こんにちは。なかです。(´^ω^`)

今回は、自分を成長させる際にとても参考になる

“タルムード”というものについて説明していきたいと思います。

 

タルムードってなんだ?

タルムードの内容

「タルムード」とは、ユダヤ教の聖典の事で、

キリスト教でいう“聖書”のようなものです。

 

ざっくりと説明すると、

「このように生きていきなさい」

 

という“人生の指針”が書かれた

教科書のようなものです。

 

 

タルムードはユダヤ人が有能に育つための“教科書”だった

このタルムードがあったからこそ、

ユダヤ人が有能に育つキッカケであると、

個人的には思っています。

 

というのも、世界の金融と経済を支配して

いるのは「ユダヤ人」だと言われています。

 

 

ほかにも、ノーベル賞の25%がユダヤ人で、

物理学者や数学者が多いのも事実です。

 

つまり、極端に説明すると、

「ユダヤ人はとっても利口で、金儲けが上手」

となります。

 

その前提で話を進めていきたいのですが、

なんでこうもユダヤ人は優秀なのでしょうか?

 

じつは、ユダヤ人は、他の人種とはケタが違うくらい、

「教育」に力を入れているのです。

 

人間は本来、生まれたときの才能って

そんなに差がないと考えられていて、

 

大部分は

  • 「環境」
  • 「教育」

で決まると思っています。

 

“教育”というのは生きている内に

触れている情報や親の育て方であり、

 

“環境”は、生まれた時に備わっている

家柄・経済状況・家庭環境・教育環境

の事を言います。

 

もちろんこれは大人になってからの

自分に対する教育も同じで、

何歳になってからでも軌道修正は可能です。

 

と、考えると、世界の金融と経済を

こうもユダヤ人が支配しているのは、

それなりに理由があるということで

色々と調べてみたのですが、

 

 

タルムードにはお金に対する向き合い方や

物事に対する思考がたくさん入っていて、

先人の知恵が詰まっているのです。

 

いわば、“先人たちの努力の結晶”

とも言えるものなのです。

 

例えばなにが書いてあるかというと、

「お金は商売に使うべきもので、

お酒のために使うべきものではないよ」

といったことが書いてあります。

だから、無駄な飲み会に参加したり

お金をお酒にジャブジャブ使うことはありません。

 

そしてこれらの教えというのは子どもの頃

から読み聞かせをされていて、

小さい頃から生々しい社会の実学を学んでいきます。

 

しかも経典なので強制力が高く、

子どものうちから優秀な思考力が

少しずつ、すくすく成長しながら身についていきます。

 

かなり大まかに説明しましたが、

このタルムードの存在が、

ユダヤ人の賢さの秘密だと言われています。

 

で、ここからが本題で、

このタルムードという経典は

むかしの先人が作って継承してきたものですが、

 

起業やビジネスの世界でもタルムードの

ような「明確な指針」を持っている人は強いです。

 

いわゆる自分にとっての

 

  • 生き方
  • 考え方
  • 規律
  • 信念

 

のようなものです。

 

ビジネスにはある程度のルールがあり、

成功の法則みたいなものがあるのですが、

そこで我流で戦ったとしても高確率で負けてしまいます。

 

でも、ちゃんとビジネスのルールに沿った

明確な指針を持っている人は、

スルスルと前に進んで成功する人が多いのです。

 

 

私も、明確な指針は持っていて、

いくつか設定しているのですが、

 

 

一例を挙げると「極力、テレビは見ない。」

というのがあります。

 

少しでもテレビから流れてくる

バラエティ番組の音声や、

面白そうな場面を映す画面を視界の中に入れてしまうと、

 

その時点で、テレビに引き込まれてしまい、

無駄にダラダラとテレビを見て過ごす

“生産性の無い時間”を作ってしまうのです。

 

 

ただ、テレビを段ボールの中に入れて、

押し入れの中に隠す事で、

そのような“ムダな時間”を削ぐ事ができました。

 

つまり、この明確な指針があるから、

無駄な時間を過ごしたり、

気力を分散させてしまう

 

といったことが無くなったのです。

 

このように、私は明確な指針を

ガッチリと固めています。

 

これがいわゆる「マインド」のようなもので、

自分の行動のひとつひとつを変えるものの正体です。

 

マインドって成長と密接に関わっていて、

マインドが整えば、自分の目標に到達する時間を

大幅に短縮する事ができるのです。

 

なかなか一朝一夕じゃ変わらないんですけど、

本気で変えようという意識があれば

すんなり変わるものでもあります。

 

だからこそマインドを整えるために

タルムードのような明確な指針が必要で、

それを繰り返し落とし込む必要があります。

 

これは後天的に鍛えることも可能で、

大人になってからマインドを鍛える意識を持てば

めちゃくちゃ有利になります。

なんか、考え方って大人になると変わらない、

という謎の偏見が子供の頃はあったのですが、

 

成人した今現在は、

案外そうでもないな・・・と感じていて、

むしろ、柔軟に考え方を変えて

臨機応変に適応していける人間が

これからの時代、生き残るんじゃないか?

とすら思っています。

 

そんなことをタルムードから学びました。

検索をしてみると結構面白くて、

学べること結構あります。

 

最後に

 

今回紹介した“タルムード”のように、

自分に何かしらの夢や目標があって、

 

それらの夢を叶えたり、達成したいという

欲求を抱いているのであれば、

 

最初に明確な目標や基準を設けておくことを

オススメします。

 

箇条書きで紙に書いて、毎日眺めるだけでも

無意識的に行動を移すようになります。