FavoriteLoadingお気に入りに登録

「DO YOU シーミー」の画像検索結果

 

みなさんは「シーミー」というものをご存知ですか??

漢字で書くと「清明祭」というのですが、今回はこの、
「清明」といものについて触れていきます。

 

「清明祭」(シーミー)とはなんだ??

 

 

清明祭(シーミー)

清明祭(シーミー)とは、沖縄で行う先祖供養の

行事を指す言葉です。

 

例えるならば、本土でいう「お盆」のようなものです。

 

「清浄名潔」という言葉を

「清明」と略したのが由来とされていて、

 

沖縄独特のお墓である「亀甲墓」の前で、

大勢の親戚(少なくて数人、多くて60人ほど)が重箱の料理を食べたり、

泡盛やオリオンビールを飲んでワイワイします。

 

ピクニック後の片付けのイラスト

 

お墓の前で飲み食いする事や、

かなりの大人数で賑やかに歓談している様子は、

 

沖縄県外出身者からすると「ピクニック」みたいで、

かなり異様な光景に見えるかもしれませんが、

 

こうやって楽しくみんなでワイワイする事で、

ご先祖様の魂や霊魂を盛大に慰めているのです。

 

シーミーの歴史はどんなかんじ??

 

「二十四節気」の画像検索結果

もともとは、中国から伝わった「二十四節気

のうちの一つだとされています。

 

「琉球王国 球陽」の画像検索結果

 

昔、沖縄が「琉球王国」と呼ばれていた1768年頃、

琉球の歴史が記された歴史書「球陽(きゅうよう)」の文中に、

「毎年清明祭を行う事を定める」という記述があります。

 

最初は首里王府だけが行事として取り組んでいましたが、

庶民にもその文化が取り入れられ、浸透していきました。

 

それから少しずつ時代とともにその文化が受け継がれ、

今現在は「シーミー」と呼ばれ沖縄独特の文化として定着しました。

 

いつ頃行われる行事なの?

 

だいたい春分から15日後と定められています。

 

新暦では4月5日頃の「清明入り」が多いですが、

その日が平日であった場合は、次の土曜日曜で行います。

 

2017年は4月4日の「清明入り」から、

約2週間の間に行われます。

 

毎年、4月頃のちょうど冬の寒さが去って、

気温が暖かくなる時期に行います。

 

どんな事をするの??

 

「シーミー」の画像検索結果

親戚や家族が集まり、お墓参りをして墓そのものをキレイに掃除し、

ご先祖様のお墓の前で青いビニールシートを敷いて、

 

ピクニック感覚でご馳走を食べたりして、親戚みんなでワイワイ

楽しみながら時間を過ごすのが定番です。

 

また、三味線を弾いて歌を歌ったり、

思い出話をして盛り上がったりする「血縁間の絆を深める場」にもなり、

 

「最近どんなか??」と質問したり答えたりして、

親戚の近況報告や情報交換をしたりなど、

 

一種の「コミュニケーションの場」

としても「清明」は大いに役立っているのです。

 

 

何をすればいい?もっと詳しく手順を教えて!

 

墓掃除のイラスト

まず最初にお墓周辺にある雑草やゴミを取り除いて

キレイにしていきます。

 

結構、野良仕事になるので、最低限必要な道具は揃えておきましょう!

 

  • ゴミ袋
  • 軍手
  • 鎌や草刈り機などの雑草を取り除く道具
  • 汚れてもいい服装
  • ほうき
  • ちりとり
  • スポンジか歯ブラシ(墓をピカピカにするため)
  • 雑巾
  • たわし

 

掃除を完全に終えることができたら、

次は持ってきたご馳走をご先祖様の墓前にお供えしていきます。

 

「シーミー お供え物」の画像検索結果

 

一般的にこのようなお供え物を用意していきます。

 

  • バナナやリンゴなどの新鮮な果物
  • お線香 12本(二組) 3本(人数分)
  • 和菓子(まんじゅう等)を奇数個
  • 重箱料理 二重(朝早くから用意しないといけない程手間がかかる料理ですが、スーパーにも売られています。)
  • 餅 奇数分
  • ウチカビ
  • ビンシー

 

これら一式をお供えできたら、

ウートートーしていきます。

 

ここでも一連の作法があるので説明していきます。

 

仏壇にうーとーとー

 

 

1.まず最初にご先祖様の御願(ウガン)を行う人

(主に仏壇を持っている家庭の主婦がそれにあたる。)

が、

 

墓の左の土地の神に線香十二本をささげ、

ウチカビを燃やして土地の神に感謝を祈ります。

 

2.それからお墓に線香十二本をあげ、

参加者が各自三本をあげます。

 

3.その後、直系の子孫の代表(男)から順にボウルの中でウチカビを焼きます。

 

4.燃やした後は親戚一同の食事会をして団欒をします。

 

家々によって異なりますが、通常2〜3時間ほどで終わります。

中には久しぶりに会う親戚同士で夜まで食事をすることもあったりします。

 

だいたいこういう流れで行っていきます。

 

 

先祖供養としても、楽しいひと時でもある「シーミー」ですが、

 

ある一部の人達はぶっちゃけ「やりたくねぇなぁ」と思う人も中にはいるのです。

 

え?なんでやりたくない人がいるの? どんな人達??

 

酔っ払って絡むおじさんのイラスト

 

親戚一同が集まる行事なので、ちょっとした「不都合」が

生じたりなんてこともあったりします。

 

その「不都合」が原因で、「シーミーの時期が来やがった・・・」

と心の中で嘆いている人たちも中にはいるのです。

 

具体的にどんな人達がどんな不都合に苛まれているのかをご紹介します。

 

 

1.成人している「ニート」

ごろごろしているニートのイラスト

 

歳がすでに二十歳を超えているのに手に職を付けずに、

親のスネをかじっているニートの方々が特にそうです。

 

親戚一同が同時に会す行事である「シーミー」

その中で「無職」という負のステータスを携えて参加すれば

ウザい説教を受けないハズがありません。

 

「お前まだ働いてないのか?」「いつ働くんだ??」

という集中砲火を喰らい、「うぜえええ」という辛い溜息を吐くハメになります。

 

もちろん働かない自分が一番悪いのはわかっているのですが、

それでも言われたほうは辟易としてしまいます。

 

2.結婚していない「アラサーの人たち」

 

怒る女性のイラスト(段階1)

 

こちらも気が重くなって行きたくないという気持ちを

持っています。

 

親戚みんなが「い つ 結 婚 す る の ? 」

と問いただしてくるので、その時が一番ウザく感じるかもしれません。

 

仕事が忙しくて婚活ができていなかったり、

なかなかいい人に巡り合えていなっかったりと、

いろんな要因がありますが、

 

ある程度事情を相手に話すと、

「綺麗なカオしてるのにねぇ」「高給取りなのにねぇ」

 

という、嫌味にも聞こえるような

絶妙なフォローを親戚がしてきます。

 

相手は気を利かして放ったつもりかもしれませんが、

言われた本人たちからすると「非常にウゼェ」の一言に尽きます。

 

また、独身であることをイジって場の笑いを取ろうとする

不届きなおじさんおばさんたちもいます。

 

これで万が一、嘲笑の的にされてしまった場合は、

間違いなく「いかないほうがよかった・・・_| ̄|○」

と、後悔すること間違いなしです。

 

3.部活動に入っていない思春期の中高生

 

思春期の男子学生のイラスト

 

中学生や高校生で部活に打ち込んでいない学生さんもそうです。

 

部活を一生懸命頑張ってそれなりの受賞経験や

活躍があればとてもチヤホヤされますが、

 

「帰宅部」で特に勉強もスポーツも頑張っておらず、恋愛もせず、

「在学中なんにもせず、のほほんとしてる学生さん」は別です。

 

総じてとは言いませんが、スポーツや部活経験がない中高生は、

厳しい言い方をすると、だいたいが「陰キャ」で

スクールカーストのド底辺に存在しています。

 

そういった人たちは感情表現が乏しかったり、コミュニケーション能力が

低かったり、家でゲームばっかりしてたりと、ツッコミどころが多いので、

 

「え?部活やってないの??なんでよww」

「〇〇君、元気ないなぁww」

「家でゲームしてるだけ??ww彼女作らんのー??ww」

 

というとても失礼な反応をされたうえ、

あまりタメにならない上につまらない説教をされることがあります。

 

 

4.仏壇を持っている家庭の主婦

 

仏壇

 

上記で上げた例の中で一番辛い思いをされているのが

このパターンではないでしょうか??

 

まず、仏壇を持っている側の人間なので、

お供え物や重箱等を朝早くから準備・用意しないといけないという、

一番忙しい役割を果たさないといけません。

 

また、御願(ウガン)を行う際も一番目に

動く事が多いので、そこでの「お作法」がなっていないと

恥をかくこともあります。

 

その上、コレが終わった後も親戚一同が飲み食いを始めるので、

お酌をしたり、料理をよそったり、歓談中に愛想笑いをして親戚のご機嫌をとり、

イイ感じに酔ってきた親戚のおじさんからのちょっとしたセクハラをうけたりと、

 

なかなかにダルい思いをしている筈です。

しかもそれだけではありません。

 

家庭に仏壇があるので、「シーミー」の時に限らず、

身内で亡くなった方が出た時に行う年忌など、

 

親戚や身内、お客さんが家にお邪魔してくるイベントが発生した場合、

一日中お茶を汲んだり世間話をしたりと、「接待」をしなくてはいけません。

 

そういうのが嫌で、家に仏壇を置く置かないで、

離婚を仄めかすようなケンカをしているのを目の当たりにしたことがあります。

 

 

最後に

 

 

・・・このように、ネットやニュースやテレビ番組でみると、

「和気あいあいと楽しそうでアットホームな行事」の様に紹介されますが、

 

実はこういったジレンマも少なからず起きるのが「シーミー」です。

ぶっちゃけ、「社会人の宴会」と同じような感覚だと思っていいです。

 

それでもご先祖様の供養をするための大事な行事の一つです。

上記で上げたような「ウザい経験」をしなくても済むよう、

 

いち社会人として、いち学生としてやるべきことを一生懸命やって

何を聞かれても恥をかかないようにそれなりの「ステータス」を形成して

おきましょう!

 

 

 

 

スポンサーリンク