していくような
ペルソナ設定はあまり意味がありません。
 
 
いざ血液型を絞って、
相手がその血液型に該当した場合、
 
 
相手がいとも簡単に
そのマーケティングに引っ掛かるものでしょうか?
 
 
自分自身をモデルにペルソナ設定した場合、
自分とは真逆をいくような思想、考えを持っている人物を
度外視してしまうカタチになってはしまいませんでしょうか?
 
 
 
 
上にも書いてますが、”ペルソナ設定”で重要なのは、
 
ちゃんと調査・検証が出来ている上で、
信憑性のある情報や要素をあぶりだし、

その統計をもとに、市場に最も多い
であろう人物像をターゲットとして設定したり、

その人物像(相手)に響きそうなコピーや
魅力を作り出していったり・・

 
というのが重要であって、
 
市場やターゲットの事をロクに調べもしない状態で
ペルソナを固めていく事にあまり意味はありません。
 
 
 
 
 
例えば、「ブログの稼ぎ方」というテーマで
情報を発信していくつもりでペルソナ設定するとします。
 
 
この場合、ブログで稼ぐのに、
 
  • 名前
  • 職業
  • 血液型
  • 出身地
  • 家族構成

という要素はあまり関連性がありません。

 

これらの要素をいかに具体的かつ、
こと細かく設定しても、そもそも関連性がないので、
時間のムダでしかないですし、

 

万が一、相手がその設定から外れてしまった場合、
「あ、自分に向けて書いた情報ではないな・・」
と、相手が離れていく可能性だってあるのです。

 

 

つまり、テキトーにペルソナ設定してしまった場合、
むしろ逆効果でしかないですし、

 

もっというと、自分に親しい人物や、
自分自身を設定してしまう事は最早、論外です。

 
 
もし、アナタ自身の性格や年齢、
職業、考え方などが、市場にいる多数のターゲット像と
ドンピシャだった場合は有効かもしれませんが、
 
 
そんな都合のイイ奇跡なんてそうそう起こりません。
 
 
勿論、ペルソナマーケティングは意味がないと
言っているワケではありませんが、
 
 
それは、「ちゃんと調べ上げていく」
という明確な執念があった場合に限っていて、
 
 
  • 「どうしていいか分かんないから、自分で設定しちゃおう」
  • 「とりあえず、自分が勝手に想像した架空の人物にしよう」
  • 「親しい人をペルソナ像として参考にしちゃおう」
 
 
・・というような不用意なペルソナ設定をした場合、
 
マーケティングする上で、
不必要な事を具体化してしまったり、
本来のターゲットからすると、
 
てんで的ハズレな結果に終わってしまいます。
 
 

では個人でブログを書いている人はどうすればいいのか?

 
 
よく、言われているような、
 
  • 名前
  • 出身地
  • 性別
  • 趣味
  • 家族構成
  • 休日の過ごし方
 
こういった、その人の設定的な要素を
必死に考えて設定するよりも、
 
 
どういう悩みを抱いていて、
どんな願望を持っているのか?
 
 
という内面的な要素を注意深く探っていく
方がまだ生産的だと思っていて、
 
 
よく調べていない状態で、
自分一人の想像で、下手に人物像を練ってしまうと、
 
 
本来、ターゲットになりうるであろう人物を
自分から除外してしまう結果になってしまうので、
注意してください。