FavoriteLoadingお気に入りに登録

最近、遠くを見るための道具「双眼鏡」がとても売れています。

 

都内の家電量販店「ビッグカメラ有楽町店」では

双眼鏡の売り上げが6割ほどアップしたらしく、

 

女性向けにデザインされた双眼鏡がどんどん発売されるも、

供給が追い付かない程、在庫切れになっているんだとか。

しかも買っていく客の大半が女性で、

 

 

オリオン大星雲(オリオン座の三ツ星近くに存在する、比較的広い範囲に散らばったガスや宇宙塵のまとまり)

 

を見るために買っていくのだそうです。

 

 

彼女らは宇宙の「宙」の字を取って「宙(そら)ガール」と呼ばれています。

 

 

 

宙ガールってなんだ??

 

 

「宙ガール」(そらガール)とは、いろんな方法で天体観測を楽しむ女性の事を指す言葉です。

 

学問・知識的な興味、ファッション的な意味でも関心があり、

 

2012年5月21日の日食(にっしょく・・・太陽が月に覆われる事で、太陽が欠けて見えたりリング状に見える現象の事)

 

でマスメディアなどに注目された事で世の中に浸透していったそうです。

 

 

この「宙ガール」は、埼玉県所沢市に本拠地を設けている「株式会社 VIXEN(ビクセン)」

 

という望遠鏡・双眼鏡や顕微鏡などを販売・制作する光学機器メーカーが提唱した言葉で、

 

 

「男性だけじゃなく、女性にも”天文”という分野に興味を持って、楽しんでほしい」

という思いからきています。

 

 

 

また、「この宙ガール」として認知されているアーティストもいます。

篠原ともえさんは音楽プロデューサー・タレント・デザイナーとして活動されていて、

 

 

1990年代に原色をベースとした個性的なファッションと元気すぎるエネルギッシュなキャラで、「シノラーブーム」

を世間に巻き起こした人物でもあります。

 

 

シノラー(お団子頭とパッツン前髪、ロングソックスにマーチンブーツを履き、

100円ショップで売っているキラキラしたアクセサリーを身にまとい、ランドセルを背負うのが特徴。

今でいうきゃりーぱみゅぱみゅの様な存在でした。)

 

7歳の頃に、おばあちゃんが住んでいる伊豆諸島の青ヶ島で、夏の花火とともに見た

星空に大きな感動を思えたらしく、その様子を見た両親が双眼鏡を買い与えました。

 

その双眼鏡を使いレンズの向こう側にある、裸眼では見た事がなかった「新しい星たち」を発見したことで、

天文というカテゴリーに興味を抱き、学校の図書館へ通うようになったらしいです。

 

 

 

宙ガールってどんな楽しみ方があるの??

 

宙ガールは色んな楽しみ方があるらしく、

 

望遠鏡・双眼鏡などを使って星空を眺めたり、

 

 

 

「宇宙」にインスプレーションを受け、ファッションとして楽しんだり

 

 

プラネタリウムカフェやバーなどで幸せな一時を過ごしたり、

 

 

「上を向いて遊ぼう!」という言葉を合言葉に、ファッション・サイエンス・アウトドアなどの

文化を融合したイベント「宙フェス」に参加して大勢の参加者と一緒に天体観測を楽しんだり

 

 

など、とても楽しそうです。

 

 

自分もこういったアウトドアな事が好きなので、いずれはやってみようと思います(´^ω^`)

 

 

AZARASSY

自分の好きなことに打ち込めるってとてもステキな事ですよね♪

 

スポンサーリンク