FavoriteLoadingお気に入りに登録

2017年度の新入社員のタイプは「キャラクター捕獲ゲーム型」日本生産性本部が発表

企業研究を行う日本生産性本部によると、

今年の新入社員は就職内定率が90.6%と高く、

「キャラクター捕獲ゲーム型」と呼ばれているそうです。

 

いったい、この「キャラクター捕獲ゲーム型」とはなんなのでしょうか??

 

 

「キャラクター捕獲ゲーム型」って??

「日本生産本部」の画像検索結果

日本生産性本部(にほんせいさんせいほんぶ)という、

社会の経済や生産性に関して研究や調査を行う日本のシンクタンク

によれば、

 

「ポケモンGO」の画像検索結果

 

いち早く優良企業の内定を勝ち取るために、スマートフォンを片手に

企業の説明会を渡り歩く姿が、「ポケモンGO」のユーザーを彷彿させるとして、

「キャラクター捕獲ゲーム型」とネーミングされているそうです。

立ってスマホを使う人のイラスト(男性会社員・笑顔)

「自分の将来の安定と、企業への貢献の為に、

一生懸命頑張って就職活動をする人達」という捉え方もあれば、

 

「最初は熱中していたのに、すぐに飽きてしまう」というように、

「最初は一生懸命働いていたのに、仕事の忙しさに面食らってしまい

すぐに離職する可能性がある」とも分析されているのだそうです。

 

ちなみに、去年の新入社員は「ドローン型」と呼ばれていました。

 

「ドローン型」はどんな感じ??

「ドローン」の画像検索結果

ドローン(drone)とは、

遠隔操縦型もしくは自律式の無人航空機の事です。

 

もともとは軍事用として開発され、

敵の陣地を空から攻撃したり、偵察用として使用されていました。

 

「ドローン」の画像検索結果

 

最近は民間向けに警備や輸送などにも用いられ、

子供へのプレゼントやおもちゃとして、

ラジコンも発売されています。

 

2016年も就職内定率が高く、

ブラック企業への警戒心や労働条件への関心が高い新入社員が

多かった年でもあったため、

 

操縦者の技術に慎重さが問われ、下手な操縦をしてしまうと

すぐに墜落してしまうドローンになぞらえて、

 

「上司 怒られる イラストや」の画像検索結果

 

「上司や先輩の指導・育成に慎重さが問われ、

キツく説教してしまうとすぐに辞めてしまう『ドローン型』」

としてネーミングされていました。

 

その一方で、「輸送や警備などドローン活用の場が広がっている様に、

社会の転換期での活躍が期待される」とも分析されていました。

 

また、おととしは「消せるボールペン型」とも呼ばれていました。

 

 

 

「消せるボールペン型」はどんな感じ??

 

「東日本大震災」の画像検索結果

 

2015年度の新入社員は、東日本大震災直後に高校を卒業した後、

大学生活を始めた世代が多かったようです。

 

消せるボールペンのイラスト

 

そのため、「状況の変化に対応してきた柔軟性がある」として、

「消せるボールペン型」(何度も書き直せる事から)とネーミングされていました。

 

その反面「酷使するとインクが切れて使えなくなるように、

すぐに離職する傾向がある」と分析していました。

 

 

・・・この3年間、「就職率も高いが、離職率も高い」という

状況が続いているようです。

 

これは、最近の若い人たちが軟弱なのではなく、

最近の企業が過酷な労働条件を強いているからじゃないの?

 

と、思ったりもしてしまいます。

 

「このまま仕事を続けていいのかな?」と

思う事が多々あるのであれば、

 

一度「リセット」を考えるのもアリだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク