こんにちは。なかです。

 

今回は、ブログの収益に大きく貢献して
くれる、”ストーリライティング”について
説明していきたいと思います。

 

ストーリーライティングには”型”が存在する。

 

ブログ初心者であったり、
始めたての方は、

 

ストーリーライティング
というものについて、

 

あまり意識せず、
ブログを書いてしまう事が多いです。

 

 

この、ストーリーライティングが書けると、
後々、大きな売り上げを生み出しやすくなります。

 

逆に、このストーリーライティングが
出来ていないまま、ブログを構築していくと、

 

本来売れるであろう商品が
売れないままの状態で、
機会損失してしまう事があります。

 

これは、読者の立場に立って考えてみると、
わかるのですが、

 

例えば、誰かのブログを見て、
ものすごく勉強になったとします。

 

すると、
このブログはどんな人が書いているのか?
という事についてとても気になっていきます。

 

基本的に、ブログというのは、
ほとんどが文字だけで構成されていて、

 

本来であれば、
顔も声もどんな性格かも分からない人から、

 

なにかしらの商品を買うというのは、
ものすごくハードルが高く、
不自然な出来事なのです。

 

なので、自分がどういう人間なのか?
自分がどういった考えを抱いて
このブログを書いているのか?

 

 

について、上手く表現して、
信頼と親近感を
勝ち取っていく必要があります。

 

 

そのために必要なのが、自己紹介
つまり、ストーリーライティングなのです。

 

アナタがブログで収益を
生み出したいと思うのであれば、

 

このストーリーライティングは
避けては通れないものなのです。

 

 

一見、

「相手に信用してもらえるような自己紹介なんて・・・」

と、いかにも難しそうで、
取り掛かりにくいと思いますが、

 

 

 

実は、「型」が存在します。

 

 

つまり、これから説明していく
「型」に則って、

 

ストーリーライティング
を組み立てていけば、

 

読者を自分のファンに
変える事ができるのです。

 

つまり、読者をファンに
変える事ができれば、

 

ファンはアナタに好意を抱くようになり、
信用もしているので、

 

紹介した商品や商材を買いやすい状態に
持っていきやすくなります。

 

ですので、
序盤でストーリーライティングを構築して、
読者をファンに変える土台を作っていきましょう。

 

 

ストーリーライティングの大まかな流れ

 

読者は、あなたのブログを読んだ時、
「自分とは違った、程遠い雲の上の存在だ・・」と
感じています。

 

 

例えば、
アナタがブログアフィリエイトで
生計を立てている事を知った場合、

 

 

「もともと才能のある人だったんだ・・・」
という風に捉えますし、

 

 

アナタがダイエットのブログを運営していて、
劇的に痩せた事を知った場合、

 

 

「この人はもともとダイエットで痩せる素質があったんだ・・・」
という風に感じます。

 

 

つまり、

「この人は最初から、
⦁ 才能
⦁ 運
⦁ 素質
⦁ ポテンシャル
が備わっているから、今現在こうなれただけで、
俺or私が同じように挑戦したところで、
この人と同じようにはなれないよね。。。」

 

と、最初から区別したがるのです。

 

 

 

そのため、全くそうではない事を
伝える必要があります。

 

つまり、
今でこそこういった存在になれたけど、

 

元々は、何をやっても、
ダメダメでいくら努力しても結果が伴わず、
最初は苦しくてツラい経験をしたんだよ

 

という事を教えてあげるのです。

 

つまり、アナタと同じ
スタートラインから出発して、

一生懸命努力したから、
ここまでこれたんだよ。

 

だから、最初はアナタと同じく、
悩み、苦しんでいた存在だったんだよ。

 

 

というエピソードを
ストーリーに混ぜていけば、

 

読者はアナタに親近感を感じて
フレンドリーになります。

 

下にその順番を示していくので、
概ねこの順番に沿ってストーリーを描いていけば、

 

読者の心に刺さりやすい
ストーリーライティングができあがります。

 

1. 読者と同じスタート地点・目線・立場であった事を伝える
2. 失敗の連続だった事
3. 突然の出会いや変化があった事
4. 小さな成功を収めた事
5. 軌道に乗っていった事
6. ある法則に気づく事
7. あなたにもできるというのを気づかせる事

ではいきます。

 

1、読者と同じスタート地点・目線・立場だった事を伝える

 

上でも少し説明しましたが、
最初は、読者と同じような“悩める子羊”
だった事を事細かに説明していきましょう。

 

初っ端から

 

  • 才能がありました。
  • 素質ありました。

 

などとアピールしてしまっては、

 

読者は、
「なんだよ・・・じゃあ、俺なんかにムリじゃん!」

 

と諦めてしまう可能性が
極めて高くなります。

 

そうではなく、
自分も最初の頃は、

 

⦁ 右も左も分からない
⦁ 何すればいいのかわからない
⦁ どうすればいいのか分からない

 

という存在だった事を
アピールしていきましょう。

 

そうする事で、読者はアナタに対して
親近感を抱くようになります。

 

 

2、失敗の連続だった事

 

アナタが最初から才能・環境に
恵まれた存在では無いことを説明できたら、

 

次に、「失敗・挫折の連続」であった事を
教えていきましょう。

 

例えば、
ダイエット系のノウハウブログだったら、

 

⦁ 意味わからないダイエットをして時間を大量にムダにした。
⦁ 間違った食事制限をして、逆に肌が荒れて健康を害してしまった。

 

という風に、

 

“結果につながらない事ばかり繰り返してしまい、
全く成果が出ない苦悩の日々が続いた”

 

というエピソードを混ぜていきましょう。
そうすれば、

 

読者が今現在同じ境遇にいた場合、

 

「あ、この人もそういう過去があったんだ・・・」

と心の底から共感してもらえるのです。

 

 

 

3、突然の出会いや変化があった事

 

 

次に、

「そういった日々を送っていたけれど、
自分の人生を根本的に変えていくような
“ある要素”と出会った事で、
今までの考え方に変化が生まれた」

 

事を
書き綴っていきましょう。

 

この、“ある要素”とはなんでもいいのです。

 

⦁ 自分の師匠となるメンター
⦁ 人から言われたある言葉
⦁ その分野で著名な人物が残していった本
⦁ 聞いたことも無いような破天荒なノウハウ

 

とりあえず、
自分の今までの常識を覆すような

強烈な経験であったのならば、
どんな要素でも構いません。

 

 

それがキッカケとなって、
自分の意識に変化が生まれたことを
アピールしていきましょう。

 

 

4、小さな成功を収めた事

 

 

次に、そのキッカケによって、
初めて、成果といって良いほどの
貴重な体験をした事を伝えましょう。

 

この時、注意点があって、

あまりにも大きな成功体験を
描いてはいけません。

 

なぜかというと、例えば、
アナタがアフィリエイト系の
ノウハウを発信するブログ
をテーマにした場合、

 

「このキッカケによって、収入0だったのが、
いきなり月100万円稼げるようになりましたぁ~笑」

 

なんていっても、
「嘘つけ!!!」となってしまいます。

 

たとえそれが事実だったとしても、
いきなりそんな大それた結果が出た
なんて伝えても、

 

信憑性に欠けますし、
読者もイメージしづらいのです。

 

そうするよりも、

 

「そのノウハウを恐る恐る試してみたら、今まで全くの収入0円だったのが、
次の月で、なんとか3万円ほど稼ぐ事ができたのです!」

 

と言った方が、現実味がありますし、
読者も納得しやすいのです。

 

というのも、
悪い例え方ですが、

 

 

ホームレスは、向こうにいる金持ちが
乗っている高級車にれるんじゃなく、

 

知り合いのホームレスが手に入れた
おにぎりに敏感に反応します。

 

 

「コレ、どこでどうやって見つけたの?」
となるのです。

 

無論、価値としては、
おにぎり一個よりも高級車1台の方が、
天と地ほど値打ちが違いますが、

 

ホームレスは、向こうにいる金持ちが
雲の上の存在だと存じていますし、

 

高級車に乗った事もありませんし、
今の自分には手に入る可能性が限りなく0に
近いことを知っているのです。

 

しかし、隣のホームレスが
持っているおにぎりだったらどうでしょうか?

 

自分と似たような存在の人間が、
どこかで手に入れたであろう
おにぎりを持っているのです。

 

・・・もしかしたら、
近くで炊き出しがあって、
自分にも手に入るかも。。。

 

聞いてみよう!!となるのです。

 

 

つまり、初心者にとっては、
夢のような大成功ではなく、

起こってもおかしくない小さな成功の方が、
反応しやすいのです。

 

なので、できるだけ小さな成功を
描いていきましょう。

 

 

5、軌道に乗っていった事

 

今まで失敗続きだった生活が、
少しずつ改善されていくさまを
丁寧にわかりやすく綴っていきましょう。

 

こうする事で、読者に希望を抱かせます。
次に、少しずつ成果が出始めて、
次第に目に見える結果となって、

 

成長していった様子を織り交ぜていけば、
徐々に読者も感情移入していきます。

 

 

6、ある○○に気づく事

 

そして、少しずつ成果が出ていく事で、
「こうなれたのには、”ある○○”があったんだ・・・」
というエピソードを書いていきましょう。

 

ココで言う、○○とは、

  • 法則
  • やり方
  • ノウハウ

の事です。

 

ここで、読者は
「それはいったいどんな○○なの??」
と一気に気になりだします。

 

 

7、あなたにもできるという事を伝える

 

最終的に「アナタにもできますよ!」
という事をストレートに
伝えていきましょう。

 

この最後の展開で、
「俺or私も知りたい!!」と、

 

アナタの情報発信を真剣に
聞いてくれるようになります。

 

 

最後に

 

・・・以上が
“読者を信者に変えるストーリーライティング”
についてです。

 

上に挙げた7つのポイントを
しっかり押さえておけば、

 

アナタのブログに訪れた読者を
ファン化させやすくなります。

 

是非参考にしてください(´^ω^`)