通勤時間は無駄

こんにちは。(  ´^ω^`  )

いきなりこんな事言うのもアレですが、

働きたくないですね~笑

 

心の底から働きたくない理由っていうのは

沢山あります。数え上げればキリがない程に。

 

その中でも一番デカいと思っている

理由が「通勤時間」です。

無駄です。ムダ。

 

今回、通勤で時間がかかる事が、

いかにバカバカしい事なのかについて、

書きなぐっていきますよん。

 

通勤時間は体力・気力・時間を消費する最悪の時間帯

 

毎朝、満員電車の中にある、

人の海にダイブし、

 

ぎゅうぎゅうに詰め込まれながら、

駅員さんに全力でプッシュされ、

 

キモいおっさんに挟まれ、

押しつぶされ、

 

なんの因果関係も無いのに、

背中をグーで押され、

 

脳味噌が縮むほど強烈にクサい

茶色の吐息を嗅がされ、

 

足を踏まれ、舌打ちをされ・・・

 

考えただけ、想像しただけで

ウンザリしますよね。

 

なんでも、移動手段をすべて含めた

日本人の通勤時間の平均は、

片道39.5分そうです。

 

てことは、毎日毎日、

約1時間20分近く、ムダに消費している

事になっちゃう・・・

 

勿論、有効活用しようと思えば、

いくらか手段は見つかります。

 

  • スマホいじる
  • 音楽聞く
  • 読書する
  • ゲームする
  • 目をつむって立ち寝する

 

ただ、コレは車通勤では無いこと、

バスや電車通勤だったとしても、

 

乗っている人が比較的少なくて

車内が人でごった返していない事が条件で、

 

満員電車でコレをやろうとすれば、

ほぼ確実にウザがられること請け合いです。

 

というか、そもそも、

通勤時間だからこそできるものか?

というと全くそうではないという・・・

 

一番マズイのは、私たちの貴重な時間が

毎日削がれてしまう事です。

 

私たちが人として生きていく中で、

“時間”という概念は超大切なもので、

 

一度過ぎ去ったらもう二度と取り戻したり

お金で買い戻したりする事ができない、

超大事で貴重な“資源”なのです。

 

・・・それを、毎日、

 

  • 窮屈
  • 億劫
  • ストレス

 

という極めてネガティブな感情に

費やしているのです。

 

毎日の通勤時間を帳消しにして、

その分、有意義な時間を水増しできれば、

 

  • 一生懸命勉強したり
  • 体を思いっきり鍛えたり
  • 家族と過ごす時間が増えたり
  • 趣味に没頭する

 

事ができるのに・・・・

 

「ん?なんか、自分の人生の中で一番

無意味なのってもしかしたら“通勤時間”

じゃね?」

 

と思った人は、その大半が、

 

  • 通勤時間を有効的に活用していく
  • 通勤時間を極力短くしていく

 

という考えに至るらしいのですが、

私はむしろ逆だと思っていて、

 

「通勤時間そのものを無くしてしまえばいい」

と考えています。

 

では、どうすれば、通勤時間そのものを

無くす、もしくは限りなく“0”にできるのでしょうか?

 

 

会社に願い出て、在宅勤務にしてもらう

 

例えば、今雇われている会社に、

家にいながら仕事ができるように、

『在宅勤務』を願い出てみたり。

 

そうすれば、家が職場になるので、

通勤時間なんて無くなってしまいますし、

 

煩わしい職場での人間関係によるストレスも

解消できますし、

 

金を払った上に割と働かされた挙句、

貴重な時間まで潰す『飲み会』なんかにも

行かなくて済むようになります。

 

ただ、この場合、

営業や接客業などは基本的に無理ですし、

そもそも受理されるかもわからないため、

あまり現実的とは言えません。

 

 

会社の近くに住居を構える

 

今現在務めている会社の近くに賃貸物件を

借りて過ごしてみるのも手です。

 

通勤時間をできるだけ短縮できて、

普通に生活を送るのに支障のない

格安物件を探せば、見つかる事もあります。

 

ただ、職場に近ければ近いほど、

何か不測事態が起こった際、

 

「申し訳ないけど、今日休み返上で来てくれない?」

なんて事もあり得ます。

 

通勤時間が少なくて済む仕事に転職する

 

上では、「職場の近くに引っ越す」という

方法ですが、逆に考えて、

 

今の職場ではなく、今現在住んでいる場所の

近くにある職場を選ぶというのも手です。

 

ただ、今現在ついている仕事を辞める事に

なってしまいますし、

 

その職場が辞めたとこよりもブラックだった

場合、本末転倒になってしまいます。

 

コレも、あまり現実的ではないかも

しれません。

 

ホテル暮らしをする。

 

ある程度、収入に余裕があるのであれば、

職場近くのビジホやネカフェに住んでみる

のもアリかもしれません。

 

ただ、長期間ビジホに泊まっても疲れが

取れるか?と聞くと、うーん・・・ですし、

 

ネカフェに住んでもあまり快適ではなく、

部屋自体が狭くて窮屈なので、

いずれは体に支障をきたします。

 

また、周りの音が気になりますし、

たまに脱糞したり放尿したりする

不届きな連中もいるワケですから、

衛生的でもありません。

 

ぶっちゃけ、「通勤する必要」よりも「働く必要」を無くすほうが早い。

 

 

どうでしょうか・・・

上に挙げてみましたが、割とネガティブな

アイデアばかりです。

 

なんじゃこりゃ! 全くタメにならんやんけ!!

 

と思ったかもしれません。

 

 

全く持ってその通りです☆

 

あなたが雇われ人として、

企業に忠誠を誓っている限り、

 

通勤時間を限りなく0にしたところで、

労働時間が減るワケではありません。

労働が好きなのであれば、話は別ですが。。

 

ここでいったん、

話の腰を折ってしまいますが、

 

本当に「通勤時間をなんとかしたい!」

という願望を切実に抱いているのであれば、

 

「いっそのこと会社を辞めて、何かしらの組織

やプラットフォームに依存しない“生き方”を

したほうがいいんじゃないか?」

 

ていう考えに私は行きつきました。

 

一昔前であれば、到底ムリな考え方だった

でしょうが、今は時代が違います。

 

誰だってその気になれば、お小遣い程度なら

稼げてしまいますし、

 

もっと本気になれば、仕事を辞めて

フリーダムになる事だって夢ではないのです。

 

なぜなら、インターネットのおかげで、

誰でも個性を発揮してお金を稼ぐ事のできる

時代になっているからです。

 

最近はYouTuberやプロブロガーという

“個性”を武器にして生計を立てていく

職業も増えましたし、

 

資産性の高い副業に挑戦して、

大半の時間を自分の自由に過ごしている人

は沢山います。

 

別に、雇われて働く事が必ずしも正解では

無いワケですから、

 

一念発起して本業とは別に収益を得ていく

という選択をしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク