速読はインチキじゃないよという本がタメになった

 

最近気になって手に取ってみた、”すごい読書術”
という速読について書かれた本に、

「結構タメになるなぁ」と思った事が書かれていたので、
シェアさせていただきたいと思います。

 

速読ってなんだ?

速読(そくどく)とは、読んで字の如く、
書いてある文章をできるだけ早く読む技術の事を言います。

 

この技術を習得すれば、

  • 一冊読むのにかかる時間を大幅に短縮できる
  • いろんな知識を頭の中に叩き込む事ができる

ようになります。

 

 

なんだか胡散臭いですし、
私自身”速読”に興味がありましたが、
いまいち信用できませんでした。

 

しかも、”速読”はムリだと
化学的に証明されている実験結果も既にでています。

 

The factor that most strongly determined reading speed was word-identification ability. This finding suggests that reading speed is intimately tied to language-processing abilities rather than eye movement-control abilities.
読書スピードを強く既定しているのは、単語識別能力であり、この研究からいえるのは、読書スピードは、目の動きではなく、言語処理能力と密接に関わっているということだ。

出典:フォーカスリーディング

 

一部だけを抜粋しましたが、
この実験結果をカンタンに説明すると、

 

速度と正確さには反比例の関係があって、
文章を読む時にかける時間が短い程、
その分だけ理解が劣ってしまう。

 

という事がわかったのです。

 

以前、実際に調べてみたら、
このような結果が出たので、

 

「なんだ・・インチキか・・・速読ができれば、
いろんな知識を頭の中にインプットできたのになーー」

とちょっとがっかりしたのを覚えています。

 

 

ですが、冒頭に述べた本の中に、
「あ、確かになー」と思った事が書かれていました。

 

本は読んだ後、内容の大半は忘れてしまう

1冊の本をじっくりと、時間をかけて読み、
後半の部分に差し掛かった時、

 

「この本の前半の内容をちゃんと覚えているか?」
と質問した場合、ほとんどの人間が忘れます。

 

なぜかというと、時間が経てばたつほど、
本に書かれている内容を少しずつ忘れていくからです。

 

読んだ内容を忘れてしまったら意味が無いので、
ほとんどの人が、

  • 1行1行丁寧にゆっくり読む
  • しっかり覚える為に時間をかけて読む

という行動を取ります。

 

ただ、本の内容が濃厚で
ボリュームのある本であるほど、
必然的に、集中力が切れやすくなります。

 

1.最初からしっかりと読もうとする
2.その分時間がかかり、読んだ内容を少しずつ忘れる
3.途中で考え事をする
4.数ページくらい先を読んだところで、「アレ?さっきなんて書いてあったっけ?」てなる
5.数ページ前に戻る

 

コレを何回か繰り返していく内に、
その本を読む事を断念してしまったり、

 

最悪、”読書”するという習慣まで
やらなくなってしまいます。

 

本来であれば、

 

「早く読んでも、内容全体を理解できるワケではない」

 

のですが、

「遅く、丁寧に読んでいたとしても、途中で考え事をして、
さっき読んだ内容を忘れてしまったり、

時間をかければかけるほど集中力が途切れてしまって、
結局、本の内容を十分に理解しづらい。」

 

という事が往々にしてあるのです。

 

読書するスピードと頭に残る情報量が
対して変わらないのであれば、
早く読んだほうがイイに越したことはないのです。

 

なので、

 

1. 文章1行分を、できるだけ1秒以内に(脳内で音読せずに)流して読む
2.そのスピード間を維持したまま、その本を読み切る
3.それを数回繰り返す。

 

という読書を心がけたほうが、
遥かに効率よく本の内容を覚えられますし、
読書するスピードも上がっていきます。

 

 

“早く読む”と”覚える”は別物である。

 

ゆっくり丁寧に読んでも、100%全部の内容を
覚えきれるワケではなく、

むしろゆっくり読んでしまうほうが、
本の内容を忘れてしまう可能性が大きいので、

 

1回読んで終わりではなく、

1行に書いてある文を1秒以内で流し読みし、
それを2~3回繰り返したほうが、

 

本を読むスピードは上がるし、
書いてある内容を覚えやすくなる

 

 

もっとシンプルに言い換えると、

遅く丁寧に1回だけ読むよりも、
速いスピードで数回読んだほうが、
頭に残る情報量は増える。

 

という事です。

非常にタメになったので、
記事としてアップさせていただきました。

 

本日は以上です。

未分類

Posted by なか