wikipediaは最強のSEO対策成功コンテンツ

ナカです。

検索エンジンを使って、
何かしら、分からないを事を調べる際、

必ずと言っていいほど、
目にするサイトがあります。

「ウィキペディア」というサイトです。

 

今回は、この”wikipedeia”というサイトが
何故、こんなにも上位表示に成功しているのか?
というテーマで話を進めていきたいと思います。

 

結論を言うと、”質の高いコンテンツを提供している”から

結論を先に言ってしまうと、
wikipedeiaは、

訪問者が知りたい情報を事細かく、丁寧に説明していて、
総合的に、”質の高い”と言える情報を提供しているから

です。

 

ココでいう、“質の高い情報”とは、

  • 訪れてきた人が最後までじっくりと呼んでしまうような文章・コンテンツ
  • 他の関連記事も読みたくなってしまうようなコンテンツ

の事をいいます。

 

実際に中身を閲覧すると、
「一体、誰がどこから調べてきているんだろう?」

と思うくらい、詳しくて丁寧で、
わかりやすい情報を提供しています。

 

つまり、

相手の疑問を打ち消す、
有益な情報を網羅していて、

なおかつ、関連コンテンツにもクリックを促す事で、
サイト内を意図的に巡回させているのです。

 

アナタも似たような経験はないでしょうか?

 

閲覧していると、ついつい、
その情報に釘付けになってしまい、
関連コンテンツも閲覧してしまいます。

 

コレが、”wikipedia”が多くの検索結果の
上位表示を取れている理由です。

 

訪問者に対し、有益な情報を提供し、
ある程度満足させた後、
他のページも同じように読ませて長時間巡回させる。

 

このwikipedeiaというサイトが、
多くのキーワードで検索上位を勝ち取れているのは、
この条件を満たしているからです。

 

結局は相手を”満足させる”コンテンツでなければ、上位表示はできない。

 

以前、このような記事を書きました。

被リンクを集めるには”質の高い記事”を書くしかない【2020年度版】

この記事では、

“結局、被リンクを集めるには
質の高い記事を書いていくしかない。
ショートカットや即効性の効く裏技は存在しない”
 

 

・・という事について、
書いていったのですが、

コレは、検索結果で上位表示を目指す際にも、
同じ事が言えます。

 

結局のところ、
検索結果で上位表示を狙っているのであれば、

 

そのキーワードで検索を掛けた際、
検索結果に出てきたどのブログ、どのサイトよりも、

トータル(すべての要素)で優れた、
そんなコンテンツを上げなくてはならないのです。

 

勿論、ある程度コンテンツを
作りこまなくとも、検索結果で上位表示
できるチャンスはあります。

 

ただ、それは、
そもそも検索されていないキーワード、

つまり、ライバル不在のブルーオーシャン
であった場合に限ります。

そういったキーワードの組み合わせであれば、
ある程度情報が薄くとも、
検索結果で上には上がってきますが、

 

そもそもそういったキーワード自体、
検索されている傾向が少ない、
(=あまり需要の無いもの)そんなキーワードであるため

集客としてのリターンは
あまり望めないです。

 

話がすこし逸れてしまいましたが、
“詳しい”だけではダメで、

“詳しくわかりやすく丁寧”でいて、
その上で相手が”読んでよかった”と思えるような記事
 
つまり、”詳しく書かれている”
というのは最低限必要な条件で、
 
その条件を満たしつつ、
ブログ内のコンテンツを相手が自発的に巡回するように、
こちらから、満足させる必要があります。

 
 
では、何故、“詳しくわかりやすく丁寧”でいて、その上で相手が”読んでよかった”と思えるような記事でなければならないのか?
 
 
という理由については、グーグルやYahoo!などの
“検索エンジン側”の意図を汲み取ればすぐわかります。
 
 

検索エンジンが目指しているのは、”検索者の満足”

 
検索エンジン最大手のGoogle。
 
 
GoogleはGoogle検索やGmailなど、
無料で使用できるサービスを多く提供していますが、
 
収入は主に、検索結果などに表示される
オンライン広告から得ています。
 
Googleが提供するサービスを介して、
“広告”を表示することで
Googleは収入を得られるワケです。
 
 
 
 
・・つまり、Google自体が”広告収入”で
生計を立てているため、
 
もし仮に、グーグルの検索エンジンを利用し、
検索結果に表示された”コンテンツ”そのものが、
検索者にとって、
 
  • “的外れだった”
  • “知りたい事じゃなかった”
  • “既に知ってた”
  • “分かりにくかった”
 
という場合、その検索エンジンは、
利用者の”知りたい”という欲求を満たせなったワケですから、
次第に利用されなくなります。
 
 
 
 
利用者が減れば、自然と、
広告を張ってほしいという広告主も減っていきます。
 
 
広告主も、人が集まらない場所に
広告費を払う余裕はないからです。
 
 
そうなれば結果的に、
Googleの懐に入ってくる
収入も減ってしまいます。
 
 
つまり、
 
検索エンジン利用者の”疑問”に応えられない
という事は、Googleにとっては、
そっくりそのまま、不都合でしかないのです。

 
 
このような事態を避けるため、
Googleは常日頃から、
 
検索エンジンの最適化を
行っていますし、
 
 
日々、検索エンジンの精度を
アップデートしているのです。
 
 
そのため、必然的に、
内容が乏しくて、相手の”知りたい”を埋められないコンテンツ」は淘汰されていきます。
 
 
広告ばかり張られていて、肝心な情報が
載っていない、”ブログ運営者の為だけのサイト”、
 
 
タイトルで釣るだけ釣って、
煽るだけ煽って、
 
中身を覗いてみたら、
「結局、なんもわかりませんでした!」
みたいな”見掛け倒しなコンテンツ”、
 
 
 
トレンド的な情報を並べているだけ、
ただ、比較的新しいというだけで、
特に、面白くもなく、信憑性も低い、
中身がスカスカで即席で作った感が丸出しな
“トレンドブログ”は、旬を過ぎたら、
検索順位が下落してしまいます。
 
 
「一生懸命頑張って更新してるのに、
検索結果に上位表示されない。。。」
と嘆いている人が沢山いますが、
ですがコレは、必然的な話で、
ちゃんとしたコンテンツを用意していないのに、
“検索結果上位に表示させたい!”という
思惑が既に非常識でおかしいんです。
 
 

“詳しい”のは最低限必要な条件で、その上で相手を”感化”しなければいけない。

 
ここまでを読んでいると、
 
「じゃあ、とりあえず、“詳しい記事”を投稿すれば、上位表示できるんだな。」
と勘違いしてしまいそうですが、
“詳しくて丁寧”だけではまだ足りません。

 
“詳しくて、丁寧なコンテンツ”を用意した上で、
相手を満足、つまり、“感化”しなくてはならないのです。
 
 
 
 
コレはどういうことか?
というと、
 
グーグルが最終的に求めているのは、
“グーグルという検索エンジンを利用した相手(検索ユーザー)が満足する事” 
です。

 

  • 詳しい
  • 分かりやすい
  • 丁寧である
これ等はあくまでも、
“知識補完的”な欲求を満たすまでにとどまっており、
 
  • へぇ
  • ふーん
で終わってしまう可能性があるんです。
 

 

最終的には、“相手を満足させる必要がある”
という事を鑑みると、

 

ココでもう一押しして、

  • すげえ、、
  • そうなのか、、

というような、”+の感情”を植え付けて、
満足させる必要があります。

 

どうしても、”知識面”だけを補うような、
“わかりやすさ”だけでは通用しないんです。

 

だから、私は何度も、
相手を感化する為に必須である、

“コピーライティング”というスキルを
推奨しています。

 

最後に

 

もし、コレを読んでいるアナタが
“検索結果での上位表示を勝ち取りたい!”
と思っているのであれば、

相手の”知りたい!”という欲求をすべて解消させる事の出来る、
コンテンツを作成し、それをウェブ上に公開していく。 

コレを目指して頂ければと思います。

 

“誰よりも質の高いコンテンツを書く事”

つまり、

相手にとって”的をつく”、
相手がピンとくる、腑に落ちる。

相手にとってわかりやすく、
丁寧である。

 

ただ、文字数だけを水増ししたような、
見掛け倒しのコンテンツで無い事。

・・一言でいうと、相手が満足する。

そのようなコンテンツを書く事
を意識していただければと思います。

これこそが、
究極のSEO対策です。

 

決して、

  • ページランクが、、
  • <body>タグが、、
  • PING送信が、、
  • 更新頻度が、、
  • 文字数が、、

というような、
“技術面での知識・テクニック”を
大前提に持ってきてはいけません。

 

勿論、これ等の知識も大事ですし、
蔑ろにすべきではありませんが、

 

“コンテンツの質”が伴っている時、
そこで初めてこれ等の知識が有効的に活かされるのです。

 

どんなにSEOの知識が豊富でも、
どんなにお金と時間を費やしていても、

相手にとって”的外れで求めていない情報”
を展開したところで、すぐ離脱されます。

 

最終的には、

  • 「すごい。」
  • 「読んでよかった。」
  • 「勇気づけられた。」

このような感情を引き出せなければ、
上位表示させた意味がありません。

 

>>コンテンツ一覧へ

>>メルマガ講座へ

 

SEO

Posted by ナカ