“仕事を頑張ってるから給料が出る”という認識は今すぐにやめて。

2019年11月18日

 

こんにちは。なかです(´^ω^`)

今回は、日々思っている事について

綴っていきたいと思います。

 

普段、これってなんでこうなんだろう?

と疑問に思う事が多々あり、

その中でも特に、

私が疑問視している事で、

 

“仕事を頑張っているから給料をもらえるのか?”

という認識についてです。

 

ここに書いてある事が皆さんにとって

何かの気づきになれば幸いです。

 

給料=頑張った代・我慢代ではない。

 

コレはあくまで私、個人の考えです。

全ての人に言えるか?これが模範解答か?

 

というと、

必ずしもそういうワケではありません。

 

何かしらの組織に属して、

任された仕事や職務に従事している時に、

嫌な事って沢山生まれてきます。

 

この時に感じた負の感情、

例えばこれ等の要素、

 

  • 嫌な事
  • 辛いこと
  • 我慢してまでやりたくない事

 

が給料に反映されているかというと

それは違うと思っていて、

 

  • 嫌な事をしたから
  • 辛い事をしたから
  • 我慢したから
  • 頑張ったから

給料をいただけているワケではありません。

 

つまり、仕事をして給料をいただけるのは、

頑張ったから、我慢したからではなく、

 

会社やそれらの組織・人に対して、

何かしらの価値を与える事ができたからであって、

 

決して、

  • 我慢したから
  • 頑張ったから

といういうワケでは無いと思っているのです。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

  • その日決められた時間分、労働したから給料をもらえた
  • 長時間頑張って残業しているから、会社に貢献している
  • 残業=偉い
  • 給料=我慢料

 

と思っているいるのであれば、

 

それは違う!!

 

と声を大にして言いたいのです。

例えば、

 

 

私は一生懸命、毎日頑張って

お茶汲みしてるのに、ちっとも給料が上がらないんです!

 

毎朝5時に起きて、6時頃に働き、

夜遅くまで頑張って、いろんな人にお茶を汲んで、

寝る間も惜しまず頑張って頑張ってるんです。

 

・・・けど、ちっとも給料が上がりません。

どうしてですか?

 

みたいな相談があったとします。

 

確かにこの人は、

一生懸命頑張っているのかもしれません。

 

貰った相手が気分爽快になるほど

所作が洗練されすぎていて、

会社のみならず、世間中で話題になる

 

というレベルであれば、

話は別かもしれませんが、

 

やっている事が“お茶を汲む”だけだったら、ただ、一生懸命頑張ってお茶くみをしているだけで、会社にとって大きな利益を生み出しているワケではなく、また、言うほど貢献しているワケではありません。

 

そして、その人じゃないと

できない事でもありません。

 

つまるところ、

頑張ったつもりになっているだけで、

 

何かしらの価値を

提供しているワケではないので、

 

お茶くみ分の給料は発生しても、

給料が上がる事はほぼありません。

それ相応のお金しか頂けません。

 

 

極端な例を挙げると、

学校の授業だってそうです。

一生懸命毎日通っていたとしても、

授業中、ずっと寝ていたり、

先生の話を聞いてるフリをしていたり、

一生懸命ノートを書き込んでいるだけで、

肝心な授業内容が頭の中に入っていないのでは、

良い評価なんて貰えはしないでしょうし、

学力が上がる事もないです。

 

ちょっと話が逸れてしまいますが、

私はこういう考えを持っているためか、

 

“公務員”という仕事に関して、

非常に懐疑的です。

 

 

 

 

公務員という職務上、

営利化が難しく、

 

  • 災害時に人を助ける
  • 火を消す
  • 悪い人を捕まえる
  • 国を守る
  • 市民にとって暮らしやすい街にする

これ等を、営利目的でサービス化したら、

とんでもない世の中になってしまいます。

 

しまった!家に火が付いた!!

よし、消防に通報しよう!!

返ってきた答えが、

「○○万かかりますがよろしいですか??」

 

じゃあ、ロクに人の命なんて救えません。

国が成り立ちません。

 

そのため、

公務員の給料が税金で賄われているのは、

フェアで妥当な事だと思っています。

 

 

でも、だからこそ歯がゆいのです。

 

 

どんなに価値を提供していようが、

どんなに組織に貢献していようが、

どんなにサボっていようが、

どんなに使えない人間であろうが、

給料は一定なわけですから。

 

 

手を抜いて、

テキトーに仕事していれば、

 

税金泥棒として

後ろ指を指されてしまいますし、

一生懸命頑張って

何かしらの功績を残せたとしても、

 

褒められはしても、

大して給料には反映されません。

 

なので、

もし公務員として就職できたとしても、

 

その仕事がなんの

やりがいも感じなかったり、

 

仕事が苦痛

でたまらなかった場合、

 

  • 中途半端に続けて辞めてしまうか、
  • 養うべき家族がいるから、辞めるに辞められなくて結局惰性で続けてしまう

 

という状況が発生する場合があるのです。

 

最後に

 

頑張ったから

  • 給料が貰えるんだ!
  • 見返りがあるんだ!

 

という“頑張ったら・・”という発想を

今すぐに辞めたほうがいいです。

 

逆に言えば、例え短時間で、最小限の

力しか使っていないとしても、

 

どこかの誰かに価値を見出してもらえれば、

それ相応のお金をいただく事ができます。

 

もし、アナタがネットビジネスでなにかしら、

結果を出そうと思っているのであれば、

 

どれだけ頑張れたか?

 

ではなく、

 

どれだけ価値を提供できるか?

 

という発想で動いていく事を

オススメします。(´^ω^`)