FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

「言い間違い」や仕事でのミスを指摘された際、

どの様に謝罪すれば相手の感情を鎮めることができるのでしょうか?

 

今回は、謝る時のポイントについて触れていきたいと思います。

上手な謝罪の仕方ってなんだろう

 

 

完璧な人間はいませんから、誰でも間違いをしたり、

言い間違いをしてしまうことはありますよね・・・

 

しかし、そうしたミスをしてしまっても、

上手な謝罪法を心得ているかどうかで、

 

その場を丸く収められて相手から好意を持ってもらえるか、

それとも常識知らずと陰口を叩かれてしまうかは大きく異なります。

 

敬語に厳しい人にとっては、

こちらがうっかりした言い間違いだったとしても

失礼だと感じて立腹してしまうかもしれません。

 

こじらせると会社の損失にもつながりかねませんし、

自分にとってはマイナスですよね。

 

そこで、上手な謝罪方法をいくつかご紹介します。

 

 

ポイントは明確な謝罪と真摯な気持ち

 

自分の言い間違いにすぐ気づいて謝罪する場合、

相手の気持ちを逆なでしないように、

 

明確な謝罪の言葉を使うことと、

真摯な気持ちで謝罪することは大前提です。

 

ヘラヘラ笑いながら「すみません」なんて言っても、

相手には伝わらないでしょう。

 

「大変申し訳ありませんでした」

 

些細なことでも、社会人ならしっかりと明確に謝罪したいものです。

真剣な表情でしっかりと頭を下げたうえで、

 

「大変申し訳ありませんでした」と謝罪すれば、

言葉の言い間違いでいつまでも根に持つ人はいないでしょう。

 

うっかりの言い間違いでその場で正しく訂正できるのなら、

訂正をして「まだまだ勉強不足です」と

責任が自分にあることを明確にするのもOKです。

 

ただし、しつこくやりすぎると自虐的で

かえってふざけていると思われるので、やりすぎはNGです。

 

もしも相手から間違いを指摘された場合には、

謝罪した後で「御指南いただき、ありがとうございました」

と感謝の意を示すことも大切です。

 

大切なことは、自分の間違いを素直に認めて訂正し、

同じミスを繰り返さないということを相手に伝えることです。

 

また、「勉強不足で申し訳ありません」もおすすめです。

ダラダラと言い訳せずに、サッと謝ることがポイントと言えるでしょう。

 

まとめ

 

  • 指摘されたり叱られても、顔に出してムッとしないこと。
  • ウケを狙おうとヘラヘラしたり、ヘタに愛想笑いをしないこと。
  • 注意してくれた事に対して相手に感謝すること。

 

スポンサーリンク