FavoriteLoadingお気に入りに登録

 

相手に褒められた時や称賛された時、

それらを謙遜する時に使う言葉として

 

「とんでもございません」がありますよね。

 

よく耳にする言葉ですが、

実は敬語としては間違っていることをご存知でしたか?

 

「とんでもない」を丁寧にした言葉だから一見、

間違いではないように思えるかもしれませんが、

 

意味を理解すれば間違いと言われている理由に納得するはずです。

 

「とんでもございません」が間違っている理由とは?

「とんでもない」という意味には

 

  • “意外である”
  • “滅相もない”
  • “もってのほか” 

 

などがあります。

 

「とんでもない」という言葉は「とんでも」 +「ない」

この2つの言葉が繋がっているのではなく、ひとつの形容詞なのです。

 

つまり、「とんでもない」という言葉は、

「とんでも」+「ない」という、二つの言語が組み合わさった言葉ではなく、

「とんでもない」という一つの言葉なのです。

 

なので、「ない」を省いて「ございません」を持ってこれませんので、

「とんでもないことです」が使い方としては正しい敬語になります。

 

間違っていてもOK?実は敬語として認められている

「とんでもございません」は間違った敬語、

というよりも日本語自体が間違っています。

 

しかし、2007年文化省直下の文化審議会発表の“敬語の指針”によると、

「とんでもございません」を使うことは問題ないと記されています。

 

時代とともに言葉もまた徐々に変化していくので、

ややこしいかもしれませんが「正しい日本語」とは言えないものの、

 

「とんでもございません」を使っても間違いない、ということです。

 

人によっては指摘されるかも…

本来なら正しい敬語は「とんでもないことです」ですが、

2007年以降からは「とんでもございません」でも使って問題なくなりました。

 

ということは、「とんでもございません」を間違いだと思い続けている人もいれば、

正しくなった事を知っている人もいるということです。

 

もしかすると「とんでもございません」と言った時に、

指摘してくる人もいるかもしれないので、

 

使い分けるのはなかなか難しいのが本音です。

目上の方に使う際には、昔から正しいと言われてきた

「とんでもないことです」のほうが、無難かもしれません。

 

 

スポンサーリンク