上位表示させるためのSEO対策について簡単に1記事でまとめてみた

こんにちは。なかです。

 

今回の記事では、ブログ初心者向けに、

大雑把に”SEO対策”について、
一記事でまとめていきます。

 

ここに書かれている事が、
読んでいるアナタにとって、

何かの気づきやキッカケに昇華できたら、
嬉しい限りです。(´^ω^`)

 

“SEO対策”を難しく考えないで!

 

ぶっちゃけ、
「SEO対策」という言葉を聞くと、

 

なんだか小難しくて、
専門的な知識が無いとダメだという
イメージが沸いてきますが、安心してください。

 

 

勿論、テクニック面や専門的な知識は、
無いよりあったほうがいいに
越した事はありませんが、

 

 

「訪れた読者がどのような意思でアナタのブログに来たか?」
という本質を考えれば、

 

結構シンプルな事ばかりです。

 

 

できるだけカンタンに
説明していくよう心掛けるので、
是非参考にして、上位表示できるように、
頑張ってください。

 

 

1、記事を書く前に必ずターゲットキーワー ド(1~2個)を決める

 

必ず、記事を書く前に、
「ターゲットキーワード」を
1~2個絞っていきましょう。

 

つまり、

⦁ どんなキーワードで検索上位を狙うのか?
⦁ どのようなキーワードであれば、ライバルが少なくて済むのか?
⦁ そもそも検索されているワードなのか?

を徹底的に調べあげていくのです。

 

 

目安としては、
「ビッグワード×○○○○」
というような掛け合わせワードで、

 

検索量が1000~10000程の
検索ボリュームのものを狙っていきましょう。

 

「aramakijyake.jp」
http://aramakijake.jp/

 

 

このサイトは、

⦁ 月間推定検索数
⦁ 検索エンジン/順位ごとの月間検索アクセス予測数

 

を調べる事ができる無料のツールです。
コレを使って、一度調べていきましょう。

 

 

2、検索者はどんな言葉を検索窓に入力し、 どんな悩みを抱えているのか?を意識する

 

例えば、「クリスマスプレゼント」という言葉で
検索した人がいたとします。

 

その時、その人はどんな事を調べたくて、
どんな情報が知りたくて、
この言葉を検索窓に打ち込んだのでしょうか?

 

 

⦁ 彼氏に送るのにピッタリなクリスマスプレゼントを探している
⦁ クリスマスプレゼントをいつ渡すべきか調べている
⦁ 奥さんが喜ぶクリスマスプレゼントを探している
⦁ クリスマスになぜプレゼントを渡す文化があるのか調べている
⦁ クリスマスプレゼントの平均的な予算について探している

 

・・・・というように、
「クリスマスプレゼント」という言葉一つで、
いろんな検索意図がある事がわかると思います。

 

 

話を変えてみて、
「クリスマスプレゼント いつ」

 

という組み合わせだったら、
なんとなく想像がつきませんか?

 

 

このキーワードの組み合わせだと、

「クリスマスプレゼントをいつ、
どんなタイミングで渡せばいいのか?」

という需要がなんとなく見えます。

 

 

 

そこで、

「じゃあ、クリスマスプレゼントを
渡すタイミングについて徹底的に調べて書こう!」

 

という考えに至ったのであれば、
まだ改善の余地があります。

 

 

というのも、この情報に、
もっと+αの情報をのせていくのです。

 

 

クリスマスプレゼントを
渡すタイミングだけではなく、

 

 

⦁ 渡す場所のオススメ
⦁ 渡すプレゼントの中身のオススメ
⦁ プレゼントの渡し方

 

というような情報も添えていくのです。
そうすると、

 

 

「クリスマスのプレゼントを渡すタイミング」
だけしか載っていない記事よりも、

 

1. 「クリスマスのプレゼントを渡すタイミング」
2. 「クリスマスプレゼントとして渡すと喜ばれるもの、トレンド」
3. 「どんな風にアプローチしてプレゼントを渡すのがロマンチックなのか」

 

という情報が載っていたほうが、
より詳しくてユーザーフレンドリーな
記事になります。

 

 

ただ単に、
読者の知りたい情報をのせていくよりも、

 

もっと詳しく、もっと分かりやすく、
掘り下げていくと、検索順位アップに貢献します。

 

 

また、こんなキーワードだとどうでしょうか?
「沖縄 気温 12月」

 

 

パット見、
「12月の沖縄県の平均的な気温を知りたい」

 

という需要があるように思えますが、
それだけではありません。

 

「今年の12月に沖縄県に旅行or出張に行くけど、
どんな服装で赴いていけばいいのか分からない。。。」
という検索需要もあるのです。

 

 

そのため、もし、
このキーワードで検索上位を狙うのであれば、

 

△:12月の沖縄県の気温について詳しく書く
〇:12月の沖縄の平均気温と、その期間に沖縄に訪れる人向けに、どんな服装を
していけば失敗しないのかを事細かに説明する。
◎:12月の沖縄の平均気温と、その期間に沖縄に訪れる人向けに、どんな服装を
していけば失敗しないのかを事細かに説明した上で、持っていくと便利な持ち
もの、冬だからこそ、オススメとなる沖縄の観光スポットや居酒屋」

 

などをのせていく方がより詳しくて、
読者思いの記事になります。

 

 

キーワードの組み合わせを考えたら、
実際にその組み合わせで検索してみて、

 

どんなサイトが上位表示されているのか?
どんな内容か?

 

を調べていき、
上位にいるどのライバルサイトよりも、

 

丁寧で詳しく満足度の高い記事を書くように
努力すると、上位表示に成功します。

 

3、もっと信憑性の高いグラフや図を使っていく

 

著作権フリーのイラストサイトで
記事に彩りを与えるのは結構な事ですが、

 

できるのであれば、
もっとロジカルな図や信憑性の高いグラフ
使っていくように しましょう。

 

フリー素材のイメージ画像だけではなく、
例えば、

 

⦁ 詳しい解説図
⦁ グラフ
⦁ リスト
⦁ アンケートデータ
⦁ 統計資料

 

などを多用するようにしましょう。

 

 

国や官公庁のデータ、
有名な調査機関によるデータを利用して
発リンクも付けていきましょう。

 

 

そうする事で、検索エンジンからも読者からも
信頼されるコンテンツになります。

 

 

このへんの工夫を織り込むようにすると、
競合サイトとの差別化にもなり、
参照元として被リンクが付きやすくなります。

 

 

ちょっと面倒で難儀な作業かもしれませんが、
他人がやらないひと手間を加える事が、
上位表示させていく上で一番重要で近道です。

 

 

3、キーワードは記事タイトルの先頭、見出 し(h1,h2,h3タグ)本文のなるべく前の方に詰める

 

見出しタグは、上手く使う事で、
その記事がどんな情報をのせているのかを、
検索エンジンに効果的に伝える事ができます。

 

そのため、見出しの方にもできるだけキーワードを
使って前の方に詰めていきましょう。

 

ただ、注意点があって、あまりにも不自然に
キーワードが盛り込まれてあると、

 

ペナルティ対象(検索順位が下がる)
になる可能性があります。

 

そのため、以下の2点を守るようにしましょう。

 

1. 見出しは、その直下にある文章の
内容をカンタンに解説したものにする。

2. キーワードを詰め込みすぎず、
自然な文章であるよう意識する。

 

では、例を挙げてみていきましょう。

 

テーマ:SEO対策のノウハウを綴るブログ
狙っているキーワード:「SEO キーワード選定」
記事タイトル:【保存版】効果的なSEOのための対策キーワード選定方法

 

 

 

~良い例~

 

このように、一番下の<h3>だけ、
「SEO対策」というキーワードを
左詰めで入れていて、

 

それ以外の見出しは、
狙っているキーワードを頻繁に出す事なく、

 

割と自然な感じで、
その後の内容を説明できています。

 

次に、内容を変えず、
見出しのみを変えていきます。

 

 

~ダメな例~

 

 

<h2>,<h3>の見出しほとんどに
「キーワード選定」「SEO対策」という
キーワードが入っています。

 

見出しタグにキーワードを詰め込みすぎていて、
少し不自然な印象を受けます。

 

このように、あからさまに
「キーワード」を含めていく行為は、
検索順位下落の原因になります。

 

 

~もっとダメな例~

 

 

 

もっとダメな例です。

見出しタグに狙っている
キーワードを含めすぎですし、

そもそも直下の文章の
説明になっていません。

 

まとめとして、見出しタグを使う際は、

 

1. その文章のカンタンな説明である事
2. 無理に詰め込まない事

 

が重要です。

 

 

文字数はどのくらい書けばいいのか?

 

ブログを書いていくと、
ある疑問が沸き上がります。

 

「1記事にどれくらいの文字数があれば、
検索上位に表示されるのか?」

 

というものです。

 

結論から言ってしまうと、

 

検索上位表示に成功しているブログの記事
は、平均すると、8500文字以上もの長文記事
を投稿しています。

 

ただ、Googleの中の人は、
明確にこうコメントを残しています。

 

「SEOと文字数は関係ない。ユーザーの検索意図を満たしているものが上位表示される。」

 

つまりです、
グーグルは、文字数はそこまで重視していないけど、

 

本気で、ガチで、ユーザー(読者)の検索意図に
沿った内容の記事を投稿しようとすれば、

 

必然的に文字数が多くなり、
結果として、8500文字くらいになる。

 

という事です。なので、

 

「なんでこんなに文字数があるのに、
上位表示されていないんだろう?」

 

という悩みを抱いている場合、

 

・ユーザーにとってムダな情報が混じっている可能性がある。
(“有益な+α”ではなく“必要のない蛇足”が加わった記事)
・そもそも記事の中にユーザーが知りたい情報がのっていない。
(検索意図を把握できていない。内容が読者にとって的外れで
求めている情報ではない)
・他のブログの劣化バージョンのクオリティになっている
(単に情報が少ない、そこまで詳しくない、パクリ)

になっている可能性があります。

 

逆に、上位表示に成功している
ブログやサイトは、

 

1. 読者が知りたい事を把握している。
2. 読者が説明してほしいモノを詳しく説明している。
3. 読者が見やすいように記事を工夫して書いている。
4. 読者にストレスを与えないように表示度を早くしている。

 

という特徴をもっています。

 

・・・という事は、
アナタが書く記事が、
この4つの特徴を抑えていて、

 

尚且つ、どのブログよりも詳しく、
丁寧に説明されていれば、

検索上位に反映する事が
可能なのです。

 

最後に

 

ぶっちゃけ、誰よりも

 

⦁ 簡単
⦁ わかりやすい
⦁ タメになる
⦁ 共感できる
⦁ 表示度がい

 

という特徴を踏まえていれば、
検索上位に挙がっていきます。

 

 

ただ、頭の片隅に入れてほしい事
があります。それは、

もし、アナタが本当にブログで
稼ぎたいのであれば、

 

今後、SEOだけで勝負しようとしてはいけない

 

という事を、
認識してほしいのです。

 

コレについては、
このフリーサンプルの最後の

 

「最後に大事な事」
で触れています。

※パスワードが掛かっていて、
メルマガ登録すると読めるようになります。

 

で説明しているので、
できるだけ目を通すようにしてください。

 

という事で、この記事については終了です。
お疲れさまでした。(´^ω^`)